無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 無駄にギガンテス☆4+4とダーククリスタル☆4完成(DQMSL日記94) | トップページ | 向井湘吾『リケイ文芸同盟』 »

笹沢左保『泡の女』

主人公・夏子の父親が死んだ。自殺か他殺かは不明。しかし、殺人の容疑者として夫が逮捕されてしまう。そんな夏子は、夫が起訴までの数日間、父親の過去を追跡し、夫の無実(父が自殺であること)を立証しようとするが……。
といった感じの話。夏子の奮闘ぶりが描かれる中編だが、いろいろ工夫されてますわ。さすが。
50歳のオヤジが、20歳の娘を妊娠させたなんて破廉恥な話も出てきます。

泡の女 (徳間文庫) 泡の女 (徳間文庫)
笹沢 左保

徳間書店  1990-12
売り上げランキング : 741710

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 無駄にギガンテス☆4+4とダーククリスタル☆4完成(DQMSL日記94) | トップページ | 向井湘吾『リケイ文芸同盟』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)笹沢左保」カテゴリの記事

(2015年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー