無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(た行)谷川流

谷川流『涼宮ハルヒの分裂』

前作を読んでから9ヶ月近く経っており、サブキャラやサブエピソードについて記憶がしっかりしていないため、しばしば「あれ、何だっけ?」などと、思いながら読んだ。

本作から、高校生活2年目の開始である。多くの新キャラが登場することもあり、まさに「第二シーズン開始」といった様相である。また、本作はシリーズ全体として見た場合、大きな「展開」地点を持っているといえるかもしれない。
ただ、この1冊だけを取り上げて見た場合、起承転結の「起」のままで終わるため、面白いとはいいがたい。新キャラ登場にともなう説明的な要素も多く、またストーリー自体に動きがないため、退屈さとテンポの悪さを感じる。そのためか、ビミョウに読みづらい気もした。
※プロローグ長すぎ&α、βの2つのパラレルな物語が、謎のまま終わるし。
   いろいろ調べたら、次巻『涼宮ハルヒの驚愕』とあわせて、前後編という構成をとっているらしい。
  次巻が出てから読めば良かった。大後悔。というか、ちょっとひどいな。

しかし、相変わらず、地の文の軽妙さは素晴らしい。
電気屋の蛍光灯売り場のような笑顔で
深海から汲み上げたばかりの海水のような目で
歩くマイナスイオン発生器
三重連星のように輝く核融合じみた笑顔
巣穴に戻ったシマリスが拾ってきたクルミを置くように鞄を下ろし
思わず内鍵をかけて独り占めしたくなるような笑顔
などのように、ハルヒやみくるの表情に対する比喩表現はとても良い。

ところで、この作品は、どこまで構成を練り込んで作ってるのかねえ?
たぶん、アニメ化以前の多くの部分は、基本的に後付で物語が作られていたはずだと思う。
アニメについていえば(見てないけど)、その後付なストーリー構成を逆手にとり、時系列を崩したままにしたのも、ヒットした理由の一つであるようだが……。

今回、SOS団のライバル的存在が登場した。
宇宙人関連でいうならば、今までは朝倉涼子のように、「情報統合思念体」内での対立するものが敵として登場してきたが、今回はそれとは別に「天蓋領域」から周防九曜という遣わされてきた。
わざわざ新しいキャラを作ってまで、これ以上話を膨らませなくてもよいと思うのだが(藤原も九曜も前もって、登場への伏線は打たれているが)。

ドル箱の人気シリーズであるがため、まだまだ続くんだと思うが(もしかしたら、高校生活をフルに描くか? 3年目はみくるが卒業してしまうので、留年させるとかして)、適度なところで終了してほしいなあと思う。ドラゴンボールのように、止めどきを見誤らないでほしい。

涼宮ハルヒの分裂
涼宮ハルヒの分裂 谷川 流 いとう のいぢ

おすすめ平均
stars消化不良
stars次巻に続く
stars新展開のハルヒシリーズ!さぁこれからどうなる!?
stars滲み始めてゆくシリアスな展開
starsまあまあ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本作には、エラリー・クイーンの国名シリーズうんぬんだとか、『匣の中の失楽』からインスパイアされたっぽいセリフあり。ミステリファンなら、ちょっと嬉しいかも。

↓以下、「驚愕」用メモ。

続きを読む "谷川流『涼宮ハルヒの分裂』" »

谷川流『絶望系 閉じられた世界』

谷川流さんは『ハルヒ』以外にも、いろいろ書いているようなので、これから読んでいこうかと思っておるわけですが、手始めとして読んだのがこれ。

家に帰ったらいきなり「天使」と「悪魔」と「死神」と「幽霊」が居たなんていう、トンデモなお話です。しかも。その「死神」は裸の幼女でという設定で、下ネタというか炉利ネタがかなり出てきます。
また、怪しげな美人姉妹がいたり、謎の連続殺人事件があったりと、ラノベ的シチュエーションは完璧です。

なんだけど、ハルヒのように「躁」なエンターテイメントと違って、もの凄く「鬱」な内的世界の断片を描いたものでした。「絶望系 閉じられた世界」というタイトルのまんまです。

かなり実験的な作品だと思います。

読んでいて、桜庭一樹の『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』を思い出したという人も多いんじゃないかなあ?

ものすごく良いとは思わないけど、悪くはないと思います。

オススメできるかといいますと、あまりオススメはできません。読み手を選ぶ本でしょうな。

絶望系 閉じられた世界 電撃文庫 (1078)

絶望系 閉じられた世界 電撃文庫 (1078)
谷川 流 G・むにょ

メディアワークス 2005-04
売り上げランキング : 32876
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓こちらは、世間的評価の高い作品。私的にはイマイチでしたが。ロリな装丁に拒絶反応を起こされる方も多いと思いますが(私も図書館で借りるとき恥ずかしかったよ)、内容は全然違います。ラノベですが、内容的にはミステリーのようなものです。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
桜庭 一樹 むー

富士見書房 2004-11
売り上げランキング : 7469
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』

一部で今大人気の作品。そのシリーズ最新刊が本作。

こないだも、HEY!HEY!HEYにハルヒ役の声優出演ということで、話題になっていた。

アニメは見たことがないのですが、DVDランキングでも常に上位にランクインされるなど、相当話題になっているということで、1作目から続けて読みました(アニメはYouTubeでチョロッと見たけどね)。

で、感想ですが長くなるので敢えて書きません(←なんのこっちゃ)。ただ、ライトノベルはこういう風に進化するのか、という感じです。

後続の作家は、この作品を真似しても、決してヒットはしないでしょう。いろいろ問題はありますが、原作を読む限り、うまい商品を作ったなあ、という感想があります。

角川書店のメディアミックス展開も見事に成功しています。

ところで、この作品、人気キャラは長門みたいですね。ショートカットキャラというのは人気がでますね。なんとなくエヴァの綾波を連想させられるのですが、確かセーラームーンとかときメモとかもそうですよね(ふるい話だが)。 
長門の切なげなところがよいのでしょうか?私的にはみくるさんが、ハアハアですが。どうもただのヲタ話になってしまいました。

とりあえず、こういう作品を食わず嫌いの人も、一度読んでみてください。語り手(地の文)の軽快さは、とても良いです。

ちなみに、本作P292のキョンが人類のルーツについて想像するあたり、先日紹介した『星を継ぐもの』同様、SFミステリの傑作とされるロバート・J・ソウヤーの『さよならダイナサウルス』みたいで、個人的にはちょっと良かった。

■参考 シリーズ全リスト(既刊順) ※刊行順に読むことをオススメします。

1.涼宮ハルヒの憂鬱
2.涼宮ハルヒの溜息
3.涼宮ハルヒの退屈
4.涼宮ハルヒの消失
5.涼宮ハルヒの暴走
6.涼宮ハルヒの動揺
7.涼宮ハルヒの陰謀
8.涼宮ハルヒの憤慨
9.涼宮ハルヒの分裂

涼宮ハルヒの憤慨 涼宮ハルヒの憤慨
谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2006-04-28
売り上げランキング : 41
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー