無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『BIOHAZARD RE:2 Z Version』(PS4) | トップページ | 早坂吝『探偵AIのリアル・ディープラーニング』 »

望月拓海『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』

第54回メフィスト賞受賞作。

「毎年、ある時期が来るとその1年間の記憶を失う」という主人公の設定は面白い。
しかし、それだけだった。
タイトルにある「彼女の救いかた」に、巧妙が計画が練られているものかと思って期待したのだが、単なる病気&恋愛もの。
確かに、ラストで内容が反転するような事実が明らかになる。ただ、伏線に感動するというほどのものでもない。
この作品でメフィスト賞に応募した方もアレだが、選んだ方はもっとおかしい。アルファポリスとかの、恋愛小説ならわかるが。

« 最近やったゲーム『BIOHAZARD RE:2 Z Version』(PS4) | トップページ | 早坂吝『探偵AIのリアル・ディープラーニング』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(ま行)その他」カテゴリの記事

■メフィスト賞受賞作品」カテゴリの記事

.(2019年読了)一般小説」カテゴリの記事

カテゴリー