無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(た行)土橋真二郎

土橋真二郎『ラプンツェルの翼IV』

シリーズ最終巻。前作からの続きの内容。ネタバレ含む。

3巻目に、「姫君(小鳥)は人間を食べない効果を、天使に与えている(人間を食べる量が減っている)」みたいなことが書いてあったと思う。現時点で多くの天使がそういう恩恵を受けているから、姫君(小鳥)は大事に保護されているのかと思った。
しかし実際はそうではなく、保守派が単に隔離しているだけ。姫君の力を広める、天使と人間の新しい関係をつくるため、「姫君(小鳥)を外に出す」クーデターが計画された、といった話のようだった。

私の誤読なのかも知れないが、終盤まで「保守はが単に隔離しているだけ」といったあたりを読み取ることができなかったのが、残念だった。

ところで、仮想フィールド突入時の描写は完全にエヴァ(エントリープラグ)のパクリですね。

ラプンツェルの翼〈4〉 (電撃文庫) ラプンツェルの翼〈4〉 (電撃文庫)
土橋 真二郎 植田 亮

アスキーメディアワークス  2010-02-10
売り上げランキング : 592989

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『ラプンツェルの翼III』

(後付設定だが)ヒロインが「天使」になるための最終段階を描いたもの。天使の遊園地内で勃発するクーデターの話が中心となるが、中途半端なところで終わる(完全に次作に続くという感じ)。

ラプンツェルの翼〈3〉 (電撃文庫) ラプンツェルの翼〈3〉 (電撃文庫)
土橋 真二郎 植田 亮

アスキーメディアワークス  2009-09-10
売り上げランキング : 711357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『ラプンツェルの翼II』

魔王戦やロシアンルーレットでは、ややクローズドサークルなデスゲームっぽい要素あり。

どうでもいいが、ラノベの「あとがき」はうざいね。特にこの著者の場合、編集者とのやりとりとか内輪ネタが多くてうんざり。

ラプンツェルの翼〈2〉 (電撃文庫) ラプンツェルの翼〈2〉 (電撃文庫)
土橋 真二郎 植田 亮

アスキーメディアワークス  2009-05-10
売り上げランキング : 183336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『ラプンツェルの翼』

クローズドサークルのデスゲームものではない。が、ポイント制でアイテムなどが支給されるあたりはいつもの土橋真二郎小説。
終盤、ドンデン返しというか皮肉めいた展開にしたかったのだろうが、いまひとつ。
結局、「何のために、天使と悪魔の戦いが存在しているのか?」など、まったく意味不明。
途中の脱落者の扱いの雑さ加減も気になった。

ラプンツェルの翼 (電撃文庫) ラプンツェルの翼 (電撃文庫)
土橋 真二郎 植田 亮

アスキーメディアワークス  2009-02-01
売り上げランキング : 742433

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『楽園島からの脱出II』

『楽園島からの脱出』 の続編(完結編)。

土橋真二郎さんの作品では少しエッチなシーン随所に散りばめられているが、本作も同様。
ただ、さわやかなエッチさならば良いが、力による陵辱(性暴力・レイプなど)が多いので不快になる。本作では高校生たちが乱交を繰り広げるシーンまである。具体的に描写がないとはいえ、小中学生にはあまり触れさせたくないと思った。
表紙のイラストの印象とはかけ離れた「毒」がある。出版社の意図もあるだろうが、ちょっとどうかと。

あと、誤字・脱字なども目立つ。きちんと校正しろ(「論理」に「りんり」とルビが振ってあった箇所があった)。

楽園島からの脱出II (電撃文庫) 楽園島からの脱出II (電撃文庫)
土橋 真二郎 ふゆの春秋

アスキー・メディアワークス  2012-08-10
売り上げランキング : 137908

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『楽園島からの脱出』

土橋真二郎風「バトル・ロワイアル」といったもの。ただ、ハードな殺し合いや、論理パズルめいたものもはない。

ここしばらくこの著者の作品を立て続けに読んでいるが、主人公(男性)の設定がどれも似てるね。
基本的に女子受けが良い(それなりに受ける)。ただ、内面に鬱屈したものを抱えており、ややアウトローな言動に走ることもある。そして、優しい。もっと違ったキャラを中心に据えることで、この作家の新しい芽が生まれると思うのだが……。

楽園島からの脱出 (電撃文庫) 楽園島からの脱出 (電撃文庫)
土橋 真二郎 ふゆの 春秋

アスキー・メディアワークス  2012-05-10
売り上げランキング : 213147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『演じられたタイムトラベル』

土橋真二郎ならではのデスゲームものだが、本作は一味違う。
タイトルにあるように、「タイムトラベルを演じる」というなかなか凄い発想の作品だ。
舞台は「ゾンビもの」のゲームをモチーフとした世界。ただそれは、床に方眼が書かれた広い擬似的な空間。そこで、過去や未来に擬似的にタイムリープ。ゾンビ(偽物)などからの危機を回避し、脱出を目指す。

中盤くらいまで、思わず舌を巻いた。
ただ、人物描写が最悪。いくらデスゲームものとはいえ、あまりにも人間が書けていない。同じようなキャラばかりだし(他の作品でも同じ)。エロ要素や過去のレイプ事件の話などは単に不快なだけ。
終盤の展開の曖昧さ(すべてがリアル化している描写が、著者が何を意図しているのか不明)やトリックのわかりにくさも残念。
とはいえ、なかなか凄い作品だと思う。今回、ダラダラと時間を書けて読んでしまったが、なるべく一気読みすべき本だろう。

演じられたタイムトラベル (メディアワークス文庫) 演じられたタイムトラベル (メディアワークス文庫)
土橋 真二郎

アスキーメディアワークス  2012-11-22
売り上げランキング : 413662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『扉の外III』

シリーズ完結編。集大成的なものを期待したのだが、ちょっと違った。
う~ん、微妙。
最後まで、イラストと内容のミスマッチ感が、拭い切れない作品だった。

扉の外〈3〉 (電撃文庫) 扉の外〈3〉 (電撃文庫)
土橋 真二郎 白身魚

メディアワークス  2007-09-10
売り上げランキング : 257918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『扉の外II』

『扉の外』の続編、というか後付で作られた作品だろう。
時系列的には1作目の後、別のクラスの新たなゲームを描いている。
本作では、レイプまでは行かないが、女子が裸にさせられるなど胸くそ悪くなるようなシーンが多い。ただ、作品としては面白いと思う。ゲームの状況を説明した表がわかりづらかったけど。

扉の外〈2〉 (電撃文庫) 扉の外〈2〉 (電撃文庫)
土橋 真二郎 白身魚

メディアワークス  2007-05
売り上げランキング : 290743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土橋真二郎『扉の外』

「デスゲームもの」。土橋真二郎のデビュー作(第13回電撃小説大賞「金賞」受賞作)。
結構面白いと思った。
が、イラストがキャラ造形とまったくマッチングしていない気がする。
主人公の男子は女性体験も豊富なアウトロータイプ。結構湿っぽいシーンも多い。端役の女性キャラはいかにもラノベキャラだが、そうだとしても、もっと正統派はイラストの方が良かったと思う。
「いかにもラノベです!」と主張する必要性があるのか?編集者がクソじゃね?

扉の外 (電撃文庫) 扉の外 (電撃文庫)
土橋 真二郎 白身魚

メディアワークス  2007-02
売り上げランキング : 274484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー