無料ブログはココログ

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

最近やったゲーム『Cassette Beasts (カセット ビースト)』(XboxGamePass)

本編クリアまでプレイ。

『ドラクエモンスターズ』に近い印象があるゲーム。
概ね、Steam等のレビューの評価通りの作品だった。
(悪い点では、戦闘のテンポの悪さ、歩く速度の遅さ、戦闘の相性が複雑過ぎる、一部戦闘バランスがおかしい等々)
加えて、フィールドアクションの操作にイラッと来たし、一部謎解きが難しすぎると感じるものもあった。

ストーリーはよくわからんが、それなりに楽しめるゲーム。
音楽は良いと思う。ボス戦とか、『ペルソナ』みたいにオサレなボーカル曲だしね。
大天使のデザインも悪くなかった。

佐藤正午『アンダーリポート/ブルー』

ミステリーとしては、思ったほど面白くはない。意外性とか、そういものがないからね。
ただ、佐藤正午の小説作品が批評家などに受けるのは、なんとなくわかる。
小説の技巧もなるほど、と思わせる。
というか、この人、直木賞取ってるんだね。なんとなく納得。

最近やったゲーム『The Wandering Village(ゲームプレビュー)』(XboxGamePass)

数十分遊んだ。
チュートリアル(多分序盤)でゲームオーバー(村人が餓死で全滅)になり、やめた。

この手のシミュレーションゲームをしっかり遊べるようになりたい、と思うのだが、やっぱ難しいねえ。
チュートリアルすら、クリアできない(W

システムを理解するのが大変。
このゲームは比較的丁寧な印象があるが、それでも、説明不足感は否めない。
たとえば、アイコンや吹き出しマークで、説明なしのものもある。プレイヤー自身が、「通念」「常識」として判断しろ、ということなのか?
何に目をつければよいのか、どこから手をつけたら良いのかもよくわからん。
独自の用語も多い。頭がパンクする。
操作性もなんかめんどくさい。
このゲームの目的というか着地点もはっきりしないので、頑張って理解しようという気にもなれん。

つまらなくはなさそうだし、無難に作られてはいると思うけどね。
残念だ。
なんかもっと入門的なSLGないかねえ。

最近やったゲーム『TOEM(トーエム)』(XboxGamePass)

DLCを含めゲームクリアまでプレイ。約9時間。
面白かった。
謎解き、世界観、ローカライズ等、いろいろ良かった。

ただ、カメラの操作でカスタマイズが十分にできないのが残念。

あと、コズミックキューブ絡みの謎解きなど、難しすぎるものもある。
たまたま気付いたらラッキーというレベルのもの多し。
(ゲームクリア後、攻略サイトを見てしまった)

実績コンプを狙ったが、DLCに登場する音ゲーが異常に難しいので諦めた。

土屋隆夫『聖悪女』

タイトルを「しょうわるおんな」だと思って読みはじめたのだが、普通に「せいあくじょ」と読むらしい。

前半は、後半で描かれる殺人事件の前座であるが、今ひとつバランスが悪いというか、効果的に機能していない感じだった。

「副乳」というものを初めて知った。怖いので、画像検索はしない。

それにしても光文社の装丁デザインのセンスを疑うね。単行本(2002年発行)の渋い絵も古臭さしかないが、文庫の素材のようなものもひどいわ。装丁で損してる。
文庫は、やる気がない編集者が、中身を読みもせず、適当なデザイナーに発注したのだろうか。

最近やったゲーム『エグゾプライマル』(XboxGamePass)

チュートリアルと最初のステージ?をプレイしただけで挫折。
世界観自体特殊なのに、最初から覚えることとか多くて、わけわからん。
スーツごとにいろいろ技とか異なるのに、さらにリグとかクラフトとか、頭パンクです。
とっつきにくいんだよな。
エイムもしづらい。戦闘はなんかグチャグチャだし。

全体としてコンソール向けはなく、PC(Steam)前提で設計されてる印象があるなあ。

ゲームシステムとか操作をきちんと理解したら、それなりに面白いんだろうけど、理解しようという意欲がわかない。

twitterなどを見てもまったく盛り上がってないし、完全に失敗だろうね。
ただ、ゲーパス導入によるMSからの収入があるのと、クロスプレイの実験、カプコンIDの収集というふうに考えればいいのかね。

最近やったゲーム『Ghostlore』(XboxGamePass)

最初のステージだけプレイした。
ディアブロライクなハクスラで、触りごごちは悪くない。
ただ、メニュー画面の操作性が悪いというか、情報が整理されておらず、プレイする気をなくす。
日本語表示のフォントや文字サイズも、なんだかなあ~という感じ。
全体として、ゲーム好きの中学生が作ったような印象。
スキルの仕組みとか、いろいろ作り込まれてるのはわかる。
システム自体はきっといいんだろうが、パッケージ化が悪すぎる。
勿体ないゲーム。Steamで2300円で売られてるが、よく値がついたなあ、と。

最近やったゲーム『斬妖行 Eastern Exorcist』(XboxGamePass)

中華製のメトロイドヴァニアっぽいゲーム?
漢字だらけで、読み方もよくわからない典型的な中華ゲー。
で、2Dなのに、ロードもやたらと長い。
嫌な予感がしたら、チュートリアル?後、「第1章」開始とともに、進行不能バグ発生。
ボタンを受け付けません。
どうしようもねえわ(W
MSストアのレビューでも、このバグの報告が上がってる。
進行不能バグもそのまま放置されっぱ(W
ひどすぎ。

最近やったゲーム『Bramble: The Mountain King』(XboxGamePass)

ゲームクリアまでプレイ。
数時間でクリアできるボリュームのゲームである。
ゲーパスでプレイするには最適。

グロいと聞いていたが、思ったほどグロさは感じなかった。
グラフィックが非常に綺麗で、雰囲気もよい。

この手のゲームは、難しすぎるものが多いが、本作はちょうどいい具合。
即死ギミックも多いし、敵の攻撃も1発当たったら終わりなので、簡単ともいえない。
ただ、チェックポイントも多く(ボス戦も含めて)、私でもクリアできた。

Xboxのストアで「妹を救う冒険」とか書いてあるけど、「姉」だよ。
ノーチェックだな。ひどい仕事ですな(W

最近やったゲーム『仙剣奇侠伝 ー守り合いー』(XboxGamePass)

中華製のアクションRPG。
クリアまでプレイ。約25時間。

映像も音楽も美しく、登場人物の美男美女ばかり。
メインストーリーもそれなりに、という感じである。
全体として、頑張って作ってあると思う。
PS1時台のRPGをプレイしているような印象を受けた。
戦闘はゴリ押しだしね。

残念すぎるのが、ローカライズである。
PS版はパッケージ版も発売されてるわけだが、はっきりいってテキストがまったく頭に入ってこない。
固有名詞からいろんなものまでとにかく漢字だらけ。しかも読み方がわからない。常用漢字じゃないし。
中国の文化に関係した言葉、独特の用語も多く、途中で理解を諦めた。
機械翻訳ではないと思うが、一部、主語がおかしいもの、明らかな誤訳(誤字)もあった。
プレイヤーに理解させよう、という試みを最初からしてないのか、放棄したのかは不明だが、残念である。

無駄に情報が多すぎる点、アイテムのアイコンがわかりづらい、意図が分かりにくいギミック、難しすぎるミニゲーム、室内移動時に強制徒歩&カメラアングル固定、マップ切り替え時のロード読み込み失敗なども、残念であった。

最近やったゲーム『フィスト 紅蓮城の闇』(XboxGamePass)

中華製のメトロイドヴァニア。クリアまでプレイした。
なかなか優秀な作品だと思う。
ゲームとしての手触りもよく、ボリュームもある。
世界観もよく、その世界観を表現したグラフィックも綺麗。
日本語ローカライズも丁寧にされており、中華ゲーにありがちな難読漢字だらけというのもない。

ただ、難易度は結構高い。
ギミックだらけのアスレチックは、かなりしんどい。何度もリトライした。
戦闘もなかなか歯ごたえがあった。さすがに終盤は難易度を「普通」から「簡単」に下げてしまったが……。
(「簡単」だと敵が弱すぎる。「普通」と「簡単」の間の難易度をデフォルトにして欲しかった)
そうそう、このゲーム、コンボをつなげるのが難しい。
「修練場」のようなものがあるが、それすらクリアできなかった。

スキルのコマンドをすぐに確認できないのは、よくないと思った。

最近やったゲーム『Arcade Paradise』(XboxGamePass)

ちょっとだけ触ってみた。
洗濯とゴミ拾いの作業の合間に、いろんなクラシックゲーム(ミニゲーム)を楽しめる、といった感じ。
ゲーム性自体は悪くないけど、一人称視点での移動が微妙に酔うというか、いまひとつ馴染めないのでプレイ継続を断念。
カメラの速度とか調整できたら良かったのに。

最近やったゲーム『戦場のフーガ2』(XboxGamePass)

ストーリークリアまでプレイ(12人生存真エンド)。約23時間。
中盤で一度だけマーナガルムを使ってしまったが、終盤(11章、12章)は敵が弱く、必殺技などを温存したまま突破できた。
 
前作『戦場のフーガ』 の時にも思ったけど、なんとも微妙なゲームだね。
つまらなくはないけど、突出した良さがない。
戦闘を楽しみたいとは思うが、道中が長いとダルい。
特に、今作は、前作の素材とシステムを流用、微妙なシナリオに乗せて作られている。
ダウンロード専用ソフトで、MSから金も出てるようなので、ビジネスとして成り立ってるんだろう。
ただ、プロデューサーやディレクターは別として、下っ端の制作者たちが、仕事としてやり甲斐を見いだせるのか、疑問である。
そんなことを思わせるゲームだった。
 
なお、謎の人物(ヌーヴェルン卿?)によるタイムトラベル要素みたいのは意味不明だね。
本作をやり込むとか、他の関連作品によって明らかになるのかもしれんが。正直、いらない要素だった。
本作のシステム面での新要素も、あまり効果的に機能しているとは思えなかった。

土屋隆夫『華やかな喪服』

この作品もなかなか面白かった。土屋隆夫作品は肌に合うなあ。
途中で挿入されるある事件と人物が、ミスリードのためだけにあるのが、ちょっと気になったが。

それにしても、土屋隆夫作品では、美人が出てきらほぼレイプされるし、犯人はほぼ自殺するね(W

最近やったゲーム『牧場物語 再会のミネラルタウン』(XboxGamePass)

このシリーズ、初めて触ってみたが、とにかくダルい。

数時間のプレイ(1年目の春の中盤)で挫折。

持てるアイテムの数が少なすぎる、マップがやや広い、ファストトラベルがない、歩く速度が遅い、体力がすぐ減る、疲れのモーションがうざい、採取等に何度もボタンを押さないといけない、時間経過が早すぎる、ショップなどの会話の仕様が変、店は休みが多いなどなど、とてもしんどくストレスフル。
まあ、この中にはアンロック要素もあるだろうけど。
スローライフなのに、やたらと時間経過が早いのは違和感があった。
テキスト(シナリオ)が稚拙過ぎるのもキツい。キャラの2D絵もイマイチ魅力なし。

同じマーベラス作品の『ルーンファクトリー4 スペシャル』をプレイしたあとだけに、マイナス面が余計目立つ。
『ルーンファクトリー4 スペシャル』よりも、いいと思える部分も多少はあるけどね。

あと、ストーリー的なもの(少なくともクエスト)がないのは、やはり続けるモチベーションが上がらないね。

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

カテゴリー