無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 最近やったゲーム『ファイアーエムブレム 風花雪月』(Switch) | トップページ | 橘玲『働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる』 »

周木律『大聖堂の殺人 ~The Books~』

綾辻行人の「館シリーズ」のオマージュのような第1作。その後、森博嗣の「S&Mシリーズ」のエッセンスも加えられ展開されたが、主要登場人物が○○になったり、××されたことで、シリーズ全体がとんでもないものとなった。
行き詰まったのか?途中3年のブランクをはさみ、『鏡面堂の殺人』として本作が発表されるにいたった。

というわけだが、本作では真理だの、原点だの、神だの、禅問答のような会話が続く。話がさらに壮大なものになって、何だかな~と。
登場するトリックは、実現性はともかくまあシリーズの最後を飾るに十分ふさわしいものと思う。
リーマン予測について、どう処理するのか気になったが、いろんな意味でもやっとしたままだったのは残念。

ラスト、周木律というペンネームに関する裏話などが登場するが、それが一番面白かった。

« 最近やったゲーム『ファイアーエムブレム 風花雪月』(Switch) | トップページ | 橘玲『働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

(さ行)周木律」カテゴリの記事

(2019年読了)ミステリー」カテゴリの記事

カテゴリー