無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« いろいろ☆4作成(DQMSL日記78) | トップページ | 輪渡颯介『古道具屋 皆塵堂』 »

周木律『眼球堂の殺人〜The Book〜』

第47回メフィスト賞受賞作。「堂シリーズ」の1作目。
いわゆる「館もの」であり、また登場人物の紹介などもあるため、事件発生まで忍耐力を持って読まなくてはならない。ただ、非常に文章が読みやすい。ノベルズで370ページくらいあるが、一気に読める。
内容的にはまずまずといったところ。一応ラストに一捻りあるし。
本作については、批判的な意見もあるようだ。確かに、大掛かりのギミックのある館もので、天才数学者が探偵役…… これだけで、ミステリ好きな読者ならきっといろんな作品が頭に思い浮かんでくると思う。ただそれでも、これだけの質の作品なら十分メフィスト賞に値すると思う。いまいちとんがったものはないけど、こういう書き手の発掘って重要だと思う。今後に期待したい。

眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社ノベルス) 眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社ノベルス)
周木 律

講談社  2013-04-04
売り上げランキング : 170340

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« いろいろ☆4作成(DQMSL日記78) | トップページ | 輪渡颯介『古道具屋 皆塵堂』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

■メフィスト賞受賞作品」カテゴリの記事

(2015年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(さ行)周木律」カテゴリの記事

カテゴリー