無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« アニバーサリーふくびきセットⅡ ふくびき券スーパー20連結果報告(DQMSL日記119) | トップページ | 笹沢左保『セブン殺人事件』 »

久坂部羊『いつか、あなたも』

在宅医療専門クリニックの看護師を主人公とした連作小説。表題作ほか全6話からなる。
いくら久坂部先生が、医師で専門知識があろうと、やたらとリアルだなあ~と思いながら読んだ。というわけだが、「あとがき」を読んで、久坂部先生の体験(実話)に基づくものということがわかった。納得である。
1話目にある「綿をつめる」では、遺体の処置のシーンが出てくる。亡くなった老婆の肛門から大便を指で掻き出す場面などは、なんとも言い難い。看護師の仕事は大変だなあ~と思うのと、死んだらこういった処置を受けるんだなあ~と。

なお、全体を通じて、いつもの久坂部先生らしいメッセージ性あり。表題作である「いつか、あなたも」はイマイチだった。タイトルからイメージするものと、内容がかけ離れていた。

いつか、あなたも いつか、あなたも
久坂部 羊

実業之日本社  2014-09-11
売り上げランキング : 75434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« アニバーサリーふくびきセットⅡ ふくびき券スーパー20連結果報告(DQMSL日記119) | トップページ | 笹沢左保『セブン殺人事件』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(か行)久坂部羊」カテゴリの記事

(2016年読了)一般小説」カテゴリの記事

カテゴリー