無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 周木律『大聖堂の殺人 ~The Books~』 | トップページ | 芦沢央『火のないところに煙は』 »

橘玲『働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる』

本書でいう働き方の定義は以下の通り(アマゾンより)。

働き方1.0 年功序列・終身雇用の日本的雇用慣行

働き方2.0 成果主義に基づいたグローバルスタンダード
働き方3.0 プロジェクト単位でスペシャリストが離合集散するシリコンバレー型
働き方4.0 フリーエージェント(ギグエコノミー)
働き方5.0 機械がすべての仕事を行なうユートピア/ディストピア

本書の内容としては、必然的に「働き方1.0」を批判するものとなっている。ちなみに、あとがきに、ライターの山路達也さんがインタビューをまとめ、著者が加筆したものと書いてあった。

« 周木律『大聖堂の殺人 ~The Books~』 | トップページ | 芦沢央『火のないところに煙は』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(2019年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照)」カテゴリの記事

(た行)橘玲」カテゴリの記事

カテゴリー