無料ブログはココログ

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(2024年読了)ミステリー

森村誠一『魔少年』

角川ホラー文庫。
表題作ほか全7編の短編ミステリーを収録。
どれも水準以上のクオリティーで楽しめる。
森村誠一の短編は悪くない。

西村京太郎『寝台特急「紀伊」殺人行』

1982年発表の作品。
不自然な部分というか、ツッコミどころはあるものの、全体としては良い。
一瞬だけ登場する人物も多く、その人間関係(事件関係)が複雑に絡んでいるが、うまく処理されている。
鉄道を使ったトリック(謎解き)も2つ登場するが、無難な形で収まってる。
リーダービリティも高かった。さすがである。

森村誠一『人間の証明PARTII 狙撃者の挽歌』

「人間の証明」と標されているが、傑作『人間の証明』 とは、まったく関係はない。
森村作品によくある、老人グループとヤクザの対決を描いたもの。
ただ、本作では、途中で描かれる殺人事件に少しアクセントを加えられている。
棟居刑事も登場する。
そうそう、本作のキーマンとして外国人少女が登場する。
この彼女の持つ秘密も大きな要素だが、その真相に唖然としたわ(W

西村京太郎『寝台特急あかつき殺人事件』

なかなかひどい作品だった。
寝台特急あかつきを使ったトリックはいいと思う。
「へぇー」と思った。
ただ、それ以外はまったく納得感がない。

ありえない偶然の要素が多数ある。
佐賀の被害者と犯人の接点が説明されてない。
死体が埋められていたということで、スコップの購入者を探すというひどい捜査。
犯人は極悪な大量殺人者なのに、警察がノーテンキすぎ。

さすがに雑すぎる。

終盤、犯人の心情をもっと掘り下げて、しっかり描いてくれたら、また印象が変わったんだろうけどね。

森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』

自衛隊と山奥の村人&旅行者の戦いを描いたもの。
それなりに面白いが、今ひとつ盛り上がりにかける。終盤は読み進めるのが、だるくなってくる。
主人公ともいうべき男女が駆け落ちをしたという設定も、あまり意味がなかった。

黒川博行『悪果』

文庫版で600ページを超える作品なのだが、裏表紙のあらすじがネタバレひどい。
中盤300ページくらいまで読み進めて、ようやく辿り着ける情報が書かれている。
ストーリーの展開が遅く、そこまで読まないと面白くならない、ということではあるが。
なんだかねえ~。

白井智之『名探偵のはらわた』

インパクトのあるタイトルだったので読んでみた。
畳み掛けるようなロジックの応酬で、しっかりした本格作品だ。
また、本作では、過去に実在した凶悪事件の犯人が蘇って強行を重ねる、同時に過去の名探偵も蘇るというユニークなSF的要素もある。
ただ、終盤失速。微妙な読後感が残る。
中途半端なままで終わってるんだよなあ。
珍名というか、読み方がわからない人名や地名が多かったのも残念だった。

森村誠一『青春の証明』

森村誠一の代表作ともいえる「証明」三部作の一作だけあって、大変読み応えもあるし、面白い。
終盤のどんでん返し的な要素も意外性があり、何ともいえない読後感を与える。
相変わらず偶然の要素も多いが、「めぐりあわせ」「運命の皮肉」と捉えれば、許容範囲である。

ただ、本作は登場人物が多く、親子2世代が登場する。背景や名前も似ているものも多く、やや混乱しがちになる。
また、戦争中の悲劇として描かれる強烈な事件が、単なるミスリードで、積極的な必要性がなかったのは残念。
そして、犯人逮捕の決め手となる物証の登場の経緯は、謎のままなのだが……。

面白い作品だが、上述のような問題から、傑作とは言い難いかなと、思う。

森村誠一『凍土の狩人』

つまらなくはないし、リーダービリティもある。真相は意外な一面もあった。
しかし、相変わらずとんでもない偶然の要素が多く、不自然極まりない。
偶然の一つは、「恐ろしい因縁」と説明されていたが。
 
また、本作では電話を使ったアリバイトリックが登場する。
そのアリバイ崩しに、停電が使われてるのも、なかなか酷い。
場所・時間ともにピンポイントで停電が起こるこのか。

あと、タイトルも今ひとつ作品にマッチングしてない感じだね。

森村誠一『復讐の花期 君に白い羽根を返せ』

市民が、街を牛耳るヤクザと戦うというもの(新妻を輪姦された復讐劇)。

内容や登場実物の名前や役柄など、『星の陣』に似ているものがある。プロトタイプ的な作品かもしれない。
つまらなくはないが、かなり雑で無理のある作品に感じた。
戦闘の描写は省かれて、いきなり決着がついてるとか。しかも、市民がやたらと強いとか(W

講談社文庫の入った際に、『復讐の花期』と改題された模様。

その他のカテゴリー

【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 (あ行)阿津川辰海 <映画雑談> ★ブログの連絡事項 DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (2019年読了)SF (2019年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2019年読了)ホラー・ファンタジー (2019年読了)ミステリー (2019年読了)ライトノベル (2019年読了)一般小説 (2020年読了)ホラー・ファンタジー (2020年読了)ミステリー (2020年読了)一般小説 (2022年読了)SF (2022年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2022年読了)ホラー・ファンタジー (2022年読了)ミステリー (2022年読了)ライトノベル (2022年読了)一般小説 (2023年読了)SF (2023年読了)ホラー・ファンタジー (2023年読了)ミステリー (2023年読了)一般小説 (2024年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2024年読了)ホラー・ファンタジー (2024年読了)ミステリー (2024年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今村昌弘 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)芦沢央 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)鮎川哲也 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)佐藤正午 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土屋隆夫 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)橘玲 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村京太郎 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (な行)野崎まど (な行)長江俊和 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)森村誠一 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)宿野かほる (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー