無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 笹沢左保『遥かなりわが愛を』 | トップページ | 炊き出しでエスターク キタ━(゚∀゚)━! (DQMSL日記111) »

東野圭吾『虚ろな十字架』

さすが東野圭吾というべき、ド安定さ。ハズレが無い。リーデビリティも高い。
本作では、「死刑廃止論」をテーマとして取り上げている。その意見の「落とし所の持って行き方」がうまいなあ~と思った。
青春シーンみたいのもあり、読み手心をうまくくすぐってくれる。本作最大の「ネタ」ともいうべき、過去の秘密はもう少しインパクトのあるものかと思ったが、思ったよりはおとなしかった。
複数の人物(被害者、加害者)が登場し、それぞれに秘めた過去や思いが綴られる。皆、同じように不幸を背負っているため、やや混乱ぎみになるが、これは本作の設定上やむを得ないだろう。

虚ろな十字架 虚ろな十字架
東野 圭吾

光文社  2014-05-23
売り上げランキング : 3724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 笹沢左保『遥かなりわが愛を』 | トップページ | 炊き出しでエスターク キタ━(゚∀゚)━! (DQMSL日記111) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(は行)東野圭吾」カテゴリの記事

(2015年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー