無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』(PSV) | トップページ | 討鬼伝2バグだらけじゃねーか! »

雫井脩介『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』

そもそも何故このタイトルなのか?
大ヒットした『犯人に告ぐ』と主人公が同じで、誘拐事件を描くのも同じ。そして主人公の刑事(巻島)が犯人と対峙するシーンがある。そういった点から、『犯人に告ぐ2』としたのだろう。ただ、実際のところは、「『犯人に告ぐ2』にしたほうが売れるだろう」という判断があったことは否めない。

全体として面白かった。犯人側の視点が多いので、クライムノベルとして楽しめる。終盤、警察と犯人が、双方の裏の裏をかく、といった場面はとても良い。私だけかもしれないが、この手の作品では、読者の心理は犯人側に向かいがちになる。終盤、犯罪の成功を祈りながら読み進めた。
残念なのは、警察の権力抗争などが描かれる場面がダルかったこと。『犯人に告ぐ2』としてしまった以上、刑事(巻島)を立てる必要があるので、やむを得ないが。また、犯人たちが定義する「実績」がイマイチわかりづらい点くらいかな。

続編を匂わすようなラストも気になるところだ。

犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼 犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼
雫井 脩介

双葉社  2015-09-16
売り上げランキング : 156135

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どうでもよいが、劇中に出てきたゲーム「モンスタートレイン(モントレ)」は、実際に作ったらなかなか面白いと思うのだが……。この本を読んだ、どこかのアプリ会社の人、作ってくれないかね?

« 最近やったゲーム『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』(PSV) | トップページ | 討鬼伝2バグだらけじゃねーか! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)雫井脩介」カテゴリの記事

(2016年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー