無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 伊岡瞬『不審者』 | トップページ | 櫛木理宇『少女葬』 »

最近やったゲーム『プレイグ テイル -イノセンス』(PS4)

クリアした(1日に1章しか進めなかったり、『龍が如く7』に浮気したりで、クリアまで時間がかかった)。

いいゲームだと思う。ただ、私には合わないというか、苦手なタイプなゲームだなと。
『バイオハザード』などのように、ステルス主体(アイテム制限あり)のステージクリア型アクションゲームという点で。
マップもなくコレクトアイテム収集で取り逃しのリスクもある(クリア後のチャプター選択でのプレイで、回収できそうだが)。
しかも、謎解きや戦闘が、私には難しかった。途中から攻略サイトなどを見てのプレイとなった。

世界観というか、人間関係や地理関係などが把握しづらく、ストーリーもあまり理解できてないままプレイした。病気持ちの幼い弟とのふたり旅かと思いきや、よくわからない仲間がいっぱい増えてるし。

大きな仕掛けを動かす謎解きや、特殊な戦闘では、製作者の意図がわからなかったものがあった。視点(演出)の関係もあるだろうが、プレイヤーからするとつらい。ネズミや火に関連した謎解きは、いろんなところにアイデアが散りばめられていた。ストーリー終盤で、敵だったネズミを操れるようになると、グッと面白さは増した。

操作感はあまりよくなかった。台車というか木箱みたいなのを押すシーンはイライラ。スリング自体も扱いづらい(最後のほうまで、手投げでのアイテム使用をしてなかったので、自分で難易度を上げていた)。

戦闘は、この手のゲームに慣れた人なら簡単かも。私は、ボス戦などは何度もリトライすることになった。かなりのストレスになったが、ギリギリの難易度で、何度もやればなんとかなる(W

プレイを終えると、世間で言われているように短めのストーリー(世界も狭い)でゲームボリュームも多くないことがわかる。ただ、プレイ中は、緊張しっぱなしだったので、そうした印象はなかった。

ちなみに、最終章クリアのトロフィー取得率は50%。トロコン率も含め、他のゲームに比べると圧倒的に高い数字だ。ただ、購買層にライト層がいないことを考えると、決して高いとはいえないと思う。15章くらいのクリア率が65%なので、最後のほうで15%も投げ出している(積んでいる)ことになる。

評価★4

« 伊岡瞬『不審者』 | トップページ | 櫛木理宇『少女葬』 »

ゲーム」カテゴリの記事

○最近プレイしたゲームの感想」カテゴリの記事

カテゴリー