無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 水無月詩歌『蜜色の秘書室』 | トップページ | 脱法レイラン完成(パズドラ日記120) »

藍川京『いましめ』

幻冬舎アウトロー文庫。エロ小説である。原題は『鬼の棲む館』。
18歳の女子大生が、騙されて金持ちの老人の性奴隷になる話。ほぼ監禁された状態で、複数の男の陵辱を受ける。ストーリー性は希薄だが、この手の小説では結構いいほうでは?この作家の作品は他も読んでみても良さそうだ。女性作家なのに、男性作家っぽい作風なのも面白い。
ちなみに「菊蕾(菊座、菊壺、菊口)」への責めが多く、「お浣腸」のシーンもある。ただ、きちんとトイレで排泄させるのにはちょっと興ざめ。変態なら、その場でタライなどにぶちまけさせろ、と思った。土佐犬の活躍(獣姦)がなかったのも……。

いましめ (幻冬舎アウトロー文庫) いましめ (幻冬舎アウトロー文庫)
藍川 京

幻冬舎  2010-12
売り上げランキング : 143327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 水無月詩歌『蜜色の秘書室』 | トップページ | 脱法レイラン完成(パズドラ日記120) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

●図書館で借りれるちょっとHな小説●」カテゴリの記事

(2015年読了)一般小説」カテゴリの記事

(あ行)藍川京」カテゴリの記事

カテゴリー