無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 笹沢左保『悪魔の部屋』 | トップページ | モグラ☆4+4完成(DQMSL日記89) »

笹沢左保『アリバイの唄』

元警部補のタクシー運転手、夜明日出夫が活躍する「夜明日出夫シリーズ」の第1作。
本作でも、1回性のものすごい偶然が登場するが、大仕掛なアリバイトリック自体は面白い。科学捜査の進んだ現代では実現できないだろうが、本作のアイデアは他の作品などにも影響を与えているのではないか?(複数の作品で同じようなトリックが使われている)

アリバイの唄 (講談社文庫) アリバイの唄 (講談社文庫)
笹沢 左保

講談社  1993-07
売り上げランキング : 1380855

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 笹沢左保『悪魔の部屋』 | トップページ | モグラ☆4+4完成(DQMSL日記89) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)笹沢左保」カテゴリの記事

(2015年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー