無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(や行)柚月裕子

柚月裕子『凶犬の眼』

『孤狼の血』の続編。

『孤狼の血』は、骨太な内容の傑作であったが、本作はイマイチだった。駄目な続編の典型例ですな。

暴力団の抗争が複数登場し、複雑化する。それが、何かの伏線かと思いきや、終盤に数行で結論を述べて終わりというお粗末さ。残念だ。

柚月裕子『ウツボカズラの甘い息』

文庫版で読んだのだが、ひどいと思ったのがカバーに書かれた梗概(あらすじ)。
物語の約8割(約450ページ中360ページ)まで進んで明らかになるような情報が書かれている。その後(の2割で)物語は大きく転換していくものの、はっきり言ってネタバレのレベル。編集者のせいだと思うけど、ふざけんな、という感じですな。解説文が、松井玲奈だったのも呆れた。

柚月裕子『朽ちないサクラ』

こりゃ失敗作だね。
ラストで明かされる真相のためとはいえ、特に後半の展開が不自然極まりない。
突然、トントン拍子に進む捜査。読者の誰もが気づくであろう(捜査上の)ミッシングリンクをスルー。真犯人も容易に想像できる。
後味も悪い。

柚月裕子『盤上の向日葵』

一級の作家の作品だと思うが、正直ミステリーとしては、あまり面白くはなかった。
本作では冒頭で、容疑者が明かされる。その人物の過去の足跡を辿るパートと、将棋の駒の捜査パートが交互に展開される。一定の読み応えはあるが、いかんせん捜査パートが淡々としすぎ。随所で登場する将棋の対決シーンは、単純にわかりづらい。
物語に意外性もなく、物足りなさも感じる。
アマゾンレビューの評価は高いようだが、私にはちょっと期待ハズレだった。

柚月裕子『パレートの誤算』

生活保護費の不正受給をテーマとした作品。ミステリーとして無難にというか綺麗にまとまってる。ただ、サプライズとかが無かった点、終盤がややご都合主義だったのが残念。

パレートの誤算 (祥伝社文庫) パレートの誤算 (祥伝社文庫)
柚月 裕子

祥伝社  2017-04-12
売り上げランキング : 11297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

柚月裕子『蟻の菜園 ―アントガーデンー』

過去の事件を淡々と調べるタイプの作品だが、リーダビリティは高い。過去の出来事を章として、挿入したのも良かったのかもしれない。

ただ、気になる点がいくつかある。1つはタイトル。最後の最後に説明は出てくるけど、タイトルからくる印象が作品の内容と違いすぎて、損をしている気がする。
気になる点2つ目は、途中から登場する「私」とこれに関したネタ。これは、いらなかったと思う。3つ目は、ネタバレになるので詳しく書かないが、「あの人物が、あの名前を名乗る」ことの積極的な理由がない気がする点だ。

蟻の菜園 ―アントガーデンー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 蟻の菜園 ―アントガーデンー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
柚月 裕子

宝島社  2015-08-06
売り上げランキング : 119100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

柚月裕子『臨床真理』

第7回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。

デビュー作ということもあって、さすがに荒削りな印象があった。オチも完全に想像できる。文章も巧いし、共感覚を扱う点はユニークだけど。

それより気になったのが、文庫版のくせに、誤変換みたいのが散見したこと。編集者仕事してない。
※「管理化」→「管理下」「確率」→「確率」など。

臨床真理 (上) (宝島社文庫 C ゆ 1-1) 臨床真理 (上) (宝島社文庫 C ゆ 1-1)
柚月 裕子

宝島社  2010-03-05
売り上げランキング : 53010

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
臨床真理 (下) (宝島社文庫 C ゆ 1-2) 臨床真理 (下) (宝島社文庫 C ゆ 1-2)
柚月 裕子

宝島社  2010-03-05
売り上げランキング : 33049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

柚月裕子『検事の死命』

本書には、『検事の本懐』に収録の「本懐を知る」の続編も収録。著者の意向かファンの要望かわからない。賛否分かれる部分もあるが、悪くない出来だ。

本書の半分を占める「死命」では、痴漢事件&裁判を扱ってる。地味ながらも難しいテーマで、これまた著者の力量を伺いしることができる。ただ、ラストの「決め手」は都合が良すぎると言うか、弁護士サイドの手落ちに感じたが。

検事の死命 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 検事の死命 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
柚月 裕子

宝島社  2014-10-04
売り上げランキング : 187547

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
検事の死命 (角川文庫) 検事の死命 (角川文庫)
柚月裕子

KADOKAWA  2018-08-24
売り上げランキング : 4967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

柚月裕子『検事の本懐』

短編連作集ということで、「どうかな?」と思って読み始めたが、とても面白かった。事件だけでなく、きちんと人を描いてるのがいい。柚月裕子さんの作品は、やっぱり間違いがないね。

数年前より「このミス」の購入をやめ、読むことすらなくなった。理由としては、「このミス大賞」出身作家とやらの短編がコンテンツの半分を占めるようになり、嫌気が差したからだ。
初期の「このミス大賞」作家の作品って、つまらなかったし。
というわけだが、今や「このミス大賞」は、本作の柚月裕子さんをはじめ、ヒットメーカーを多数輩出するまでいたっている。今後も「このミス大賞」出身作家を追いかけてみたいと思う。

検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
柚月 裕子

宝島社  2012-11-06
売り上げランキング : 3292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓なぜか、角川文庫から発売。

検事の本懐 (角川文庫) 検事の本懐 (角川文庫)
柚月裕子

KADOKAWA  2018-07-24
売り上げランキング : 3466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

柚月裕子『孤狼の血』

こりゃ傑作だわ。

序盤は、悪徳警察官&真面目コンビが、ヤクザの抗争に巻き込まれ、テンヤワンヤするだけ、かなと思っていた。やたらと登場人物というか情報も多いのも気になった。

ただ、リーダビリティは高く、読み始めたら一気に読ませる力がある。

そして、終盤の展開……。本作では、各章冒頭に、一部伏せられた「捜査日記」があるのだが、そこにその章の要旨が書かれてる。つまり、堂々とネタバレした構成となっているのだが、最後にこの意味が明らかになる。このあたりの良質なミステリーを読んだとき得られるカタルシスがある。

個人的に気に入ったのは、被疑者が、検事の厳しい取り調べに耐えうるかを確認するため、刑事がある演技をするシーン。著者の想像か取材によるものなのかはわからないが、非常にリアリティを感じた。
エピローグ直前にある「出来事のまとめ方」も巧いと思った。

柚月裕子さんの作品をいろいろ読んできたけど、こういうのも書けるんだ、と感服した。

孤狼の血 (角川文庫) 孤狼の血 (角川文庫)
柚月裕子

KADOKAWA  2017-08-25
売り上げランキング : 868

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー