無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 笹沢左保『暗い傾斜』 | トップページ | 城繁幸『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』 »

中村淳彦『日本の風俗嬢』

一昔前(90年代)と、いまでは風俗や風俗嬢の現状が大きく変わっている、といった趣旨の内容を、いろんな人物のインタビューやデータをもとに紹介している。
風俗が、介護職よりも、採用されるのが難しくなっている。今では、介護がセーフティネットになっている、なんて話が出てくるが、なんか悲しくなるね。
風俗店採用偏差値みたいな企画は面白かった。
最終章(6章)に、風俗嬢を支援するNPOの話が出てくる。ここで紹介される内容は賛否両論あるだろう。

<メモ>
1957年 売春防止法施行
1985年 風俗営業適正化法(風営法)施行
1999年 風営法改正(デリヘル合法化)
2004年 歌舞伎町浄化作戦(2003年 警察官僚出身竹花豊氏が東京都副知事に就任)
1999年 風営法改正(デリヘル等の受付を店舗とみなす)
※竹花豊氏は、有害図書規制推進派でも知られる。現在東京ビッグサイトの社長。


日本の風俗嬢 (新潮新書 581) 日本の風俗嬢 (新潮新書 581)
中村淳彦

新潮社  2014-08-09
売り上げランキング : 4443

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 笹沢左保『暗い傾斜』 | トップページ | 城繁幸『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)その他」カテゴリの記事

■新潮新書」カテゴリの記事

カテゴリー