無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

最近やったゲーム『Darksiders Genesis - ダークサイダーズ ジェネシス』(PS4)

図書館も閉鎖されたということもあり、ゲームのダウンロード購入しまくっております。
ハクスラゲーがやりかったということもあり、ちょうどPSストアの「Spring Sale 2020セール」で安くなっていた本作を購入。
PS4版のセール価格35%オフの3,107円だった(本作は2020年2月に配信されたばかりの新作)。

約20時間ほどやりまってストーリークリア。難易度はNormal。面白かったけど、残念な部分も多々あり。
ストーリーは、7分くらいの理解で進めた。ラスボスはルシファーかと思ったら、その手下だったのは拍子抜けした。
(シリーズ第1作の前日譚だからかな?)

グラフィックはきれいなんだけど、キャラクター表示が小さくてよくわかりにい。
戦闘は8割方ウォーを使っていた。ラスボス戦でストライフは活躍したなあ。

洋ゲーというか、この手のハクスラもの特有の用語、この作品独自の用語が多く、最初は理解が追いつかなかった。
操作方法も複雑な上、チュートリアルも後から確認できない。
広いマップなのに自分の位置が表示されないとか、クリーチャーコアの画面の不自由さなど、UI面で残念なこと多し。

謎解きがなかなか歯ごたえがある。きちんとした攻略サイトの類もないので苦労した。
(この手のゲームにありがちだが)特定のアイテム入手後でないとクリアできないものもあり、そのあたりの見極めが難しい。
カメラアングルが固定されとても見づらい。
時間制限のアスレチックやイライラ棒のようなものは、途中で投げ出した。

謎解きがハードすぎるため、やりこみはせず終了とする。

ちなみに、音声と字幕があってないとか、ローカライズの仕事が雑です。

評価★3

最近やったゲーム『ファイナルファンタジーVII リメイク』(PS4)

ゆっくりプレイして、約50時間でクリア(Normal)。
思ってたのと違うというか、これじゃない感もあったが概ね満足。
なんとなく「FF13」のグラン=パルス到達までをプレイした気分。

圧倒的に美しい映像がシームレスに展開される様、原曲の良アレンジは素晴らしかった。
オープニングのタイトルロゴが出る場面、ジェノバBeat戦(最終形態)は鳥肌もの。
音楽は、「闘う者たち」や「エアリスのテーマ」なども素晴らしい。
コスモスシアターの映像はなかなか良かったね。

以下、不満点などを記す。
●プレイしていてムービーが多いという印象はなかったが、エンディングを見ると、ムービーの間に移動と戦闘を挟んでいるだけと思えないこともない。
●「バイオ5」や「アンチャーテッド」に似た、チャプター形式を採用しているのが残念。クリア後のチャプター選択で、やり直しができるとはいえ、基本的には取り返しがつかない要素だらけ。
●真っ暗な一本道ばかり(しかも一方通行)。再プレイする意欲をそぐようなギミックも多い。
●狭い隙間を移動するシーンは必要だったのか?動きが遅くなるし、ストレスでしかなかった。
●敵は、ロボットや人間ばかりで、モンスターがあまりいない。
●本作では、キャラクターがフォトリアルなのに、言動がラノベチックなのが違和感だらけ。
(原作自体、従来のFFと異なり現代的・SF的世界観なのに、JRPGの王道要素を盛り込んでる部分が稚拙に感じる)
●仲間AIがバカというか、あくまでもプレイヤーが操作するという設定なのね。MPというかATBゲージを勝手に消費しないのはいいけど、ここは改良してほしいね。
●ロックオンがしづらい(設定を変えればよいのか?)
●ボス戦、ブレイクしたと思ったら、ムービー入って、第2(3)形態移行とか。
●鬼畜難易度のミニゲームはバカかと。けんすいとバイクレース。18章のモーターボール戦は積む人いるのでは?
●ミッドガルの掘り下げは悪くはないが、本当にこれが正解なのか?というと疑問を感じる。

というわけで、不満はいろいろ出てくるが、十分に楽しめた。
やりこみはするつもりはない。

原作をプレイしたときの記憶はうろ覚えだが、ストーリーが改変されてるのね。もともとパラレルワールドとかでてきたっけ?
後づけかもしれないけど、設定が複雑なわりに説明の仕方が下手なんだよなあ。スクエニだからねえ~。

次作が何年後になるかわからないが、楽しみに待つこととしよう。

評価★4

最近やったゲーム『ライフ イズ ストレンジ 2 』(PS4)

ストーリーテリングの上手さは一級品。本作ではLGBTや移民問題をふんだんに盛り込み、考えさせられるものとなっている。ただ、道中、ダニエルの糞ガキっぷりには、うんざりであった(W

ダニエルの道徳性が低かったようで、エンディングは「血をわけた兄弟」と「一匹狼」となった。そのせいもあり、最後までやるせないというか救いの無さを感じるものとなった。
トロフィー(記念品)回収はするが、エンディング回収はしないつもりだ。トロコンに関係ないし。
(エンディングが分岐するくらいで、メインプロットには大きな変化がないので、周回プレイは辛いですよ)

残念なのは超能力の使い方がいまいちだった点。1作目のようなゲーム性は低く、単なる暴力の発動となっていた。

ちなみに、エンディング直前(エピソード5の終盤)で、アプリケーションエラーが発生した。

評価★4



追記。記念品集めで、いろいろミスった。
チャプター選択でプレイすると、以後の「選択記録」だけでなく、「進行状況自体」が全部消えるんだね。
パラレルワールドをプレイしてるつもりが、間違って通常モードでプレイしてしまったようで、えらい目にあった。幸い、クリア後のセーブが一つ残っていて、ことなきを得た。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

カテゴリー