無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

柚月裕子『盤上の向日葵』

一級の作家の作品だと思うが、正直ミステリーとしては、あまり面白くはなかった。
本作では冒頭で、容疑者が明かされる。その人物の過去の足跡を辿るパートと、将棋の駒の捜査パートが交互に展開される。一定の読み応えはあるが、いかんせん捜査パートが淡々としすぎ。随所で登場する将棋の対決シーンは、単純にわかりづらい。
物語に意外性もなく、物足りなさも感じる。
アマゾンレビューの評価は高いようだが、私にはちょっと期待ハズレだった。

深木章子『衣更月家の一族』

全体が4部で構成され、そのうちの3部が、最終部で収斂する構成となっている。
評価の高い作品のようだが、最初の「廣田家の殺人」のパートが、内容的にも文章的にも稚拙で、読み進めるのが辛かった。

「廣田家の殺人」以外はいろいろ工夫してるけど、「廣田家の殺人」の印象が悪すぎる。あと、警察の捜査が杜撰に描きすぎてるし。

結局、<実は、どれも衣更月家の関係者の事件でした>といってるだけというネガティブな読後感が残った(メインの事件を、バラして展開した)。途中、時系列や明示せず、また衣更月家との関係を言及してないからね。
「相続」についての薀蓄めいた情報は、さすが元弁護士といったところか。

前川裕『酷: ハーシュ』

最近、前川裕さんの作品を立て続けに読んでいるが、本作はちょっとひどかった。駄作。
「一回性の偶然」とはいえ、主人公(刑事)のまわりで事件起きすぎ、事件関係者多すぎ。ちょっと度を超えてる感じがした。
途中、前川さんらしく、(犯罪)心理学的な話も入り、それが推理の道筋となってる。ただ、その推理は読者からするとかなりの違和感あり。説得力が弱く、読者置いてけぼり。
複数の事件や情報が入り混じり、ごった煮という感じになる。なんか素人っぽい。

というわけだが、とりあえず前川裕さんが、ミニスカが好きというのはわかった(しかも、普段は清楚系のJDだけど、時にミニスカであることが重要のよう)

前川裕『アパリション』

相変わらずリーダビリティは高い。ただ、最終章全体がいまいち。

あと、相変わらずタイトルで損している。「アパリション」じゃあ、わからんわ。「クリーピー」のような言葉の響きから感じるキモさがないし。

深町秋生『ドッグ・メーカー―警視庁人事一課監察係 黒滝誠治―』

「監察」という組織を舞台とした警察小説。本作では、「監察」という組織が描かれるが、主人公がダーティーワークも辞さない一匹狼という点が特徴。
文章が完結で読みやすい。また、二転三転とする展開もなかなかで、リーダビリティは高い。

クソのような汚職警官だけでなく、警察という組織全体のクソっぷりが描かれ(フィクションですが)、なかなか面白い。

ドリーム魔王くじの結果など(DQMSL日記246)

久しぶりのDQMSLの記事です。
手持ちの無償ジェムがそれほど多くなかったことから、ドリーム魔王くじは16枚。
結果は、
神獣賞(ランクS)……1本
系統の王賞(ランクA)……1本
2等……3本
3等……8本
4等……3本
でした。ふくびき券スーパーを42枚入手した感じでした。
以上。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

カテゴリー