無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(か行)今野敏

今野敏『転迷 隠蔽捜査〈4〉』

このシリーズの前作『初陣 隠蔽捜査〈3.5〉』を読んだのは2010年の12月だから、3年半ぶりとなる。
官僚たちのいろんな駆け引きが描かれているが、どこまでリアリティがあるのかは、一般人にはわからない。
複数の事件(ゴタゴタ)を、(いろんな意味で)収斂・収束させる手腕がさすが。

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫) 転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)
今野 敏

新潮社  2014-04-28
売り上げランキング : 1859

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今野敏『初陣 隠蔽捜査〈3.5〉』

伊丹を主人公とした外伝的な短篇集。
なんだかな~という出来。もう飽きた。
このシリーズは、もうこれ以上触らない方がいいと思うのだが。

初陣 隠蔽捜査〈3.5〉
初陣 隠蔽捜査〈3.5〉 今野 敏

新潮社 2010-05
売り上げランキング : 4319


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今野敏『疑心―隠蔽捜査〈3〉』

前作の『果断 隠蔽捜査2』はとても良かった。
しかし、本作は凡作というか、(表現はおかしいが)どうでもいいような出来の作品だった。恋愛要素を持ち込まれてもねえ。犯罪自体もつまらんし。残念!
そういや、タイトルも意味不明だ(W

疑心―隠蔽捜査〈3〉
疑心―隠蔽捜査〈3〉 今野 敏

新潮社 2009-03
売り上げランキング : 89957


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今野敏『同期』

タイトルの『同期』というのは、「シンクロ」の意味かと思い切や、「同期入社」の「同期」だった。
なんだか拍子抜け。
今野敏の作品をはじめ、警察小説には、こういったアメリカ人的なセンスのかけらもないタイトルが多い。
今野敏の場合は、これが特色となっているが。

感想だが、あまり面白くなかった。
事件の裏側に、刑事警察と公安警察の対立があるわけだが、ただそれだけの話で……。
新しさとか、魅力的な謎とか、そういうものは全然ない。プロット自体に魅力なし。

ところで、本作の中に「転び公妨」という言葉がでてくる。
これは公安が、自分で勝手に転んで、ターゲットを公務執行妨害の容疑で現行犯逮捕する恐ろしい手法だ。
↓は、有名な動画で、オウムの信者に対して「転び公妨」を行われた様だ。

同期
同期
おすすめ平均
stars面白い!!
stars警察の世界を堪能
stars深みが無い
starsよみやすく、中身が濃く、読後感が良い
stars不思議な感じ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今野敏『ビート 警視庁強行犯係・樋口顕』

「視庁強行犯係・樋口顕」シリーズ第3弾である。
本作も、「家族を描いた警察小説」である。
正直、序盤は、ちょっと飽きてきたな……と思った。
しかし、100ページを過ぎるころからは、そのような思いは消えた。
グイグイ読者を引っ張る力がある。一気に読んでしまった。さすがだ。
ラストも非常に爽やかである。

今野敏の小説を読了後、すがすがしさを感じるのは、作品内で登場する様々な二項対立が昇華するからであろう。
かつて若者であった中年、かたや偽悪的になってしまう現代若者。それぞれが悩み、衝突する。そして一部を受け入れあるいは全部を受け入れ、新たな段階に到達する。
そういったドラマを、刑事という特殊な職業人とその家族を軸に描く。ありそうでなかったタイプの小説だ。

なお、本作で一つ不満がある。殺人事件の事実解明を進めるにつれ、銀行のやったことが明るみに出るかと思うのだが。文庫版P500でそのあたり多少言及されているが、ちょっと納得いかないね。

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)
ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫) 今野 敏

おすすめ平均
starsバイプレーヤーの魅力
stars二人の息子
stars「自分に自信のない」がゆえに名探偵な樋口顕は、日本人型名探偵?
stars家族と若者文化への問いかけが込められています
stars若者

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今野敏『イコン』

1995年、約13年前の作品。
パソコン通信、そしてネットアイドルをモチーフとしている。
発表当時ならば、あまり一般的でないテーマであるが故、良かっただろう。
だけど、今読むとね……。そんな感じです。

イコン (講談社文庫)
イコン (講談社文庫) 今野 敏


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今野敏『蓬莱』

正月期間には、M.ジョン・ハリスンの『ライト』を読了する予定だったが、最近読みやすい本ばかり読んでいたため、海外の翻訳ものに頭がついていかず、数ページで挫折。
やっぱ比喩表現などがついていけない(直訳でそのまま羅列されてるし)。どうもピンとこない。

ということで昨年末からお気に入りとなった今野敏作品を今年最初に読んだ。
序盤、ヤクザと政治家が出てきた時点で、凡作臭が……。
作中に登場する「蓬莱」というゲームとその謎解きのくだり、またとある登場人物の「正しき日本」に関する自説が語られるあたりは面白い。
たけど、全体としてはいまひとつかな。

蓬莱 (講談社文庫)
蓬莱 (講談社文庫) 今野 敏

おすすめ平均
starsこれは面白い!
stars徐福伝説と政策
starsおもしろかった
stars通勤エンターテイメント
stars古代史好きの人はハマルかも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今野敏『朱夏 警視庁強行犯係・樋口顕』

「……ガキどもが好きなヒップホップというくだらねえファッションや音楽。あれは、ニューヨークあたりのストリートギャングの真似だ。……」
(新潮文庫版193ページ 氏家のセリフより)

今野敏シリーズの第二作目にあたる。劇中に登場するという安達という若い警官のパーソナリティが私に似ている(W

朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)
朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫) 今野 敏

おすすめ平均
stars徒労
starsオトナ向けかな
stars第一弾から続けて読むのをおススメします。
stars大人のための若者講座の側面もあります
starsオヤジ世代の応援歌ですね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今野敏『リオ 警視庁強行犯係・樋口顕』

世代観と心理学的考察について、同じことが何度書かれており、ちょっとうざい。
事件自体の魅力もない。いまいちだなあ~。

リオ―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)
リオ―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫) 今野 敏

おすすめ平均
stars警察小説好きには評価が難しい
stars説明がくどい。だけど、シリーズ化されている作品も読んでみたいと思った。
stars良質なエンターテインメント。樋口顕シリーズ一作目。
stars共感できる主人公
starsでも、私のやりかたがありますから……。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※幻冬舎単行本→幻冬舎文庫→新潮文庫

今野敏『果断 隠蔽捜査2』

『隠蔽捜査』の続編である。いい小説だと思う。とくにラストの段落、家族を描いた部分はなかなかよい。『ナウシカ』に感動するあたりもいいね。

さて、日本では、警察官が発砲すると、たとえそれが凶器を持った輩であっても、マスコミは発砲という行為を激しくせめ立てる。
本作では、立てこもり事件を通じて、そういった問題に、信念と原則の人である竜崎がどう立ち向かうかを描いている。
ちなみに、警察の発砲にクレームをつけるのは、ある強い意志が働くためだと、私は思っている。人権屋と同じ奴らだ。

本作に難をつけるとすると、ご都合主義的に感じる部分がある点だ。ネタバレになるので、簡単に書くが、「警官が様子を見にいかなかったら、どうするつもりだったのか?」という点である。

なお、「果断」とは「思い切って事を行うさま」をいう(goo辞書)。

※「将来の可能性を広げる手段としての東京大学」。この考え方は重要だ。

果断―隠蔽捜査〈2〉
果断―隠蔽捜査〈2〉 今野 敏

おすすめ平均
stars出色の作品
stars竜崎に惚れる
starsスピード感溢れる鮮烈な警察小説―続編の刊行を大いに期待!
starsまだ終わってくれるな・・・
starsいい本だ…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー