無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

★ブログの連絡事項

2018年に読んだ本について

2018年の上半期は比較的読書量が多かったが、下半期に新たにあることを始めたため、失速。2018年読了作品は以下の通り。
2019年も良い本に出会えればと、思う。
(2018年に読んだものなので、古い作品も含みます。ノンフィクションは除く)
-------------------------------------------
■■■■■2018年読了作品■■■■■

太田愛『犯罪者』
知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』
早坂吝『ドローン探偵と世界の終わりの館』
染井為人『悪い夏』
久坂部羊『反社会品』
静月遠火『真夏の日の夢』
天野節子『午後二時の証言者たち』
太田愛『天上の葦』
幡大介『猫間地獄のわらべ歌』再読
太田愛『幻夏』
元少年A『絶歌』
春口裕子『悪母』
村上春樹『1Q84』
村上春樹『レキシントンの幽霊』
白井智之『おやすみ人面瘡』
白井智之『人間の顔は食べづらい』
柚月裕子『最後の証人』
白井智之『東京結合人間』
白井智之『少女を殺す100の方法』
有栖川有栖『狩人の悪夢』
柞刈湯葉『横浜駅SF』
柚月裕子『あしたの君へ』
辻堂ゆめ『いなくなった私へ』
麻耶雄嵩『友達以上探偵未満』
柚月裕子『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』
秋保水菓『コンビニなしでは生きられない』
中山七里『贖罪の奏鳴曲』
遠田潤子『雪の鉄樹』
内藤了『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
中山七里『追憶の夜想曲』
中山七里『恩讐の鎮魂歌』
石川宗生『半分世界』
中山七里『ヒポクラテスの誓い』
内藤了『CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
古橋秀之『百万光年のちょっと先』
内藤了『AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
内藤了『LEAK 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
内藤了『ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
内藤了『ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
内藤了『BACK 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
中山七里『ヒポクラテスの憂鬱』
内藤了『パンドラ 猟奇犯罪検死官・石上妙子』
名梁和泉『二階の王』
内藤了『MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
内藤了『COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』
澤村伊智『ぼぎわんが、来る』
薬丸岳『Aではない君と』
木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』
柚月裕子『孤狼の血』
織守きょうや『記憶屋』
織守きょうや『記憶屋Ⅱ』
内藤了『ゴールデン・ブラッド GOLDEN BLOOD』
織守きょうや『記憶屋Ⅲ』
柚月裕子『検事の本懐』
柚月裕子『検事の死命』
内藤了『鬼の蔵 よろず建物因縁帳』
柚月裕子『臨床真理』
柚月裕子『蟻の菜園 ―アントガーデンー』
倉狩聡『かにみそ』
麻見和史『屑の刃 重犯罪取材班・早乙女綾香』
木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚 負け犬たちの密室』
雫井脩介『引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険』
雫井脩介『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』
麻見和史『沈黙する女たち』
岩城裕明『牛家』
新堂冬樹『痴漢冤罪』
櫛木理宇『侵蝕 壊される家族の記録』
柚月裕子『パレートの誤算』
堀井拓馬『なまづま』
内藤了『首洗い滝 よろず建物因縁帳』
知念実希人『祈りのカルテ』
新堂冬樹『少女A』
内藤了『夢探偵フロイト: -マッド・モラン連続死事件-』
飴村行『粘膜探偵』
大山尚利『紙の眼』
前川裕『クリーピー』
中山七里『ネメシスの使者』
貴志祐介『ミステリークロック』
前川裕『クリーピー スクリーチ』
前川裕『アトロシティー』
浦賀和宏『十五年目の復讐』
深木章子『鬼畜の家』
辻村深月『かがみの孤城』
前川裕『クリーピー クリミナルズ』
周木律『死者の雨: モヘンジョダロの墓標』
内藤了『サークル 猟奇犯罪捜査官・厚田巌夫』
以上、86冊。

G-Tools 終了

本ブログ開設以来、ずーと使用してきたアマゾンのリンク作成ツール「G-Tools」が終了してしまいました。使い勝手が良かっただけに、残念です。

まあ、作者さんも、これでそこそこ儲けてらっしゃったんでしょうが……。
いままで、ありがとうございました。
Gtools

2017年に読んだ本について

昨年同様、今年も本をよく読む時期もあれば、全く読まない(読めない)時期もあり、トータルで78冊と微妙な数となってしまった。
(2017年に読んだものなので、古い作品も含みます。ノンフィクションは除く)
2018年も良い本に出会えればと、思う。
-------------------------------------------
■■■■■2017年読了作品■■■■■
薬丸岳『アノニマス・コール』
大内伸哉『どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 』
島田荘司『アルカトラズ幻想』
薬丸岳『神の子』
うれま庄司『マジカル†デスゲーム』
うれま庄司『マジカル†デスゲーム2』
アダチアタル『ジンクス†ゲーム』
アダチアタル『ジンクス†ゲーム2』
アダチアタル『ジンクス†ゲーム3』
葉真中顕『ロスト・ケア』
島田裕巳『葬式は、要らない』
周木律『不死症』
館淳一『凶獣は闇を撃つ』
周木律『猫又お双と教授の遺言』
笹沢左保『どんでん返し』
霧舎巧『一月は合格祈願×恋愛成就=日常の謎』
大山誠一郎『密室蒐集家』
椙本孝思『露壜村事件 生き神少女とザンサツの夜』
五十嵐貴久『贖い』
笹沢左保『魔性の月光』
大山誠一郎『赤い博物館』
葉真中顕『コクーン』
笹沢左保『遥かなりわが叫び』
葉真中顕『ブラック・ドッグ』
周木律『猫又お双と一本足の館』
大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』
椙本孝思『幻双城事件 仮面の王子と移動密室』
青崎有吾『水族館の殺人』
葉真中顕『絶叫』
天野節子『氷の華』
深水黎一郎『倒叙の四季 破られたトリック』
田中周紀『会社はいつ道を踏み外すのか 経済事件10の深層』
貫井徳郎『壁の男』
貴志祐介『極悪鳥になる夢を見る』
大山誠一郎『仮面幻双曲』
松崎一葉『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』
天野節子『目線』
天野節子『烙印』
ブライアン W.オールディス『地球の長い午後』
薬丸岳『その鏡は嘘をつく』
浦賀和宏『緋い猫』
松本麗華『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』
天野節子『彷徨い人』
中山七里『テミスの剣』
早坂杏『双蛇密室』
秋吉理香子『絶対正義』
秋吉理香子『自殺予定日』
中山七里『さよならドビュッシー』
伊岡瞬『代償』
五十嵐貴久『南青山骨董通り探偵社』
浦賀和宏『ifの悲劇』
高嶋哲夫『富士山噴火』
百田尚樹『カエルの楽園』
住野よる『君の膵臓をたべたい』
中山七里『連続殺人鬼カエル男』
安生正『生存者ゼロ』
奥田英朗『沈黙の町で』
中山七里『切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人』
中山七里『七色の毒 刑事犬養隼人』
百田尚樹『鋼のメンタル』
堂場瞬一『暗転』
カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
安生正『ゼロの迎撃』
神崎京介『化粧の素顔』
安生正『Tの衝撃』
伊岡瞬『教室に雨は降らない』
伊岡瞬『もしも俺たちが天使なら』
伊岡瞬『瑠璃の雫』
真山仁『バラ色の未来』
伊岡瞬『悪寒』
雫井脩介『望み』
柚月裕子『慈雨』
百田尚樹『戦争と平和』
久坂部羊『テロリストの処方』
安生正『ゼロの激震』
薬丸岳『誓約』
浦賀和宏『Mの女』
久坂部羊『老乱』
以上、78冊

2016年に読んだ本について

今年は本をよく読む時期もあれば、全く読まない(読めない)時期もあり、トータルで65冊と微妙な数となってしまった。
(2016年に読んだものなので、古い作品も含みます。ノンフィクションは除く)

2017年も良い本に出会えればと、思う。

-------------------------------------------
■■■■■2016年読了作品■■■■■

島田荘司『幻肢』
笹沢左保『後ろ姿の聖像』
笹沢左保『揺れる視界』
笹沢左保『三人の登場人物』
雫井脩介『仮面同窓会』
久坂部羊『いつか、あなたも』
笹沢左保『セブン殺人事件』
月村了衛『機龍警察 未亡旅団』
真梨幸子『殺人鬼フジコの衝動』
笹沢左保『霧の晩餐』
深町秋生『果てしなき渇き』
笹沢左保『暗い傾斜』
中村淳彦『日本の風俗嬢』
城繁幸『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』
松原邦久『チャイナハラスメント: 中国にむしられる日本企業』
井上真偽『その可能性はすでに考えた』
岡本茂樹『反省させると犯罪者になります』
鈴木伸元『加害者家族』
湊かなえ『夜行観覧車』
東野圭吾『禁断の魔術』
東野圭吾『疾風ロンド』
百田尚樹『永遠の0 』
湊かなえ『白ゆき姫殺人事件』
佐木隆三『復讐するは我にあり 改訂新版』
飴村行『ジムグリ』
東野圭吾『あの頃の誰か』
東野圭吾『虚像の道化師』
貴志祐介『雀蜂』
東野圭吾『ガリレオの苦悩』
百田尚樹『海賊とよばれた男』
百田尚樹『夢を売る男』
月村了衛『土漠の花』
百田尚樹『輝く夜』
濱中淳子『「超」進学校 開成・灘の卒業生: その教育は仕事に活きるか』
笹沢左保『海の晩鐘』
浦賀和宏『彼女が灰になる日まで』
浦賀和宏『究極の純愛小説を、君に』
人生戦略会議『ザ・階級偏差値』
月村了衛『機龍警察 火宅』
梅原涼『お前たちの中に鬼がいる』
由良弥生『大人もぞっとする初版『グリム童話』』
浦賀和宏『ふたりの果て/ハーフウェイ・ハウスの殺人』
吉田修一『悪人』
周木律『猫又お双と消えた令嬢』
遠藤浅蜊『魔法少女育成計画』
雫井脩介『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』
上甲宣之『脱出迷路』
上甲宣之『脱出迷路  呪い二日目』
上甲宣之『脱出迷路  呪い最終日』
井上理津子『葬送の仕事師たち』
早坂吝『誰も僕を裁けない』
三上延『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』
松本清張『黒地の絵』
飴村行『粘膜黙示録』
押川剛『「子供を殺してください」という親たち』
松本清張『駅路』
青崎有吾『体育館の殺人』
重松清『愛妻日記』
松本清張『青のある断層―松本清張短編全集〈02〉』
松本清張『空白の意匠―松本清張短編全集〈10〉』
藍川京『うらはら』
松本清張『鬼畜―松本清張短編全集〈07〉』
百田尚樹『大放言』
笑い飯哲夫『花びらに寄る性記』
笹沢左保『真夜中の詩人』

以上、65冊。

2015年に読んだ本について

近年、読書量が減っていたが、今年は100冊を超えることができた。
これは、コンシューマーゲームのプレイが減ったことが大きい。また、笹沢左保の作品に出会ったのも理由の一つだろう。
10月頃からは、仕事が多忙であったため、ブログの記事がスマホゲームばかりになってしまったが……。
(2015年に読んだものなので、古い作品も含みます。ノンフィクションは除く)

