無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(2007年読了)ライトノベル

西尾維新『ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹』

戯言シリーズ第5作目。
ボリュームはあるが、2作目や3作目に比べると、かなり読みやすい。

『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄』にも登場した看護師さん(形梨らぶみ)は、いい味出している。

かなりアンチミステリ色がより濃くなった本作は、次作以降から始まる完結編への前置き的な位置づけということでいいのかな?(日本語が変だなあ~)

にしても、登場人物が死にまくるなあ~。

ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社ノベルス)
ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社ノベルス) 西尾 維新 take

おすすめ平均
stars雰囲気が違う
stars戯言シリーズ史上最高の出来
stars死ねるから生きている
stars彼の本当の気持ち
starsロイヤルサルーンと掛けまして…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西尾維新『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄』

比較的読みやすいのに、ダラダラと時間をかけて読んでしまいました。

謎がいっぱい残りましたね。
ま、1作目的などんでん返しもあって、まあよろしいんじゃないでしょうか。

ところで、このシリーズはイラストがなかなかいいですね。これも成功の大きな要因でしょうね。

サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)
サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス) 西尾 維新 take

おすすめ平均
starsむむむ・・・
stars下巻からが面白い
starsサイコロジカル上下
stars男の子なら
stars第四巻の下巻です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑熱心なファンの方々のAmazonでのマンセーっぷりはややキモい。おっと、失礼。

西尾維新『サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し』

最初の部分は繰り返して読まないと理解しがたいが、それ以降はかなり読みやすい。
玖渚友がかなりおしゃべりというか、しっかり主張してるなぁと感じた上巻でございました。

サイコロジカル〈上〉兎吊木垓輔の戯言殺し (講談社ノベルス)
サイコロジカル〈上〉兎吊木垓輔の戯言殺し (講談社ノベルス) 西尾 維新 take

おすすめ平均
stars会話の奥
stars下巻を読んでもう一度上巻を読む
starsムズかしおもしろい
starsこの人……最高っ!!
stars肩の力が抜けて逆にミステリとして面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西尾維新『クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子』

登場人物表に罠がある(W

一姫や「ぼく」や思考・行動はわかりづらい。しかし、ミステリとしても戯言としても、前作よりはまとまりはいいのかも知れない。

クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)
クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス) 西尾 維新 take

おすすめ平均
starsおもしろいぢゃないか……西尾維新。
stars謎の話
stars内容が薄く感じてしまう
starsベストコンビ☆
stars快調に飛ばす「青春エンタ」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』

ラノベ(系ミステリー)の頂点ともいえる本作は第23回メフィスト賞受賞作。
全9巻からなる戯言シリーズの第一作でもある。
本作については、かな~り前に読んだことがあるため、今回は再読だったりする。
※シリーズ通して全部読んでみようかと思ったので

戯言使いこといーちゃんの内面描写は、さっぱりわけがわからない。けど、このわからなさ具合が、カッコいいと勘違いされて、大ヒットにつながったんですかねえ(W

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス) 西尾 維新 take

おすすめ平均
starsキャラは立っているが、それだけ
stars天才が多く登場する割りに事件の概要は普通そのもの
starsミステリーの醍醐味をライトノベルで味付けしたレベルの高い作品
stars何回も読めます!
starsライトノベルの枠を超えた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■戯言シリーズ一覧(全9巻)
『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』
『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』
『クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子』
『サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し』
『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄』
『ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹』
『ネコソギラジカル(上) 十三階段』
『ネコソギラジカル(中) 赤き征裁 vs. 橙なる種』
『ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い』

谷川流『涼宮ハルヒの分裂』

前作を読んでから9ヶ月近く経っており、サブキャラやサブエピソードについて記憶がしっかりしていないため、しばしば「あれ、何だっけ?」などと、思いながら読んだ。

本作から、高校生活2年目の開始である。多くの新キャラが登場することもあり、まさに「第二シーズン開始」といった様相である。また、本作はシリーズ全体として見た場合、大きな「展開」地点を持っているといえるかもしれない。
ただ、この1冊だけを取り上げて見た場合、起承転結の「起」のままで終わるため、面白いとはいいがたい。新キャラ登場にともなう説明的な要素も多く、またストーリー自体に動きがないため、退屈さとテンポの悪さを感じる。そのためか、ビミョウに読みづらい気もした。
※プロローグ長すぎ&α、βの2つのパラレルな物語が、謎のまま終わるし。
   いろいろ調べたら、次巻『涼宮ハルヒの驚愕』とあわせて、前後編という構成をとっているらしい。
  次巻が出てから読めば良かった。大後悔。というか、ちょっとひどいな。

しかし、相変わらず、地の文の軽妙さは素晴らしい。
電気屋の蛍光灯売り場のような笑顔で
深海から汲み上げたばかりの海水のような目で
歩くマイナスイオン発生器
三重連星のように輝く核融合じみた笑顔
巣穴に戻ったシマリスが拾ってきたクルミを置くように鞄を下ろし
思わず内鍵をかけて独り占めしたくなるような笑顔
などのように、ハルヒやみくるの表情に対する比喩表現はとても良い。

ところで、この作品は、どこまで構成を練り込んで作ってるのかねえ?
たぶん、アニメ化以前の多くの部分は、基本的に後付で物語が作られていたはずだと思う。
アニメについていえば(見てないけど)、その後付なストーリー構成を逆手にとり、時系列を崩したままにしたのも、ヒットした理由の一つであるようだが……。

今回、SOS団のライバル的存在が登場した。
宇宙人関連でいうならば、今までは朝倉涼子のように、「情報統合思念体」内での対立するものが敵として登場してきたが、今回はそれとは別に「天蓋領域」から周防九曜という遣わされてきた。
わざわざ新しいキャラを作ってまで、これ以上話を膨らませなくてもよいと思うのだが(藤原も九曜も前もって、登場への伏線は打たれているが)。

ドル箱の人気シリーズであるがため、まだまだ続くんだと思うが(もしかしたら、高校生活をフルに描くか? 3年目はみくるが卒業してしまうので、留年させるとかして)、適度なところで終了してほしいなあと思う。ドラゴンボールのように、止めどきを見誤らないでほしい。

涼宮ハルヒの分裂
涼宮ハルヒの分裂 谷川 流 いとう のいぢ

おすすめ平均
stars消化不良
stars次巻に続く
stars新展開のハルヒシリーズ!さぁこれからどうなる!?
stars滲み始めてゆくシリアスな展開
starsまあまあ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本作には、エラリー・クイーンの国名シリーズうんぬんだとか、『匣の中の失楽』からインスパイアされたっぽいセリフあり。ミステリファンなら、ちょっと嬉しいかも。

↓以下、「驚愕」用メモ。

続きを読む "谷川流『涼宮ハルヒの分裂』" »

あさのあつこ『NO.6♯2』
あさのあつこ『NO.6♯3』
あさのあつこ『NO.6♯4』
あさのあつこ『NO.6♯5』

ラノベというか、講談社の「YA! ENTERTAINMENT」というレーベルの作品。

実は、 『僕たちには野菜が足りない』と同時並行で読んでいた。こちらは、比較的面白いね。これは小説という形式よりも、マンガでイッキに読みたい作品な気がする。

1作目『NO.6♯1』を読んだ時、いろいろ設定的なことで文句をつけたけど、ある程度は説明もされていた(あくまでもある程度だが)。

エンタテインメントとして楽しめることは間違いない。NO.6や寄生蜂という大きな謎が隠されているので、読者を牽引する力はある。ただ、設定やストーリーは「近未来・管理社会モノ」の型通り、キャラ造形もありきたりな感がある。

また、2作目から5作目にかけてストーリー展開が遅すぎる。
同じようなことで、登場人物が何度も何度も葛藤を繰り返している。ややうんざり気味。
主人公の紫苑が、優等生的キャラなので仕方ない部分もあるが……。

加えて、本作のテーマ性に関わる部分ではあるが、「人種や貧富の差があっても、同じ人間なんだよ」なんていう文章とか、いろんな意味でちょっとつらいものがある。読者が10代前半ならよいと思うけど。

そうそう、「あとがき」も蛇足。なんで、制作秘話=「内輪話」をやりたがるのか?
それに、エンタメのあとがきで、「戦争がどーのこーのとか、飢餓や差別がどうとか」みたいなことは書かない方が良いと思いますけど。
そういう気持ちで書いたのはわかるけど、そういうのは雑誌のインタビューとかでやってくれ。
まあ、本人「♯4」執筆時にそれに気づいたようで、あとがきは「♯4」で終わりとなったが。

と、まあいろいろアンチなことを書きましたが、続きは楽しみにしてますので、早く仕上げてもらいたいところです。

この作品、それなりにファンがついてると思うわけですが、紫苑とネズミのやおい本とか出てたりするのかな?

あ、もう一つ文句。本文で写真を使用したセンスには疑問を感じる。なんか、違う気がするんだけどね。

なんだか、最近、文句ばっか垂れちゃって、すいません。

NO.6(ナンバーシックス)#2 NO.6(ナンバーシックス)#2
あさの あつこ

講談社 2004-02
売り上げランキング : 15304
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
No.6 (#3) No.6 (#3)
あさの あつこ

講談社 2004-10-09
売り上げランキング : 15534
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
No.6 (#4) No.6 (#4)
あさの あつこ 影山 徹 北村 崇

講談社 2005-08-23
売り上げランキング : 18831
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
NO.6(#5) NO.6(#5)
あさの あつこ 影山 徹 北村 崇

講談社 2006-09-12
売り上げランキング : 13526
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

浅沼公太『ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson1:それ絶対植えてみよう!』
浅沼公太『ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson2:地獄の沙汰も蕎麦次第』
浅沼公太『ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson3:いま、食べにいきます。』
浅沼公太『ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するFinal-lesson埋め間違えたタイムカプセル』

やたらとタイトルが長くなりました(W

さて、『月は無慈悲な夜の女王』を挫折したことから、読みやすい本をと思いラノベを読むことにした。図書館のラノベコーナーに行き、インパクトのあるタイトルにひかれて本作を選択。表紙がアレだけに、借りるのが非常に恥ずかしかった。

農業をテーマとした、SF学園ラブコメディ。

読みやすいけど、なんだかページを繰る速度が出ず、読了するのにやたらと時間がかかった。1巻目の途中でやめようかとも思ったけど、一応全作(4冊)読んだ。

ベタベタな話です、ただそれだけ。というか、質の低いアニメの原作風ですな(ファンの方には申し訳ないけど)。
この程度でよいのか?集英社のラノベは?あまり絵も好きになれないし……
作者以上に、編集者を鍛えないとだめだろうな、こりゃ。
あとがきに、制作秘話みたいのが書いてあるだけに、余計に思う。

きっとハルヒを目指したんだろうけど……。ラノベってどれもこんなもんなのかも知れないなぁ~と、ある意味勉強になりました。

そう考えると、西尾維新とか谷川流はすごいわ。

とにかく、30過ぎの人間が読むものではなかった。野菜トリビアはおもしろかったけど。

※2巻の219ページの後ろから4行目に「伊達」とあるのは「志井」の間違いですよね?
もし誤植なら、なんで人物名を間違うようなミスをするのか?と思う。

ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson1:それ絶対植えてみよう! ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson1:それ絶対植えてみよう!
浅沼 広太

集英社 2005-03
売り上げランキング : 196244
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson2:地獄の沙汰も蕎麦次第 ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson2:地獄の沙汰も蕎麦次第
淺沼 広太 なごやこーちん

集英社 2005-05-25
売り上げランキング : 200475
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson3:いま、食べにいきます。 ぼくたちには野菜が足りない 畑に関するLesson3:いま、食べにいきます。
淺沼 広太 なごやこーちん

集英社 2005-07-22
売り上げランキング : 201061
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ぼくたちには野菜が足りない Final‐lesson:埋め間違えたタイムカプセル ぼくたちには野菜が足りない Final‐lesson:埋め間違えたタイムカプセル
淺沼 広太

集英社 2005-10
売り上げランキング : 199385

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あさのあつこ『NO.6♯1』

2013年、理想都市「NO.6」を舞台にした、とある少年のサバイバル冒険譚。

ラノベというよりマンガを読んでるみたいな感覚で軽く読めるので、全作読んでみようと思う(まだ5作しかないが)。

ただ、NO.6の外側にあるという「西ブロック」の設定がいまいちわからない。西ブロックには犯罪を犯した者(VC)を収容する強制施設もあると書かれているが、18ページにはNO.6では犯罪は0%に近いとある。
0パーセントに近いのに、多数のVCがいるとも書いてある。意味がわかりません。
NO.6ができる以前から、物語の舞台となる時点までの期間に、犯罪を犯した者を収容しているというのか? 
思想犯のようなものを排除する機構があると文中にほのめかしているので、そのことなのか?

また西ブロックには、矯正施設にいるVC以外にも、人々が暮している。これは、単なる貧困層、落ちぶれた奴らという設定なんですかね? VC相手に商売をしている人もいるみたいだけど。このあたりもよくわからない。

そもそも、NO.6の西区域という広いエリアに、こういう役割を与えているのが謎。

(こんなことに疑問を持つのがおかしいかな?)

こういう設定の細かい部分については、あまり考えるべきではないのかもしれない。割り切って読んだほうが楽しいと思う。
だけど、そこそこ魅力的な設定・ストーリーがあるからこそ、細かいことも気になってしまうんだなあ。

作者の脳内には、世界観はきちんとできていると思うが、こういうところもきちんとフォローして欲しかった。ミスディレクション的なものだとしてもね。

上記の点については、今後明らかになることを願いたい。

NO.6(ナンバーシックス)#1 NO.6(ナンバーシックス)#1
あさの あつこ

講談社 2003-10
売り上げランキング : 53911
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓1巻目だけ、文庫版が出たよう。売れてるんだなあ。

NO.6♯1 NO.6♯1
あさの あつこ

講談社 2006-10-14
売り上げランキング : 38041
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー