無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 星のドラゴンクエストを始めた(星ドラ日記1) | トップページ | ハロウィンイベントの転生素材が落ちなさすぎ(DQMSL日記101) »

おすすめゲーム『ときめきメモリアル』『ときめきメモリアル2』

ものすごく前に、おすすめゲーム『ときめきメモリアル ドラマシリーズ』という記事を書いた。
そして、本編については、敢えて触れなかった。
しかし、やはりこの作品はここできちんと紹介すべきだと思いなおした。

『ゼルダの時のオカリナ』が3Dアクションアドベンチャーのそれと同じで、ギャルゲーの起源にして頂点であると思う。

・ゲームシステム(ミニゲーム含め)
・隠しキャラ(館林)の存在や伊集院攻略の意外性
・楽曲の素晴らしさ(EDの「二人の時」は最高)
・キャラクタービジネス展開

などが、いまでも伝説的に凄いと思う。当初、「キモッ!」と思ったし、キャラデザ(髪の毛の色とか)が好きでなく手をださなかったが、食わず嫌いであった。
それで、「ときメモ」=「きらめき高校」=「藤崎詩織」という盤石な構図が完成したなか、リリースした「ときメモ2」。舞台とキャラ設定変えちゃったのだが、期待を裏切らない出来だった(「アイマス」はキャラを変えなかったのがまた凄い)。主人公の「陽ノ下光」の完成度と楽曲の素晴らしさは1作目に劣らない。プレイヤーの名前を読み上げる新しい試みも面白かった。
ただ、「ときメモ3」以降はダメダメだったが……。

最近ではスマホでも「ときメモ」の名を冠したゲームが出ているようだが……。コナミという会社自体が終わってる感があるので、きっとゲームもダメだろう。

古さは感じるだろうが、未プレイの人は『ときめきメモリアル』『ときめきメモリアル2』に触れてほしい。ドラマシリーズもぜひ。

ときめきメモリアル~Forever with you~ ときめきメモリアル~Forever with you~

コナミ  1995-10-13
売り上げランキング : 9080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ときめきメモリアル2 (限定版) ときめきメモリアル2 (限定版)

コナミ  1999-11-25
売り上げランキング : 25297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 星のドラゴンクエストを始めた(星ドラ日記1) | トップページ | ハロウィンイベントの転生素材が落ちなさすぎ(DQMSL日記101) »

ゲーム」カテゴリの記事

【おすすめアニメ&ゲーム】」カテゴリの記事

カテゴリー