無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

【おすすめアニメ&ゲーム】

おすすめゲーム『ときめきメモリアル』『ときめきメモリアル2』

ものすごく前に、おすすめゲーム『ときめきメモリアル ドラマシリーズ』という記事を書いた。
そして、本編については、敢えて触れなかった。
しかし、やはりこの作品はここできちんと紹介すべきだと思いなおした。

『ゼルダの時のオカリナ』が3Dアクションアドベンチャーのそれと同じで、ギャルゲーの起源にして頂点であると思う。

・ゲームシステム(ミニゲーム含め)
・隠しキャラ(館林)の存在や伊集院攻略の意外性
・楽曲の素晴らしさ(EDの「二人の時」は最高)
・キャラクタービジネス展開

などが、いまでも伝説的に凄いと思う。当初、「キモッ!」と思ったし、キャラデザ(髪の毛の色とか)が好きでなく手をださなかったが、食わず嫌いであった。
それで、「ときメモ」=「きらめき高校」=「藤崎詩織」という盤石な構図が完成したなか、リリースした「ときメモ2」。舞台とキャラ設定変えちゃったのだが、期待を裏切らない出来だった(「アイマス」はキャラを変えなかったのがまた凄い)。主人公の「陽ノ下光」の完成度と楽曲の素晴らしさは1作目に劣らない。プレイヤーの名前を読み上げる新しい試みも面白かった。
ただ、「ときメモ3」以降はダメダメだったが……。

最近ではスマホでも「ときメモ」の名を冠したゲームが出ているようだが……。コナミという会社自体が終わってる感があるので、きっとゲームもダメだろう。

古さは感じるだろうが、未プレイの人は『ときめきメモリアル』『ときめきメモリアル2』に触れてほしい。ドラマシリーズもぜひ。

ときめきメモリアル~Forever with you~ ときめきメモリアル~Forever with you~

コナミ  1995-10-13
売り上げランキング : 9080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ときめきメモリアル2 (限定版) ときめきメモリアル2 (限定版)

コナミ  1999-11-25
売り上げランキング : 25297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

たまには、ドリームキャストの名作ゲームについて語るか①

最近、やや忙しいため、あまり本を読めず。
ということで、たまにはドリームキャストの名作ゲームについて語ってみようと思います。

私がドリキャスを買ったのは、ファミマ。コードベロニカとセットで、確か18000円という爆安価格で販売されていたのを見かけ、即買した。
化粧箱は湯川専務。
ドリキャスは、コントローラーが糞とか、ピーとうるさいとか、いろいろ残念な点も多いが、同世代のゲーム機(PS2、GC)の中ではトップクラスの性能(たぶん)を持ち、面白いソフトも多い。

で、具体的にゲームについて語ろうと思って、記事を書いたのだが……。
某ソフトの糞動作によって、記事データが消えてしまった。
同じことを書く気力はないので、とりあえず神動画を貼り付けて、今回は終了とする。そのうち書きます。

おすすめゲーム『平成 新・鬼ヶ島』

バーチャルコンソールでの配信が始まったということで紹介。
私がこのソフトをプレイしたのは、ディスク版の『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』でである。
(後に、リメイク(移植)版である『平成 新・鬼ヶ島』もプレイした)

当時、RPGが主流でなかったこともあり、私はアドベンチャーゲームが一番好きだった。
本作は、ディスクシステムの大容量を生かしたアドベンチャゲームとして登場。
ユーザーの満足度の高い作品に仕上がっていた。

とにかく、ストーリーがいい。
いろんな昔話をモチーフにしているのだが、メインプロット(桃太郎+かぐや姫)自体がしっかりしているので、ゴチャ混ぜ感はない。全体としてすっきりとしている(まとまりの良さを感じる)。
終盤の戦闘シーンは盛り上がるし(しかも怖い)、最後の最後には少しホロリとする場面もある(エンディングの草に覆われた坂道、そしておじいさん、おばあさん……。このシーンは一生忘れることはないだろう)。

全体的なアートワークというか、キャラクターデザインもいい。
近藤浩治による音楽も最高である。
今、プレイすると、簡単で、内容的にもあっけないと感じてしまうかも知れない。
だけど、未プレイの人には一度試してもらいたいね。
※ファミコンミニで発売されたので、やってる人結構いるのかな?

ちなみに、語り手である「いったいさん」であるが、当時の任天堂の広報としてメディア露出が多かった人(確か、今西さん?)をモチーフにしていると勝手に解釈し続けている。

本作に限らず、任天堂はアドベンチャー作品でもレベルが高い。特にディスク時代の『ふぁみこんむかし話 遊遊記』『タイムツイスト 歴史のかたすみで…』『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』『ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女』などは、ゲーム、いやエンターテインメントの歴史に残るといってもよいくらいの素晴らしい作品と思う。

ファミコンミニ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前後編
ファミコンミニ ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島 前後編
おすすめ平均
stars遊遊記は?タイムツイストは?
stars昔話のごった煮のような贅沢なゲーム。突然のゲームオーバーがやや理不尽だが・・・。
stars教えて下さい
stars懐かしさと難しさと
starsディスクシステムの名作のひとつ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おすすめゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズ

ポケモン人気にあやかって作られたドラクエのスピンオフ作品である。
本シリーズの1作目、2作目は、ゲームボーイ用ソフトとして発売された。
ポケモン未体験でかつモンスター集めに興味がない私には食指が動くものではなかった。
また、1作目、2作目では「不思議なダンジョン」のようなランダムダンジョンを採用している。当時「不思議な~」も未体験だったことも作用し、まったくの関心外だった。

それから数年後、なんとなく暇つぶしとしてプレイしたリメイク版(PS)。
これが激しく面白かった。
やめ時が見いだせなく、延々と続けてしまう。
あのラーミアが敵として出てきたり(仲間にできる)、いろんなイベントがあったりと、飽きさせない作りとなっている。
「ジョーカー2」の発売まで待ちきれないという人、DQ9には飽きたという人で、まだ未プレイの人は是非試してほしい。

●ドラゴンクエストモンスターズ1・2 星降りの勇者と牧場の仲間たち
リメイク版。オリジナル版(GB版)の1と2をパッケージング。
間違いなくオススメできるゲーム。準神ゲー。

ドラゴンクエストモンスターズ1・2 星降りの勇者と牧場の仲間たち
ドラゴンクエストモンスターズ1・2 星降りの勇者と牧場の仲間たち
おすすめ平均
stars新型PS3でも動作OK
starsまぁ、面白い
starsDQMの理想像
stars好きなモンスターを最強に出来る。
starsおもしろい!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート
1作目2作目とは違うタイプの作品だが、これはこれで面白い。 ストーリー性が強い。DQ2ファンなら試してみて。

ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート
ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート
おすすめ平均
stars…モンスターズ?
stars良かった点
starsコレはコレでアリ。だが『DQM』ではない
starsやっつけ仕事だ
starsひまつぶしとして懐かしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー
ネットなどでは酷評されているが、そこそこ面白かったと思う。
少なくとも、DQ9や、先程発売されたDQ6(リメイク)よりは、いいと思う。
※オリジナル版は2006年に発売。結構前なんだね。

アルティメットヒッツ ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー
アルティメットヒッツ ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー
おすすめ平均
starsやらない方がいいかも
starsプレイ時間、700時間。
starsドラクエの行方を狂わせた作品…
starsいろいろ批評がでてるが、個人的には面白い
starsイライラするのぉ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
期待の新作。来期のスクエニの重要な弾だ。

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
スクウェア・エニックス 2010-04-28
売り上げランキング : 3


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おすすめアニメ 『ふしぎの海のナディア』(再び)

以前おすすめアニメとして、『ふしぎの海のナディア』を紹介しました。
大きな作品だけに関連商品もたくさんあるのですが、その極めつけともいうべきなのが『ふしぎの海のナディア バラエティビデオ』(VHS、LD)です。

スタッフ&キャスト(声優)が登場しているもので、インタビュー、アフレコ風景、挿入歌などが収録されています。まだにヲタ向けですね。

正直、このビデオを見るまでは、「庵野、ハア?」という感じでした。
(よほどのことが無い限り、テレビアニメの監督の名前などチェックしません)。

しかし、このビデオは庵野が主役といっていいような内容。
(当時から)アニメ業界で注目されている人なんだな、と思いました。
そして、エヴァが生まれるわけですが……。

ナディアファン、エヴァファンなら、見てみると面白いかも知れません。
ただし、入手困難です。視聴するには、ヤフオクで入手するか、レンタルビデオ店をチェックするかないでしょう。

以下、『ふしぎの海のナディア バラエティビデオ』より数シーン引用紹介。

↓「魂」について語る庵野監督(若いね)
Nad01

↓「レッツ・ゴー・ジャン君」を手旗信号風の痛い振り付きで歌う日高のり子。
Nad02

↓「はじめての恋」を歌う二人。ファミレスで歌詞を考えたそうです。
Nad03

↓キャラデザの貞本さん。真面目な感じ。この人が綾波レイの生みの親である。Nad04

↓関連商品。

ふしぎの海のナディア ミュージック・ビデオ [DVD]
ふしぎの海のナディア ミュージック・ビデオ [DVD]
おすすめ平均
stars映像と音楽のシンクロ率が高い。
stars曲と選択シーンのシンクロは、エヴァー同様に完璧
starsナディアならではの企画DVD

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おすすめゲーム『ときめきメモリアル ドラマシリーズ』

(DSでコナミから『ラブプラス』というソフトが発売になる。それにちなんで……)
かなり古いんだけど、コナミから発売されたクオリティの高いドラマゲーを紹介。
プレイした経験は無くとも、多くの人がその存在を知っていると思われるギャルゲーの元祖『ときめきメモリアル(ときメモ、ときめき)』。
ゲームだけでなく、音楽CD、ドラマCD、書籍、映像作品と展開し、いずれも成功を収めた。

そんなときメモ、私も当初は避けていた。いやむしろバカにしていた。
が、プレイしたら、見事に大ハマリ。
で、いろいろ痛いものを買ってコナミにお布施をしてしまったわけだが、そのときメモシリーズの中でも、屈指の出来といえるのが、この「ときめきメモリアル ドラマシリーズ」である。製作総指揮は、小島秀夫が担当している(実際の制作も現・小島プロのスタッフ)。
※ポリスノーツファンならやるべし。

本シリーズは、本編で人気の高いキャラを主人公として作られたもので、全3作ある。
いずれも、クオリティの高いシナリオ、音楽、ついはまってしまうサブゲームを楽しめる。
ときメモという看板を背負っているため、当然にファンでないと手を出さないような作品ではある。しかし、本編なしで、このシリーズだけで完結しても良いといいきれるほどの出来である。「ときメモ」だからとして避けたり、「ギャルゲー」と決めつけ、プレイしないのは損をするといってよい。
とにかく、本シリーズは「ギャルゲー」ではなく、青春モノの良質なドラマである。
誰もが、こんな高校時代を過ごしてみたかったと思うはず。


●人気NO1だった虹野沙希主演。サッカー部の青春物語。

ときめきメモリアル ドラマシリーズ Vol.1 虹色の青春 PS one Books
ときめきメモリアル ドラマシリーズ Vol.1 虹色の青春 PS one Books
コナミ 2003-09-18
売り上げランキング : 17576

おすすめ平均 star
star青春です!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●なぜか人気があった片桐綾子主演。バンドを結成する話。ギターゲームを楽しめる。

ときめきメモリアル ドラマシリーズ Vol.2 彩のラブソング PS one Books
ときめきメモリアル ドラマシリーズ Vol.2 彩のラブソング PS one Books
おすすめ平均
starsEDテーマに驚きを覚えました
starsん~・・・
starsこれは単なるギャルゲーではありません!ドラマです!
starsあんまりギャルゲーしてないところが好きです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●大本命、藤崎詩織主演。「卒業」がテーマ。切ない。泣ける。パッケージイラストの「がんばって!」って言ってる(応援している)みたいのが、いいねえ。

ときめきメモリアル ドラマシリーズ Vol.3 旅立ちの詩 PS one Books
ときめきメモリアル ドラマシリーズ Vol.3 旅立ちの詩 PS one Books
おすすめ平均
starsドラマシリーズの集大成
starsただ涙涙涙・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓おまけ。フルボイス仕様。女の子がプレイヤーの名前を声に出すそうです。

ラブプラス
ラブプラス
おすすめ平均
starsすみません、その日は彼女の誕生日なんですよ('・∀・`)
stars久しぶりに!
starsまったく、業が深いな……
starsキャラクター。
starsこの手のキモヲタゲーは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絶対観て損なしの映画
「大長編ドラえもんシリーズ」⑤※30代懐古厨向け

番外編です。
(著作権的にどうなの?と思って自重してましたが、参考用として貼り付けておきます。
そのうち消されるでしょう)

************************************

これはダメです。本当に泣けます。
武田鉄矢はいい仕事をしたなぁ。

************************************

************************************

フィギュア:きれいなジャイアン販売サイト
http://www.bearbrick.com/wf2008w_1/

買おうかと思いましたが、5000円もするのでやめました。

************************************
最後に。

今回の一連の記事を書いたあとで知ったのですが、
本日、2009年3月7日から、

「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」

が公開されるんですね。
時代の流れだから仕方ないと思いますが、なんとも複雑。
ちなみに、脚本は真保裕一。

※このタイミングでこの一連の記事をUPしたのは、偶然です。

絶対観て損なしの映画
「大長編ドラえもんシリーズ」④※30代懐古厨向け

絶対観て損なしの映画「大長編ドラえもんシリーズ」③の続きです。

⑤ ドラえもん のび太の魔界大冒険
「もしもボックス」で出現させた魔法の世界が舞台。この設定自体がすごいですよね。
やや難易度が高いというか、玄人向けの異色作といえるのかも知れません。
藤子先生らしい作品だと思います。

ラスボスの正体が素晴らしいですね。

映画ドラえもん のび太の魔界大冒険 [DVD]
映画ドラえもん のび太の魔界大冒険 [DVD] 藤子・F・不二雄

おすすめ平均
starsキョンキョンによる主題歌の「風のマジカル」が聞けないのがイタイ!
starsドラえもん映画中 屈指の名作 大人が見ても十分楽しい
stars鉄人兵団と並ぶ名作です。
starsたかが漫画。されどドラえもん。
stars大好き!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

⑥ ドラえもん のび太の恐竜
記念すべき第1作です。
のび太の真似をして、化石探しをしようと思った人もいるのではないでしょうか?
私は、これ以来、化石好きになりました。

ピー助との別れは泣けます。これは泣いていいと思います。

映画ドラえもん のび太の恐竜 [DVD]
映画ドラえもん のび太の恐竜 [DVD] 藤子・F・不二雄

おすすめ平均
stars記念すべき1作目
starsとても懐かしく、また涙しました
stars文句なしに★5です。これぞドラえもん!!
stars記念すべき第1作
stars懐かしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

⑦ ドラえもん のび太の宇宙小戦争
単に宇宙戦争とせず、スモールライトで小さくなった状態で宇宙人と戦う設定にしたのが凄いですよね。

本作の導入部で、スネ夫がSF映画を撮影するシーンが出てくるのですが、私はそこがとても好きです。特に原作版。いかにも「スネ夫の遊び」という感じで(W

私的には、いまいち印象が薄いのですが武田鉄矢が歌う「少年期」はかなり人気があるようです。

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ) [DVD]
映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ) [DVD] 大山のぶ代, 小原乃梨子, 肝付兼太, たてかべ和也

おすすめ平均
stars宇宙映画として成り立つ
stars素晴らしい映画です
starsスネちゃま
stars「少年期」を聞いて酔いしれよ!!!
stars改めて

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


⑧ ドラえもん のび太と竜の騎士
本作は地底世界が舞台。このあたりから、だんだんネタが苦しくなった感がありました。私が、コロコロで原作を読んだのもこの作品が最後でした。

恐竜絶滅の謎にせまった、藤子先生のSFへの挑戦は素晴らしいと思います。

劇場版ドラえもん のび太と竜の騎士 [DVD]
劇場版ドラえもん のび太と竜の騎士 [DVD] 藤子・F・不二雄

おすすめ平均
starsなんという傑作!
starsいぶし銀
stars伏線の回収の仕方は神業
stars恐竜絶滅の謎
starsたかが漫画。されどドラえもん。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どの作品もストーリーの完成度が非常に高いです。
また、レベルの高いSF的アイデアが入っているあたりが素晴らしいです。
そして、作品ごとに登場するゲストキャラとの別れのシーンは本当に泣けます。

■映画ドラえもんのサイトで、過去の作品の予告編が視聴できます。
http://www.dora-movie.com/top.html

■ドラえもん映画作品の中で最高傑作は?
http://www.yoronchousa.net/result/757

絶対観て損なしの映画
「大長編ドラえもんシリーズ」③※30代懐古厨向け

絶対観て損なしの映画「大長編ドラえもんシリーズ」②の続き。

私が好きな初期8作を、私的ランキングの順に紹介します。

上位3作は、泣ける作品でもあります。

① ドラえもん のび太の宇宙開拓史
長編第2作目は、未開の惑星が舞台。のび太の部屋の畳が宇宙船と繋がるというのは、「机=タイムマシン」のアイデアを応用したものですね。

1作目の『のび太の恐竜』は、元々中編であった気がしますので、本作が本当の意味で長編の1作目であり、シリーズの大枠を確立させたものといえると思います。明確な「敵」も置かれましたしね。

ラストの別れのシーンは本当に泣けます。名曲「心をゆらして」がかかる中、クレムがのび太にあやとりをして見せる場面は号泣ものです。永遠に会えなくなるわけですからね。「ドラえもん」っていいな、と本当に思う瞬間です。

ちなみに、テレビで初放映された際、番組最後にビデオのプレゼントがありました。私は、それをメモして、ハガキを30枚書いた記憶があります。当たりませんでしたが。

映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史 [DVD]
映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史 [DVD] 藤子・F・不二雄

おすすめ平均
starsドラえもん映画史上1・2位を争う名作
stars藤子先生だからこそ作れた作品
stars藤子先生だからこそ作れた作品
starsドラえもんは文化だと思います。
stars心をゆらして・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

② ドラえもん のび太と鉄人兵団
当初、この作品を見くびっていました。「ロボット」というのが、子供心にも幼稚に感じたからです。
しかし、実際見ていると、ロボット「ザンダクロス」のデザインがなかなかカッコいい。
内容的にも硬派でビックリ。ロボットによるユートピアをつくろうとした科学者、その科学者の思惑に反して、人間の奴隷化をたくらむロボットたちと……。

本作もラスト、リルルとの別れのシーンから「天使になった」リルルが登場するエンディング(スタッフロール)は泣けます。主題歌「わたしが不思議」が涙を誘います。ハンカチが必要でしょう。
そのシーンを思い出しながら記事を書いているだけで、泣けてきました。

鏡面世界で、商品を持ち出し放題の無人のスーパー、そしてバーベキューを楽しむ戦い前夜のシーンも思い出深いです。ちなみに、そのシーンでは「のび太の恐竜」の主題歌「ポケットの中に」がかかります。

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 [DVD]
映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 [DVD] 藤子・F・不二雄

