無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 2014年に読んだ本について | トップページ | 年末年始ゴッドフェスPart3結果報告(パズドラ日記101) »

望月守宮『無貌伝 ~奪われた顔~』

「無貌伝シリーズ(無貌伝サーガ)」第6作目。
前作を読んでから1年半以上経っているので、細かい部分はかなり忘れていた。ただ、本作は、「秋津がいかに無貌に顔を奪われるに至ったか」という過去の話。多少、忘れていてもそれほど問題はなく読める。
ミステリー要素は薄く、淡々といろんな事件や無貌との戦いの様が描かれる。ただ、そこには秋津と遥、そして相原(秋津の助手)の簿妙な雑な三角関係も描かれている。
終盤には、ミステリーではある意味禁じ手ともいえる展開があり、ちょっと驚くかも。
本シリーズの核心が暴露される本作。次作がいよいよ完結である。

無貌伝 ~奪われた顔~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~奪われた顔~ (講談社ノベルス)
望月 守宮

講談社  2014-10-07
売り上げランキング : 300202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 2014年に読んだ本について | トップページ | 年末年始ゴッドフェスPart3結果報告(パズドラ日記101) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(ま行)望月守宮」カテゴリの記事

(2015年読了)SF」カテゴリの記事

(2015年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(2015年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2015年読了)ライトノベル」カテゴリの記事

カテゴリー