無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« いろいろ☆4とか、ゴールドカンストとか、スキップ券失敗の件(DQMSL日記88) | トップページ | 笹沢左保『アリバイの唄』 »

笹沢左保『悪魔の部屋』

ある人妻がホテルに監禁され、加害男性に犯されまくる。が、次第に2人の関係が変化し、共謀して殺人を行うといったサスペンスである。
官能描写は多いが、露骨な表現は少ないため、紳士的なエロさという感じ。
※本書は、1980年の作品。当時はフェラチオも一般的でない時代。

ちなみに、トクマ・ノベルズ版の「まえがき(著者のことば)」に、「2つの新機軸に挑戦した」「この2つの新しい実験を通して……」なんて書いてある。カッコいいね。

悪魔の部屋 光文社文庫 悪魔の部屋 光文社文庫
笹沢 左保

光文社  1985-01-20
売り上げランキング : 46711

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« いろいろ☆4とか、ゴールドカンストとか、スキップ券失敗の件(DQMSL日記88) | トップページ | 笹沢左保『アリバイの唄』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)笹沢左保」カテゴリの記事

(2015年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー