無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 一日一回ふくびきパス結果報告(DQMSL日記199) | トップページ | 中山七里『さよならドビュッシー』 »

浦賀和宏『ifの悲劇』

語り手が小説家で、自身に関連する事件についてのパラレル小説を書く、なんて設定がいかにも面白そうで、どんな仕掛けがあるんだろう、とワクワクしながら読んだ。

文庫230ページほどの中編だが、中盤以降登場人物も増え、内容的に複雑になる。
で、エピローグで、「ああ、こういうオチでしたか……」という風になる。
読み返し必至ですな。すごく緻密に計算され、執筆されている。
ただ、ちょっとアンフェア気味な気もするけど……。
近親相姦ネタとか、いかにも浦賀さんらしいと感じた。
ifの悲劇 (角川文庫) ifの悲劇 (角川文庫)
浦賀 和宏

KADOKAWA  2017-04-25
売り上げランキング : 136275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 一日一回ふくびきパス結果報告(DQMSL日記199) | トップページ | 中山七里『さよならドビュッシー』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(あ行)浦賀和宏」カテゴリの記事

(2017年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー