無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 薬丸岳『その鏡は嘘をつく』 | トップページ | 松本麗華『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』 »

浦賀和宏『緋い猫』

浦賀和宏さんらしい、胸クソ悪い話。
戦後まもない頃、17歳の女学生が騙されて田舎町(村)に行くのだが、そこで犯されまくるとか、顔というか目を切られるとか。あと、猫ちゃんに火をつけるとか。
ネタバレぎみだが、そもそもの「死体の偽装」の目的(計画)が、もやっとしたままなのが残念。ああもうまく行くか?とか、わざわざそんなことするか?とか思うところ。

緋い猫 (祥伝社文庫) 緋い猫 (祥伝社文庫)
浦賀 和宏

祥伝社  2016-10-13
売り上げランキング : 55882

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 薬丸岳『その鏡は嘘をつく』 | トップページ | 松本麗華『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)浦賀和宏」カテゴリの記事

(2017年読了)ホラー・ファンタジー」カテゴリの記事

(2017年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー