無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« らいなまキャンペーン(特別ミッション報酬) 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記180) | トップページ | ブライアン W.オールディス『地球の長い午後』 »

貫井徳郎『壁の男』

タイトルからして、江戸川乱歩チックな要素もあるミステリーかと思いきや、まったく異なる作品だった。ミステリーといえないこともない。ある人物の半生を描いたもので、その人物の謎に迫る内容だからだ。
本作では、ノンフィクションライターが取材をするという体裁をとっている。意図があってのことだろうが、小説の技法として、どの程度有効に働いているのかが、いまいち判断できなかった。

壁の男 壁の男
貫井 徳郎

文藝春秋  2016-10-28
売り上げランキング : 216459

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« らいなまキャンペーン(特別ミッション報酬) 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記180) | トップページ | ブライアン W.オールディス『地球の長い午後』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)貫井徳郎」カテゴリの記事

(2017年読了)一般小説」カテゴリの記事

カテゴリー