無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『スーパーマリオ オデッセイ』(Switch) | トップページ | 最近やったゲーム『Xenoblade2 (ゼノブレイド2) 』(Switch) »

連城三紀彦『女王』

壮大な失敗作という感じ。筆者の温めて来たいろんなネタが綯い交ぜになったままで、小説としての構造美を検証されないまま活字になってしまった……みたいな印象。
大御所の作品ということもあり、読むには読んだが苦行であった。作品のボリュームが多いこともあるが、ページを繰る手がなかなか進まず、読了に2週間以上費やしてしまった。まどろっこしい表現も多いのも、その一因。

本作では、主人公自体の年齢や記憶が謎の中核となるわけだが、主要人物が記憶を失っていたり、情報を隠しているとかばかり。
邪馬台国の秘密に迫った歴史ミステリーの要素もあるが、もしかして『ドグラ・マグラ』!?と思わせる要素もある。ただ、いかんせん、男女の機微を美しい筆致で描く筆者の強みが、邪魔をしている。もったいないというか、残念というか……。

こういったら元も子もないけど、荒唐無稽な印象を受けた。小説、しかもSF要素のある作品だがから、荒唐無稽なのは当たり前かもしれない。ただ、いままで、小説を読んで、荒唐無稽なんて思ったことないもん。

「このミス」で、ベスト10に入っていることを確認してだったが、「このミス」の評価がいかにアテにならないかがよくわかった。
(訃報を受けて、票が集まった模様)

文庫版では「下巻」の巻末付録が収録されている。連城三紀彦ファンにとっては嬉しい内容だと思われる。

« 最近やったゲーム『スーパーマリオ オデッセイ』(Switch) | トップページ | 最近やったゲーム『Xenoblade2 (ゼノブレイド2) 』(Switch) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(ら行)連城三城彦」カテゴリの記事

.(2019年読了)SF」カテゴリの記事

.(2019年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー