無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『ザンキゼロ』(PS4) | トップページ | 柚月裕子『孤狼の血』 »

木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』

第55回メフィスト賞受賞作。

短編4作を収録。

装丁にも描かれ、タイトルにもなっている「沙羅」という少女が推理するのかと思って読み始めた。しかし、沙羅は閻魔大王の娘で、推理するのは被害者(死者)という設定だったのはびっくりした。

ミステリーとしては普通な感じだけど、4作品の主人公たちの「人間味」みたいなものの表現がすごく巧いと思った。普通のドラマでも、行けるんじゃないかな、この作者さん。

閻魔堂沙羅の推理奇譚 (講談社タイガ) 閻魔堂沙羅の推理奇譚 (講談社タイガ)
木元 哉多

講談社  2018-03-22
売り上げランキング : 62491

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ところで、「講談社タイガ」なんて、レーベルあるんですな。初めて知った。

« 最近やったゲーム『ザンキゼロ』(PS4) | トップページ | 柚月裕子『孤狼の血』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

■メフィスト賞受賞作品」カテゴリの記事

(2018年読了)ミステリー」カテゴリの記事

(か行)木元哉多」カテゴリの記事

カテゴリー