無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« ムドーエッグ取得結果報告(DQMSL日記63) | トップページ | 福澤徹三『自分に適した仕事がないと思ったら読む本―落ちこぼれの就職・転職術』 »

土橋真二郎『演じられたタイムトラベル』

土橋真二郎ならではのデスゲームものだが、本作は一味違う。
タイトルにあるように、「タイムトラベルを演じる」というなかなか凄い発想の作品だ。
舞台は「ゾンビもの」のゲームをモチーフとした世界。ただそれは、床に方眼が書かれた広い擬似的な空間。そこで、過去や未来に擬似的にタイムリープ。ゾンビ(偽物)などからの危機を回避し、脱出を目指す。

中盤くらいまで、思わず舌を巻いた。
ただ、人物描写が最悪。いくらデスゲームものとはいえ、あまりにも人間が書けていない。同じようなキャラばかりだし(他の作品でも同じ)。エロ要素や過去のレイプ事件の話などは単に不快なだけ。
終盤の展開の曖昧さ(すべてがリアル化している描写が、著者が何を意図しているのか不明)やトリックのわかりにくさも残念。
とはいえ、なかなか凄い作品だと思う。今回、ダラダラと時間を書けて読んでしまったが、なるべく一気読みすべき本だろう。

演じられたタイムトラベル (メディアワークス文庫) 演じられたタイムトラベル (メディアワークス文庫)
土橋 真二郎

アスキーメディアワークス  2012-11-22
売り上げランキング : 413662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ムドーエッグ取得結果報告(DQMSL日記63) | トップページ | 福澤徹三『自分に適した仕事がないと思ったら読む本―落ちこぼれの就職・転職術』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2015年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(2015年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2015年読了)ライトノベル」カテゴリの記事

(た行)土橋真二郎」カテゴリの記事

カテゴリー