無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« [ドラマ感想] 「世にも奇妙な物語 2018年 春の特別編」 | トップページ | 遠田潤子『雪の鉄樹』 »

中山七里『贖罪の奏鳴曲』

「御子柴礼司シリーズ」の第1作。
主人公の弁護士・御子柴礼司が、酒鬼薔薇聖斗のような過去があるというのが特異な作品。

ストーリーはゆっくり動いて派手さはないが、読み応えはある(しかも読みやすい)。中山七里さんらしい、終盤の二転三転(ドンデン返し)もある。また、中山七里作品ならではの、迫力ある音楽描写とともに、人間心理の機微を絶妙に描いたシーンもある。

殺害のトリックとかは、やや腑に落ちないものもあるが、これはこれで良し。

贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫) 贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)
中山 七里

講談社  2013-11-15
売り上げランキング : 6992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« [ドラマ感想] 「世にも奇妙な物語 2018年 春の特別編」 | トップページ | 遠田潤子『雪の鉄樹』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(な行)中山七里」カテゴリの記事

(2018年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー