無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 中山七里『贖罪の奏鳴曲』 | トップページ | ドラクエの日 金地図確定10連×2 結果報告(DQMSL日記237) »

遠田潤子『雪の鉄樹』

前知識なしで読み始めたのだが、なかなかの傑作だった。

序盤は、日本庭園や植木用語?など、見慣れない言葉が登場して若干の戸惑いはあるが、グイグイ読ませる力がある。文章も、しっかりしている。読みやすいけど、ズシンと来る。会食恐怖症を取り上げてる点も、作家としてのセンスの高さのようなものを感じる。

なお、カバー表4の「あらすじ」なども、中途半端にネタバレしてるので、見ないことを推奨する。
雪の鉄樹 (光文社文庫) 雪の鉄樹 (光文社文庫)
遠田 潤子

光文社  2016-04-12
売り上げランキング : 42909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(ややネタバレだが)母親殺しの一件が、ちょっと軽く扱われた印象が気にはなった。

« 中山七里『贖罪の奏鳴曲』 | トップページ | ドラクエの日 金地図確定10連×2 結果報告(DQMSL日記237) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2018年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(2018年読了)一般小説」カテゴリの記事

(た行)遠田潤子」カテゴリの記事

カテゴリー