2016年も良い本に出会えればと、思う。

-------------------------------------------
■■■■■2015年読了作品■■■■■

望月守宮『無貌伝 ~奪われた顔~』
望月守宮『無貌伝 ~最後の物語~』 
浦賀和宏『彼女の倖せを祈れない』
浦賀和宏『姫君よ、殺戮の海を渡れ』
土橋真二郎『殺戮ゲームの館』
風森章羽『渦巻く回廊の鎮魂曲 霊媒探偵アーネスト』
道尾秀介『獏の檻』
土橋真二郎『扉の外』
土橋真二郎『扉の外II』
土橋真二郎『扉の外III』
土橋真二郎『演じられたタイムトラベル』
福澤徹三『自分に適した仕事がないと思ったら読む本―落ちこぼれの就職・転職術』
せきしろ、又吉直樹『 カキフライが無いなら来なかった』
麻耶雄嵩『化石少女』
浜尾四郎『殺人鬼』
福澤徹三『廃屋の幽霊』
陳舜臣『枯草の根』   
土橋真二郎『ラプンツェルの翼』   
土橋真二郎『ラプンツェルの翼II』   
土橋真二郎『ラプンツェルの翼III』   
土橋真二郎『ラプンツェルの翼IV』   
土橋真二郎『楽園島からの脱出』   
土橋真二郎『楽園島からの脱出II』   
大阪圭吉『とむらい機関車』   
麻耶雄嵩『さよなら神様』   
藤ダリオ『同葬会』   
山田悠介『93番目のキミ』   
東野圭吾『真夏の方程式』   
藤ダリオ『山手線デス・サーキット』   
大阪圭吉『銀座幽霊』   
風森章羽『清らかな煉獄 霊媒探偵アーネスト』   
石田衣良/睦月影郎/小手鞠るい/南綾子/阿部牧郎/あさのあつこ/三田完/岩井志麻子/前川麻子/勝目梓『10分間の官能小説集』   
貫井徳郎『我が心の底の光』   
天祢涼『セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎』   
角田喜久雄『奇蹟のボレロ』   
夢野久作『瓶詰の地獄』   
宮脇俊三『時刻表2万キロ』   
水無月詩歌『蜜色の秘書室』   
藍川京『いましめ』   
久坂部羊『悪医』   
東川篤哉『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』   
内藤みか/南綾子/小手鞠るい/乾くるみ/草凪優/坂東眞砂子/深志美由紀/前川麻子/睦月影郎/団鬼六『10分間の官能小説集3』   
山田悠介『貴族と奴隷』   
笹沢左保『招かれざる客』   
周木律『眼球堂の殺人〜The Book〜』   
輪渡颯介『古道具屋 皆塵堂』   
夢野久作『少女地獄』   
池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題 (6) 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか? 』
荒木健太郎『雲の中では何が起こっているのか (BERET SCIENCE)』
早坂吝『虹の歯ブラシ 上木らいち発散』
山田悠介『奥の奥の森の奥に、いる。』
周木律『双孔堂の殺人〜Double Torus〜』
周木律『災厄』
藤ダリオ『演葬会』
藍川京『妖女』
麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』
周木律『五覚堂の殺人〜Burning Ship〜』
勝目梓、阿部牧郎、西澤保彦、睦月影郎、藍川京、南綾子、大石圭、蛭田亜紗子、草凪優、平山夢明『10分間の官能小説集2』
笹沢左保『取調室 静かなる死闘』
久坂部羊『嗤う名医』
周木律『アールダーの方舟』
周木律『伽藍堂の殺人〜Banach-Tarski Paradox〜』
風森章羽『雪に眠る魔女 霊媒探偵アーネスト』
小川仁志『超訳「哲学用語」事典』
月村了衛『槐(エンジュ)』   
久坂部羊『第五番』   
リチャード P. ファインマン、大貫昌子(訳) 『ご冗談でしょう、ファインマンさん』   
永田守弘『教養としての官能小説案内』   
月村了衛『機龍警察〔完全版〕』   
笹沢左保『人喰い』   
笹沢左保『結婚って何さ』   
笹沢左保『霧に溶ける』   
周木律『教会堂の殺人〜Game Theory〜』   
笹沢左保『死人狩り』   
笹沢左保『悪魔の部屋』   
月村了衛『機龍警察 自爆条項』   
笹沢左保『アリバイの唄』   
笹沢左保『求婚の密室』   
笹沢左保『他殺岬』   
笹沢左保『突然の明日』   
笹沢左保『空白の起点』
笹沢左保『ふりむけば霧』
井上真偽『恋と禁忌の述語論理』
笹沢左保『悪魔の湖畔』
笹沢左保『泡の女』
向井湘吾『リケイ文芸同盟』
笹沢左保『炎の虚像(火の虚像・改題)』
周木律『暴走』
月村了衛『機龍警察 暗黒市場』
笹沢左保『真昼に別れるのはいや』
中町信『高校野球殺人事件』
早坂吝『RPGスクール』
秋吉理香子『放課後に死者は戻る』
中町信『三幕の殺意』
笹沢左保『不倫岬』
山田悠介『名のないシシャ』
笹沢左保『遥かなりわが愛を』
東野圭吾『虚ろな十字架』
竹内雄紀『日本レンタルパパの会』
笹沢左保『仮面の月光』
河岸宏和『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』
竹内雄紀『悠木まどかは神かもしれない』
竹内雄紀『オセロ●〇』
雫井脩介『検察側の罪人』

以上、104冊。

2014年に読んだ本について

年々、読書量が減っており今年はたったの52冊。電車内で、ほとんど読書をしなくなった影響が大きいか。
(2014年に読んだものなので、古い作品も含みます。ノンフィクションは除く)

2015年も良い本に出会えればと、思う。

-------------------------------------------
■■■■■2014年読了作品■■■■■

丸山天寿『死美女の誘惑 蓮飯店あやかし事件簿』
中町信『死者の贈物』
浦賀和宏『彼女の血が溶けてゆく 』
浦賀和宏『彼女のために生まれた 』
貫井徳郎『北天の馬たち』
『ザ・ベストミステリーズ2013 (推理小説年鑑)』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの推理劇IV』
桜坂洋『All You Need Is Kill』
東川篤哉『殺意は必ず三度ある』
東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』
井上夢人『ラバー・ソウル』
芦辺拓、井上夢人、折原一、霞流一、黒崎緑 、白峰良介、辻真先、山口雅也『探偵Xからの挑戦状! 』
井上夢人『魔法使いの弟子たち』
山田悠介『アバター』(再読)
西村寿行『去りなんいざ狂人の国を』
東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』
長沢樹『消失グラデーション』
香納諒一『心に雹の降りしきる』
山口雅也『謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル) 』
久坂部羊『神の手』(再読)
樋口毅宏『民宿雪国』
新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』
今野敏『転迷 隠蔽捜査〈4〉』
西村寿行『悪霊の棲む日々』
小野真由美『残穢』
伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』
西村寿行『わが魂、久遠の闇に』
西村寿行『癌病船』
西村寿行『母なる鷲』
佐々木譲『警官の条件』
辻村深月『オーダーメイド殺人クラブ』
西村寿行『昏き日輪』
幡大介『猫間地獄のわらべ歌』    
軍司貞則『高校野球「裏」ビジネス』   
西村寿行『汝は日輪に背く』    
島田荘司『星籠の海』    
小泉武夫『人間はこんなものを食べてきた』   
椙本孝思『タイムカプセル』   
西村寿行『幻戯』    
椙本孝思『ミナゴロシ』   
飴村行『路地裏のヒミコ』   
西村寿行『夢想幻戯』    
貫井徳郎『私に似た人』   
深水黎一郎『大癋見警部の事件簿』   
椙本孝思『バジリスク 寄生生物』   
横山秀夫『64(ロクヨン)』   
皆川博子『開かせていただき光栄です』   
早坂吝『○○○○○○○○殺人事件』   
殊能将之『子どもの王様』   
岡嶋二人『チョコレートゲーム』   
川上亮『人狼ゲーム』   
岡嶋二人『三度目ならABC』

以上、52冊。

2013年に読んだ本について

今年は、たったの46冊。ひどすぎる数だ。昨年の59冊から更に減った。ゲームばかりしているせいだが、特に電車内でパズドラに興じてしまったことが大きい。
(2013年に読んだものなので、古い作品も含みます。ノンフィクションは除く)

2014年も良い本に出会えればと、思う。

-------------------------------------------
■■■■■2013年読了作品■■■■■

大山淳子『猫弁』
雫井脩介『途中の一歩』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 VII』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 IX』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 X』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 XI』
森博嗣『朽ちる散る落ちる Rot off and Drop away』
薬丸岳『死命』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 XII』
森博嗣『赤緑黒白 Red Green Black and White』
今野晴貴『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』
貫井徳郎『微笑む人』
倉阪鬼一郎『首のない鳥』
望月守宮『無貌伝 ~探偵の証~』
貫井徳郎『妖奇切断譜』
深水黎一郎『美人薄命』
薬丸岳『逃亡』
貫井徳郎『鬼流殺生祭』
折原一『潜伏者』
折原一『帝王、死すべし』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの推理劇 I』
貫井徳郎『貫井徳郎症候群』「死の抱擁 第一部」
松岡圭祐『万能鑑定士Qの推理劇 II』
折原一『グランドマンション』
松岡圭祐『特等添乗員αの事件簿I』
松岡圭祐『特等添乗員αの事件簿 II』
黒田研二『霧の迷宮から君を救い出すために』
薬丸岳『友罪』
乾くるみ『嫉妬事件』
鮎川哲也編『硝子の家―本格推理マガジン』
奥田英朗『オリンピックの身代金』
鮎川哲也監修・芦辺拓編『少年探偵王―本格推理マガジン』
鮎川哲也編『孤島の殺人鬼―本格推理マガジン』
佐野洋『二人で殺人を』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの推理劇 III』
貫井徳郎『ドミノ倒し』
薬丸岳『死命』
天藤真『陽気な容疑者たち』
藤村正太『孤独なアスファルト』
仁木悦子『黒いリボン』
中町信『十和田湖殺人事件』
鮎川哲也編『鯉沼家の悲劇―本格推理マガジン』
島田一夫『上を見るな』
平山夢明『或るろくでなしの死』
福田和代『怪物』
松本清張『時間の習俗』

以上、46冊。

いまさらながらツイッターへのクロスポストを登録

いまさらながらですが、ツイッターへのクロスポストを登録しました。

2012年に読んだ本について

2012年も今日で最後ということで、今年読んだ本で、良かったものを思い起こしてみようと思う。
今年は、たったの59冊。ひどい数だ。昨年の89冊から更に減った。この15年くらいで、最も本を読まなかった年となってしまった。ゲームばかりしていたり、電車内でスマホを触っていたりと、本を読む機会も、集中力も減ってしまった。当然ブログの更新頻度も落ちてしまった。
(2012年に読んだものなので、古い作品も含みます。ノンフィクションは除く)

2013年も良い本に出会えればと、思う。

-------------------------------------------
■■■■■2012年読了作品■■■■■

アンドリュー・キンブレル『すばらしい人間部品産業』福岡伸一(訳)
森博嗣『恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits』
小林泰三『人造救世主』
小林泰三『人造救世主 ギニー・ピッグス』
小林泰三『人造救世主 アドルフ・クローン』
中村ふみ『裏閻魔』
齋藤智裕『KAGEROU』
ダン・ブラウン『ロスト・シンボル』
東野圭吾『麒麟の翼』
中村ふみ『裏閻魔2』
折原一『漂流者』
島田荘司『ゴーグル男の怪』
倉知淳『なぎなた』
倉知淳『こめぐら』
島田荘司『進々堂世界一周 追憶のカシュガル』
深町秋生『ダブル』
歌野晶午『密室殺人ゲーム・マニアックス』
森博嗣『六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists』
佐々木譲『北帰行』
ロバート・J. ソウヤー『ホミニッド-原人』
佐々木俊尚『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』
ロバート・J. ソウヤー『ヒューマン -人類-』
ロバート・J. ソウヤー『ホミニッド-原人』
ロバート・J. ソウヤー『ハイブリッド―新種-』
貫井徳郎『新月譚』
西村寿行『呑舟の魚』
天祢涼『空想探偵と密室メイカー』
石持浅海『人面屋敷の惨劇』
綾辻行人『奇面館の殺人』
深水黎一郎『人間の尊厳と八〇〇メートル』
小出裕章『原発のウソ』
法月綸太郎『キングを探せ』
麻耶雄嵩『メルカトルはかく語りき』
太田光『マボロシの鳥』
深木章子『鬼畜の家』
貴志祐介『鍵のかかった部屋』
東野圭吾『プラチナデータ』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 I』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 II』
亀田潤一郎『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』
深水黎一郎『言霊たちの夜』
飴村行『粘膜戦士』
桜庭一樹『私の男』
翔田寛 『誘拐児』
法月綸太郎『しらみつぶしの時計』
森博嗣『捩れ屋敷の利鈍 The Riddle in Torsional Nest』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 III』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 IV』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 V』
佐々木正明『恐怖の環境テロリスト』
東川篤哉『放課後はミステリーとともに』
深木章子『衣更月家の一族』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 VI』
貫井徳郎、福田和代、誉田哲也『痛み』
雫井脩介『銀色の絆』
米澤穂信『折れた竜骨』
加藤眞男『ショートスカート・ガール』
松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿 VIII』
辻真先『天使の殺人』

以上、59冊。

2011年に読んだ本について

2011年も今日で最後ということで、今年読んだ本で、良かったものを思い起こしてみようと思う。今年は、89冊を読了した。
今年後半は、ゲームばかりしており、昨年の124冊から大幅に読了冊数が減ってしまった。当然ブログの更新頻度も落ちてしまった。
(2011年に読んだものなので、古い作品も含みます。ノンフィクションは除く)

2012年も良い本に出会えればと、思う。

-------------------------------------------
■■■■■2011年読了作品■■■■■

折原一『被告A』
折原一『逃亡者』
折原一『倒錯のロンド』
折原一『遭難者』
貴志祐介『悪の教典』
折原一『行方不明者』
藤ダリオ『ミステリードラマ』
七河迦南『アルバトロスは羽ばたかない』
越前魔太郎『魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV』
折原一『七つの棺―密室殺人が多すぎる』
三津田信三『首無の如き祟るもの』
折原一『追悼者』
西村寿行『炎の大地』
乾くるみ『スリープ』
島田荘司『写楽 閉じた国の幻』
西村寿行『牙城を撃て』
海老原嗣生『2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本』
椙本孝思『昆虫部』
西野亮廣『グッド・コマーシャル』
西村寿行『裸の冬』
神崎和幸『デシート』
中町信『錯誤のブレーキ』
泡坂妻夫『花嫁のさけび』
深水黎一郎『ジークフリートの剣』
小島正樹『扼殺のロンド』
飯島裕子『ルポ若者ホームレス』
山田正紀『日曜日には鼠を殺せ』
中町信『散歩する死者』
梓崎優『叫びと祈り』
乙一『GOTH  モリノヨル』
飴村行『爛れた闇の帝国』
乾くるみ『セカンド・ラブ』
望月守宮『無貌伝 ~人形姫の産声~』
貴志祐介『ダークゾーン』
京極夏彦『厭な小説』
歌野晶午『舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵』
桜井誠『反日韓国人撃退マニュアル』
叶紙器『伽羅の橋』
歌野晶午『舞田ひとみ15歳、放課後ときどき探偵』
道尾秀介『月と蟹』
高野和明『ジェノサイド』
歌野晶午『ハッピーエンドにさよならを』
野中広務・辛淑玉『差別と日本人』
西村寿行『蒼き海の伝説』
道尾秀介『月の恋人~Moon Lovers~』
エリヤフ・ゴールドラット『ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か』
麻耶雄嵩『隻眼の少女』
山田悠介『復讐したい』
我孫子武丸『さよならのためだけに』
五十嵐貴久『誰でもよかった』
水野敬也『夢をかなえるゾウ』
今邑彩『ルームメイト』
丸山天寿『琅邪の鬼』
森博嗣『黒猫の三角 Delta in the Darkness』
増田美智子『福田君を殺して何になる 光市母子殺害事件の陥穽』
山田悠介『キリン』
貫井徳郎『灰色の虹』
今邑彩『いつもの朝に』
貫井徳郎『光と影の誘惑』
今邑彩『蛇神』
森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』
あさのあつこ『No.6 #9』
今邑彩『翼ある蛇』
今邑彩『双頭の蛇』
今邑彩『暗黒祭』
山口芳宏『100人館の殺人』
友成純一『狂鬼降臨』
朱川湊人『オルゴォル』
詠坂雄二 『乾いた屍体は蛆も湧かない』
山口芳宏『蒼志馬博士の不可思議な犯罪』
望月守宮『無貌伝 ~綺譚会の惨劇~』
広瀬隆『東京に原発を』
アゴタ・クリストフ『悪童日記』
池上彰『伝える力』
恒川光太郎『竜が最後に帰る場所』
道尾秀介『カササギたちの四季』
誉田哲也『感染遊戯』
丸山天寿『琅邪の虎』
天祢涼『闇ツキチルドレン』
森博嗣『人形式モナリザ Shape of Things Human』
森博嗣『月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks』
梅原克文『心臓狩り①移植された悪夢』
梅原克文『心臓狩り②シャーマンの一族』
梅原克文『心臓狩り③異形の領域』
丸山天寿『咸陽の闇』
森博嗣『夢・出逢い・魔性 You May Die in My Show』
森博嗣『魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge』
五十嵐貴久『サウンド・オブ・サイレンス』
石持浅海『耳をふさいで夜を走る』

以上、89冊。

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー