無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 貫井徳郎『宿命と真実の炎』 | トップページ | 東野圭吾『人魚が眠る家』 »

最近やったゲーム『AI: ソムニウム ファイル』(PS4)

さすが打越鋼太郎さんの作品。十分に楽しめた。

本作のゲームシステム自体を、シナリオにうまく絡めている。素晴らしい。
全体として無駄に長過ぎ(ボリュームが多すぎ)たり、分岐しすぎないのも評価できる。
この手の作品は、分岐した内容の一部に説明のつけられないようなものとなりがちだが、本作ではそういったこともなく物語の大きな流れを崩していない。
「シナリオアンロック」では、シナリオAで得た情報が、シナリオBで活かされるわけだが、本作では「記憶を取り戻した」という表現で、うまく処理していたといえる(ような気がする)。

残念な点は大きく2つ。コザキユースケのキャラクターデザインがミスマッチに思えたのが1つ。主人公、イケメンすぎるでしょ。
もう1つは、肝心なソムニウムパートの攻略が、運任せというか適当になりがちという点。夢だからこそ荒唐無稽な展開というのは許されるが、パズル性というかゼルダ的な謎解きがあったら、もっと素晴らしいものになった気がする。誤操作、マップの見づらさも残念。
「AI shight」が表示される際の微妙な間も気にはなった。

神ゲーとまではいわないが、プレイして損はないゲームだと思う。
なお、エログロ、オタク向けなマニアックなネタが満載なので、人を選ぶ部分がある。

評価★5

« 貫井徳郎『宿命と真実の炎』 | トップページ | 東野圭吾『人魚が眠る家』 »

ゲーム」カテゴリの記事

○最近プレイしたゲームの感想」カテゴリの記事

カテゴリー