無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 一日一回ふくびきパス結果報告(DQMSL日記172) | トップページ | らいなまキャンペーン(特別ミッション報酬) 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記173) »

五十嵐貴久『贖い』

リーダビリティは抜群。
本作では3つの児童殺人事件が並行して描かれる。その3つの事件をつなぐミッシングリンク(というか動機)が最大の謎であり、それが暴かれる過程が最大の見せ場だ。
ただ、これ簡単に気付くんじゃねーと思う部分もある。被害者家族の姓が変わっているとか、警察の横のつながりが薄い、とか言い訳はある。とはいえ、微妙だ。刑事の一人が、つながりに気付く部分の説明が足りないのも気になった(星野が埼玉の事件を照会するシーン)。

劇中では、犯人のストイックな食生活ぶりが描かれるが、私、フレッシュジュースなんて贅沢なんで飲んだことないですよ(W

贖い 贖い
五十嵐 貴久

双葉社  2015-06-17
売り上げランキング : 178101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 一日一回ふくびきパス結果報告(DQMSL日記172) | トップページ | らいなまキャンペーン(特別ミッション報酬) 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記173) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)五十嵐貴久」カテゴリの記事

(2017年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー