無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(や行)薬丸岳

薬丸岳『Aではない君と』

少年犯罪をテーマとした作品。全3章からなる。もともとは雑誌連載されたものだが、単行本化する際に、3章が付け加えられたという(巻末の解説による)。

やはりリーダビリティは抜群だ。本作は、ストーリー展開に起伏もなく、「容疑者がまったく喋らない」のが謎となってるのだが、それでも読ませる力がある。
2章終盤で、心を抉るような事実が明らかになる。さすがだ。

なお、本作は吉川英治文学新人賞を受賞したわけだが、審査員によると3章の部分が高く評価されたという。私的には、2章で終わらしたほうが綺麗だと思った。3章は余分というか、どこか座りが悪い印象があった。3章は、読者に重たい読後感を与えるので、賛否分かれると思う。

Aではない君と (講談社文庫) Aではない君と (講談社文庫)
薬丸 岳

講談社  2017-07-14
売り上げランキング : 2751

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

薬丸岳『誓約』

薬丸岳作品らしいテーマとリーダビリティの高さ。

1つ、ものすごい偶然要素が入ってるのが、ちょっと残念。
誓約 (幻冬舎文庫) 誓約 (幻冬舎文庫)
薬丸 岳

幻冬舎  2017-04-11
売り上げランキング : 42462

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

薬丸岳『その鏡は嘘をつく』

「夏目信人シリーズ」の1冊。
1つの事件を、刑事(夏目)と検事が、別々に捜査する過程を描いている。片方がまったくの的外れの捜査をしているわけでもなく、きちんと真相に近づいていく。小説の技法としてなかなかレベルの高いものを要求されると思う。
ただ、結局は検事の判断に誤りがあることがわかるわけだが……。そういったプロットのせいか、中盤までトントン拍子でことが進むというか、「点と点を線にする」展開が早すぎる。このあたりが、ちょっと気になった。

その鏡は嘘をつく (講談社文庫) その鏡は嘘をつく (講談社文庫)
薬丸 岳

講談社  2016-03-15
売り上げランキング : 120793

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

薬丸岳『神の子』

圧倒的なリーダビリティはさすがとしかいいようがない。
闇のフィクサーみたいのが出てくるのが、ちょっと嘘っぽくて残念。
あと、ラストもね。失速しちゃう。呆気なさすぎ。打ち切りドラマのようで、残念だった。

神の子(上) (光文社文庫) 神の子(上) (光文社文庫)
薬丸 岳

光文社  2016-12-08
売り上げランキング : 3068

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
神の子(下) (光文社文庫) 神の子(下) (光文社文庫)
薬丸 岳

光文社  2016-12-08
売り上げランキング : 2579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

薬丸岳『アノニマス・コール』

薬丸岳さんの作品としては今ひとつ。途中で、犯人わかっちゃうしね。

アノニマス・コール アノニマス・コール
薬丸 岳

KADOKAWA/角川書店  2015-06-27
売り上げランキング : 118992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

薬丸岳『刑事のまなざし』

短編連作集。どの作品の一定の水準に達している。改めて、力のある著者だなあと思った。
薬丸さんの他の作品同様に、重たい話が多い(児童殺害、レイプ、脅迫、DQNな親による暴力など)。だからこそ、夏目という「刑事らしくない刑事」の温かさに心が救われる思いになる。

刑事のまなざし (講談社文庫)刑事のまなざし (講談社文庫)
薬丸 岳

講談社 2012-06-15
売り上げランキング : 1827

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

薬丸岳『友罪』

やっぱり薬丸岳さんの小説はいいね。他の薬丸作品同様に、本作もリーダビリティは高い。
また、心が痛くなる話だった。特に、ヒロインともいうべき女性の話(書いていて辛くならないのかねえ)。
ただ、終盤ちょっと失速気味な感あり。ラストはいいけどね。また、「先生」視点の描写は本当に必要性があったのか、若干疑問に思う部分もある。
薬丸さんの本は、最近売れ始めてるような気がするので、今後さらなる活躍を期待したい。

そういや、ヒロインの元彼氏は、その後どうしたのかな?

友罪 友罪
薬丸 岳

集英社  2013-05-02
売り上げランキング : 6105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

薬丸岳『死命』

刑事と犯人の両者が余命いくばくもないという設定は面白い。リーダビリティもある。ヒロインともいうべき女性が、終盤に●●したのは驚いた(ネタバレのため伏字)。
ただ、犯人のトラウマに絡んだ部分がちょっと陳腐。全体にマイナス効果を与えている。刑事の勘が良すぎるのもちょっと気になった。

死命 死命
薬丸 岳

文藝春秋  2012-04
売り上げランキング : 155586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

薬丸岳『悪党』

薬丸岳といえば、過去の作品でも
「少年犯罪」
「犯罪者は更正できるのか」
「被害者の怒り、復讐」
「被害者は、何をもって赦せるのか」

といった重いテーマの作品を発表している。

本作の主人公(探偵)も、姉を強姦殺人で失った過去を持つ元警官である。
本作は(全7章からなる)各章で、犯罪前歴者の追跡調査(出所後を追いかける)が行われる。
そこで明らかになる、犯罪前歴者の今の姿。そして主人公と被害者家族が彼らにどう向き合うかが描かれる。

今までの薬丸作品と違うのは、本作ではトリックはプロットの妙よりも、犯罪者や被害者の内面に踏み込むことに比重が置かれている点だろう。
また、構成がドラマ的、アニメ的手法とでもいうのだろうか、全7章は「全7話」という表現が適切だろう。
各エピソードで個別の事件を描きつつ、少しずつ明らかになる主人公の仇敵たちの姿。そしてラスボスとの対峙に向けて、物語が進んでいく。
※これは、本作は書き下ろしではなく雑誌連載ものということもあるだろう。

私的に残念なのは、クライマックス部分はいまいち物足りない印象が残った点だ。もう少し別の方法にしてほしかった。それ以外は文句なしで面白い。
(ネタバレ気味だが)エピローグ、決して消えることのない闇の中、一筋の光が見えたことは、物語の締めくくりとしてよかったと思う。冬美、そしてゆかりにとっても。

悪党
悪党
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-31
売り上げランキング : 38096

おすすめ平均 star
starどんな姿を見たら赦せると思えるのか
star被害者感情からの目線

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※アマゾンのリンク先に、著者自身による紹介ビデオあり。
   初めて、1人称で書いた小説とのこと。
  どうでもいいが、あまり、喋りなれてない感じですな(W

薬丸岳『虚夢』

デビュー作であり乱歩賞受賞作である『天使のナイフ』では「少年法に守られた少年の犯罪」を描き、第二作『闇の底』では「女児児童誘拐殺傷事件」をテーマとしていた。いずれも、現代社会の刑事学的なの問題点を浮き彫りにしていた(後者の場合は、ちょっと違うんだけどね)。

そして、本作では、「精神疾患者による殺傷事件と刑法39条」をテーマに持ってきた。
このテーマでどうしても想起してしまうのは、秋葉の事件である。本作が刊行されたのは2008年5月22日(奥付の初版第一刷の発行日)」.。奇しくも、この本が世にでて間もない年6月8日にあの事件は発生している。あの事件の犯人は、刑法39条に保護されることはないようだが、本作の序章を読んで、あの惨劇を思い出さない人はいないだろう。

本作の感想(微妙なネタバレあり)。
全体的にグイグイ読ませる力がある。
救いのあるラストには、ホッとした。
ただ、もっとボリュームはあってもよかったかなと思う(なんか物足りない。特にラストがあっけない。Amazonの感想にあるけど、読後の余韻がない)。
ああそうそう、ちょっとキャラが定型的なのは嫌だったね。キャバクラの客が、新藤冬樹の小説にでてきるお馬鹿キャラみたいなんだもの。

瑣末なことだが、2つほど気になったことがある。一つは、「年齢」設定(ゆきの母親とかのことだけど)。もう一つは、風俗とかで働く場合は「源氏名」を使うだろうと思う点。ま、どうでもいいことだけどね。

虚夢
虚夢 薬丸 岳

おすすめ平均
starsおかしなことだらけの現実
stars非常によく出来ている
stars被害者の憎しみ、悲しみ、葛藤が丁寧に描かれていた
stars重いテーマだけど面白い
stars余韻が不足

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー