無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« [ドラマ感想]NHK土曜ドラマ「スニッファー嗅覚捜査官」 | トップページ | 聖魔斬 難民に(DQMSL日記164) »

大内伸哉『どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 』

書名通り、サラリーマン向けの労働法の基礎的な話の紹介。サクッと読めるので、何も知らないという人にはおすすめ。1991年の電通過労自殺事件も触れられている。
ただ、2008年発行の本なので注意されたし。

どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 (新潮新書) どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 (新潮新書)
大内 伸哉

新潮社  2008-08
売り上げランキング : 86449

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« [ドラマ感想]NHK土曜ドラマ「スニッファー嗅覚捜査官」 | トップページ | 聖魔斬 難民に(DQMSL日記164) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

■新潮新書」カテゴリの記事

カテゴリー