無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 浦賀和宏『ifの悲劇』 | トップページ | 夏の挑戦キャンペーン 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記200) »

中山七里『さよならドビュッシー』

第8回『このミス』大賞大賞受賞作。中山七里氏のデビュー作。
『テミスの剣』
を読んだときに、文章下手じゃん、と思ったが、撤回。全然下手じゃない、むしろ上手い。

最初、青春ものなのかなと思って読み始めたら、火事で全身の皮膚を総移植なんていうまさかの悲劇的な展開(超医学すぎて、SFっぽいし)。その後も、ミステリー要素が出てきて、物語がどう着地するのか、興味を持って読み進めた。
迫力あるピアノの演奏シーン、魅力的な探偵、そしてまさかのどんでん返し(叙述トリック)。
なかなかの作品である。才能のある作家である。

さよならドビュッシー (宝島社文庫) さよならドビュッシー (宝島社文庫)
中山 七里

宝島社  2011-01-12
売り上げランキング : 22295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
さよならドビュッシー 【Blu-ray豪華版】(2枚組:本編BD+特典DVD/初回限定版) さよならドビュッシー 【Blu-ray豪華版】(2枚組:本編BD+特典DVD/初回限定版)

キングレコード  2013-08-02
売り上げランキング : 89134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 浦賀和宏『ifの悲劇』 | トップページ | 夏の挑戦キャンペーン 無料ガチャ結果報告(DQMSL日記200) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2017年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(な行)中山七里」カテゴリの記事

カテゴリー