おすすめ平均
stars下手な映画見るよりも◎
stars涙、涙、感動…
starsドラえもんは最後の5分〜エンドロールの素晴らしさ!!
stars星5つじゃ全然足りない!
starsドラ「黄金期」最後の傑作がこれ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

③ ドラえもん のび太の大魔境
最近、Googleマップで未開の地を発見というニュースがありましたが、思わず「ヘビースモーカーズフォレスト」を思い出してしまいました。

本作での泣けるシーンは、ペコのために、ジャイアンが立ち上がるシーン。最後に一番の弱虫のスネ夫がやってきて、皆が立ち向かうところは、最大の見せ場でもあります。ここでかかる主題歌「だからみんなで」がまた素晴らしい。

ペコというネーミングも好きですね。

映画ドラえもん のび太の大魔境 [DVD]
映画ドラえもん のび太の大魔境 [DVD] 藤子・F・不二雄

おすすめ平均
starsこれぞドラ映画
stars今回の主役はズバリジャイアン
starsたかがマンガ、されどドラえもん
starsジャイアンとスネ夫アミーゴ
starsやはり面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

④ ドラえもん のび太の海底鬼岩城
ややマイナーな道具であった「テキオー灯」が主役になった映画ですね。子供には、「適応」という言葉がやや難しかったです。

ムー伝説やバミューダ三角海域の話を取り込んでいるあたり、ワクワクさせられました。

しずかとバギーとのやりとりが印象深いですね。バギーのじゃべりは今でも頭にこびりついています。
たしか、ラストは海上に5人が並ぶシーンだったと思います。あれ、凄くよかった。

宇宙、ジャングル、そして海ときた。じゃあ、次はどこが舞台になるのだろう?なんて、この頃から考え始めるようになりました。

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 [DVD]
映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 [DVD] 藤子・F・不二雄

おすすめ平均
starsドラ「黄金期」を代表する作品
stars(当時)子供だった私ですら感動の涙を流しました!!
stars青い海に癒されました
starsバギーはそんな悪くないよ(;_;)
stars優しさが変える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※さらに続く。

絶対観て損なしの映画
「大長編ドラえもんシリーズ」②※30代懐古厨向け

絶対観て損なしの映画「大長編ドラえもんシリーズ」①の続き。

さて、第1期、その中の初期10作に話を絞りましょう。
(原作も素晴らしいのですが、ここでは映像作品について語ることとします)

初期10作というのは、

第1作 ドラえもん のび太の恐竜
第2作 ドラえもん のび太の宇宙開拓史
第3作 ドラえもん のび太の大魔境
第4作 ドラえもん のび太の海底鬼岩城
第5作 ドラえもん のび太の魔界大冒険
第6作 ドラえもん のび太の宇宙小戦争
第7作 ドラえもん のび太と鉄人兵団
第8作 ドラえもん のび太と竜の騎士
第9作 ドラえもん のび太のパラレル西遊記
第10作 ドラえもん のび太の日本誕生

です。
ちなみに、私がリアルに劇場に行ったのは6作目「宇宙小戦争」まで。コロコロで原作を読んだのは8作目「竜の騎士」までです。

この10作に対して私的なランキングは、以下のようになります。

① ドラえもん のび太の宇宙開拓史
② ドラえもん のび太と鉄人兵団
③ ドラえもん のび太の大魔境
④ ドラえもん のび太の海底鬼岩城
⑤ ドラえもん のび太の魔界大冒険
⑥ ドラえもん のび太の恐竜
⑦ ドラえもん のび太の宇宙小戦争
⑧ ドラえもん のび太と竜の騎士
⑨ ドラえもん のび太の日本誕生
⑩ ドラえもん のび太のパラレル西遊記

皆さんはどうでしょうか?
8作目以前は、甲乙つけがたいという感じです。
(9作目以降はテレビ放映で見ただけで、いまいち思い入れがありません)

ちなみに、wikiによると『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』は、先生が入院中で執筆していないそうです。ちょうど私がコロコロ読者を卒業したタイミングとシンクロしています。

※次回に続きます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー