無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 脱法カグツチ完成(パズドラ日記99) | トップページ | 西村寿行『夢想幻戯』 »

横山秀夫『64(ロクヨン)』

横山秀夫の作品は、いわゆる「警察小説」というジャンルに入ると思うが、他の警察小説が、事件が中心にあるのではなく、警察という組織内構想の物語が中心にある点だ。本作は特にそれが顕著であった。ただ、タイトルにある「64事件」が物語における重要な位置を占めていることは間違いない。終盤、「無言電話の意味」がわかる場面は、しびれるものがあった。
ちなみに、主人公の三上だが、ガッツ石松をイメージしながら読んだ。

64(ロクヨン) 64(ロクヨン)
横山 秀夫

文藝春秋  2012-10
売り上げランキング : 5521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 脱法カグツチ完成(パズドラ日記99) | トップページ | 西村寿行『夢想幻戯』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(や行)横山秀夫」カテゴリの記事

(2014年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー