無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(や行)山田正紀

山田正紀『日曜日には鼠を殺せ』

クソつまらんかった。

最近理解力が低下してきている。だからかも知れないが、基本設定からしてまったく理解できない。いわゆる「デスゲームもの」なのだが、山田悠介先生の作品のように噛み砕いた説明がない。巨匠SFらしい言回しが多く、理解できない部分多し。
敵キャラや舞台も全然イメージできず。プロット自体もクソ。
山田正紀の作品でなかったら、到底商業出版にはなりえないレベルだった。

日曜日には鼠(ラット)を殺せ (祥伝社文庫) 日曜日には鼠(ラット)を殺せ (祥伝社文庫)
山田 正紀

祥伝社  2001-10
売り上げランキング : 1045291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山田正紀『ブラックスワン』

解説にあるように、ある程度ミステリーを読みなれた読者ならば、本作のネタをある程度先読みすることが可能だと思う。

他の山田正紀と同様に、ラストの数ページで一気にさまざまな謎が解き明かされる。頭を整理するのが大変だ。

完成度の高い美しいミステリーといえるのではないだろうか。

ブラックスワン (ハルキ文庫)
ブラックスワン (ハルキ文庫) 山田 正紀

おすすめ平均
starsビル・S・バリンジャーのファンの方は必読
stars情景

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山田正紀『弔鐘の荒野』

終盤の想像を超えた展開に驚愕!
ただ、いまいち。
いろんな謎は(ある程度)解けてはいるけど、どうもしっくりこない。
すべてが中途半端というか、なんだかなあ~という感じ。
どうも納得できないんだあ。

弔鐘の荒野
弔鐘の荒野 山田 正紀

おすすめ平均
stars社会派ミステリと思わせてホラーと思わせて実はSF

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山田正紀『恍惚病棟』

山田正紀らしい作品である。
本作には、まさかのどんでん返しがある。
また、内容がそこそこ複雑なため、適当に読んでいるとついていけなくなるので注意。

一つ、記憶に残りそうな表現があった。
私たちは結婚したけど、その結婚は終戦という大きな消しゴムで、消されてしまったような気がする
なかなかよくない?

恍惚病棟 (ハルキ文庫)
恍惚病棟 (ハルキ文庫) 山田 正紀

角川春樹事務所 1999-04
売り上げランキング : 400460


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山田正紀『人喰いの時代』

6編の中短編からなる連作推理小説。

ただ単なる連作ではない。
メタっぽい大きな仕掛けが、なかなかいいかも。
(ホントは、もっと凄いといいんだけどなあ、なんかもやっとした感じ)

人喰いの時代 (ハルキ文庫)
人喰いの時代 (ハルキ文庫) 山田 正紀

角川春樹事務所 1999-02
売り上げランキング : 406073


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山田正紀『女囮捜査官〈5〉味覚』

日々小説を読んでいると、作品中での日時が読書のタイミングと一致したり、劇中人物が知り合いの名前と同じだったり、なんてことがまれにある。四つ葉のクローバーを見つけた時のように、根拠のない(?)嬉しさがあるものだ。

本作は新宿西口にあるマクドナルド(西淀近くの)で読み始めたのだが、冒頭でいきなり新宿西口が出た来たのには驚いた。新宿自体は多くの作品で登場する定番の場所であるが、つい数分前に自分が通った場所が描かれる、しかも殺人、という状況に妙に興奮してしまった(どうでもいいが、新宿西口のマクドナルドの階段なんとかならねえか!)。

さて、本作は、女囮捜査官―五感推理シリーズの第5弾となる。シリーズ最終作である。

事前にネットの書評などから、とんでもない内容であることは知っていた。確かにとんでもなかった(W

面白いには面白いが、総じてイマイチ。作者の仕掛けたリスリードも容易に気づける。
かなり複雑な内容となっているが、「偶然」が多すぎるのが残念。ボストンバックのトリックの記述は、よくわからなかった。そもそも、犯人があのような行動に出た必然性がどこまであるのかがわからない。

このシリーズでは、『女囮捜査官〈2〉視覚』『女囮捜査官〈3〉聴覚』 はなかなかよかっただけに、4作目5作目に対する期待が大きかっただけに残念だ。

ちなみに、このシリーズは、土曜ワイド劇場枠でドラマ化されているそうだ。

女囮捜査官 (5) (幻冬舎文庫)
女囮捜査官 (5) (幻冬舎文庫) 山田 正紀

おすすめ平均
stars衝撃の大団円

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山田正紀『女囮捜査官〈4〉嗅覚』

女囮捜査官―五感推理シリーズの第四弾。2作目3作目に比べると地味な印象あり。複数の事件を組み合わせているところが、このシリーズの特徴なのかな?

女囮捜査官〈4〉嗅覚 (幻冬舎文庫)
女囮捜査官〈4〉嗅覚 (幻冬舎文庫) 山田 正紀

おすすめ平均
stars中年男の秘められた過去

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山田正紀『女囮捜査官〈3〉聴覚』

本作も、出張するサラリーマンが新幹線で読んでいそうな雰囲気が全開であるが、きわめて本格寄りの作品だ。

メインプロットで現在進行形の誘拐事件を扱う。そしてそれと平行するように、主人公、北見志穂によってなされたある女性の死の捜査が描かれる。この志穂の捜査は、数ヶ月前から誘拐事件直前にかけて行われたものを描いており、誘拐事件のプロットとうまい具合に融合していく。

本作のトリックというかネタもなかなかすごい。ただ、犯行の動機がそれなら、もっと簡単な別の方法もあるだろ!とも思う。あまりにご都合主義、結果オーライではないか(その分内容が複雑化している)。また人物出すぎ感、中途半端なまま感もあり、どうもしっくりこない。そのあたりが残念だったが、十分に楽しめる作品だと思う。

女囮捜査官―五感推理シリーズ〈3〉聴覚 (幻冬舎文庫)
女囮捜査官―五感推理シリーズ〈3〉聴覚 (幻冬舎文庫) 山田 正紀

おすすめ平均
starsシリーズの白眉

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー