無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 松崎一葉『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』 | トップページ | 天野節子『烙印』 »

天野節子『目線』

それほど激しいストーリー展開があるわけでもないのに、そこそこの長編。よく書けるなあと。警察の推理描写などにページを費やしている部分は好感が持てる。『氷の華』 と同様に、警察の操作手法に問題がありすぎるけどね。

タイトルの意味は終盤になってわかる。
本作は、ある種の叙述トリックというか、意図的に情報を隠しているのが最大のネタ。
ただ、早い段階で、読者が犯人を特定できるような一文もある。なぜ入れたのか?

目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2) 目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2)
天野 節子

幻冬舎  2010-10
売り上げランキング : 169959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 松崎一葉『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』 | トップページ | 天野節子『烙印』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2017年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(あ行)天野節子」カテゴリの記事

カテゴリー