無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』 | トップページ | いろいろ ふくびき結果報告(DQMSL日記241) »

柚月裕子『孤狼の血』

こりゃ傑作だわ。

序盤は、悪徳警察官&真面目コンビが、ヤクザの抗争に巻き込まれ、テンヤワンヤするだけ、かなと思っていた。やたらと登場人物というか情報も多いのも気になった。

ただ、リーダビリティは高く、読み始めたら一気に読ませる力がある。

そして、終盤の展開……。本作では、各章冒頭に、一部伏せられた「捜査日記」があるのだが、そこにその章の要旨が書かれてる。つまり、堂々とネタバレした構成となっているのだが、最後にこの意味が明らかになる。このあたりの良質なミステリーを読んだとき得られるカタルシスがある。

個人的に気に入ったのは、被疑者が、検事の厳しい取り調べに耐えうるかを確認するため、刑事がある演技をするシーン。著者の想像か取材によるものなのかはわからないが、非常にリアリティを感じた。
エピローグ直前にある「出来事のまとめ方」も巧いと思った。

柚月裕子さんの作品をいろいろ読んできたけど、こういうのも書けるんだ、と感服した。

孤狼の血 (角川文庫) 孤狼の血 (角川文庫)
柚月裕子

KADOKAWA  2017-08-25
売り上げランキング : 868

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』 | トップページ | いろいろ ふくびき結果報告(DQMSL日記241) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(や行)柚月裕子」カテゴリの記事

(2018年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー