無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 「お正月キャンペーン」の無料無料ふくびき10連結果報告(DQMSL日記222) | トップページ | 知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』 »

太田愛『犯罪者』

読み応えがあり、非常に面白い作品だった。

緻密なプロット、丁寧に描かれた人間ドラマ、そして圧倒的なボリューム。とにかく冒頭の「通り魔事件」の真相の意外性が秀逸である。社会派ミステリーやクライムノベルの要素も取り込んでおり意欲的でもある。取材や資料の読み込みもされている。

何度かクライマックスが訪れるが、まだ「続くのか」「続けてよいのか」と思いながら読んだ。これだけのボリュームだと、いい感じで連続ドラマ化できそうですな。

著者がテレビドラマの脚本家であることから、正直ほとんど期待してなかったのだが、良い意味で期待を裏切っくれた。脚本家で、これだけの小説を書けるというのは、本物だと思う。
犯罪者 上 (角川文庫) 犯罪者 上 (角川文庫)
太田 愛

KADOKAWA  2017-01-25
売り上げランキング : 955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
犯罪者 下 (角川文庫) 犯罪者 下 (角川文庫)
太田 愛

KADOKAWA  2017-01-25
売り上げランキング : 787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文庫版の装丁もなかなか良い。
なお、私の読解力不足のせいか、1つか謎が残った(真崎は4月4日に事が起こることをどうして知ったのか?)。

« 「お正月キャンペーン」の無料無料ふくびき10連結果報告(DQMSL日記222) | トップページ | 知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2018年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(あ行)太田愛」カテゴリの記事

カテゴリー