無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 永田守弘『教養としての官能小説案内』 | トップページ | 「降臨+10倍」で覚醒レイラン297完成(パズドラ日記133) »

月村了衛『機龍警察〔完全版〕』

「機龍警察シリーズ」の第1作。
機甲兵装と呼ばれる兵器が登場する「至近未来」の警察小説。
戦闘シーンも多くSFには違いないが、現代の警察内部(縦割り行政など)の問題がしっかり描かれている。このあたりが、まさに「至近未来」の警察小説だと思わせる。
全体として良作だと思うが、中盤、捜査の過程や過去の出来事の断片的な描写が続き、やや退屈。また、全体としてややボリューム不足に感じた。主要な登場人物であるユーリとライザについても十分描ききれていないし、黒幕の正体や狙いがはっきり明示されなかったのも残念。このあたりは続刊で明らかになるのだろうが。

機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ・ミステリワールド) 機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ・ミステリワールド)
月村 了衛

早川書房  2014-11-07
売り上げランキング : 174231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 永田守弘『教養としての官能小説案内』 | トップページ | 「降臨+10倍」で覚醒レイラン297完成(パズドラ日記133) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2015年読了)SF」カテゴリの記事

(2015年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(た行)月村了衛」カテゴリの記事

カテゴリー