無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« Aランクがゼロ 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記39) | トップページ | らいなまキャンペーン無料ガチャ (2回目)結果報告(DQMSL日記40) »

島田荘司『星籠の海』

御手洗シリーズの長編である。ハードカバー上下版で800ページを超える。
島荘ファンとして、認めがたいほどに残念な出来だった。良かったのは2章だけ(本作のメインプロットから外れた無駄な部分だけど)。映像化が決まっているのにも驚愕。
御手洗の推理(洞察)が、凄すぎてまったく論理的でない。きもい御手洗ファンの描写。誰もがわかる星籠の正体。原発&白血病、東日本大震災、統一教会などのネタを安易に組み込む二流作家のようなやり方。情景描写で一部わかりづらい箇所もあった。
圧倒的な筆力とリーダビリティは健在だが、御手洗シリーズが終わったというか、島荘が終わったと感じざるを得ない作品だった。

星籠の海 上 星籠の海 上
島田 荘司

講談社  2013-10-04
売り上げランキング : 19403

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
星籠の海 下 星籠の海 下
島田 荘司

講談社  2013-10-04
売り上げランキング : 41980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« Aランクがゼロ 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記39) | トップページ | らいなまキャンペーン無料ガチャ (2回目)結果報告(DQMSL日記40) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)島田荘司」カテゴリの記事

(2014年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー