無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(あ行)恩田陸

恩田陸『中庭の出来事』

恩田陸は凄い作家だと思う。
多種多彩のジャンルの魅力的なストーリーを、非常に早い執筆速度で仕上げる作家だ。間違いなく売れっ子だし、これからも売れ続けるだろう。

だだ恩田作品には、「恩田的推理小説風雰囲気一級品のモヤモヤファンタジー(オチが×)」というのが多い。 『ユージニア』などがそうであったが、本作はまさにそういう系統の極みだろう。一応の答え的なものは示されるけど、はあ?となる。
正直、詳細な構成を練らず、思いつきで書き進めたんじゃないかとも思う部分もある、連載ものだしね(天才肌の人ならそれが許されるんだろうが)。

だから本作については感想は二分すると思う。一部の恩田ファンや破格の表現大好きという人は絶賛するだろう。方や、 『夜のピクニック』的なものを求めて読み始めた恩田ファンや、普通にミステリを読みたいと思った人からすれば、ふざけるな!だろう。私も途中から読むのが苦痛になり、そのため読了するのに時間がかかった。とにかく、大多数の人にとっては、本作を読むことは時間の無駄といえるかもしれない。初めての恩田作品がこれという人は、ひくだろうな。はげしくオススメできません!

本作は続けて一気読みしないと、わけがわからない。いや、一気読みしてもわけはわからないだろう(上記のように、私はダラダラ読んだので、結構大変だった)。
非常に実験・前衛的作品であり(演劇をテーマとしていることが余計にそういう印象を強める)、物語が時系列グチャグチャかつ複数のパートでなりたっているため、読んでいてこの部分が一体何なのかが明確に判断できない。
特に「中庭の出来事」というパートでは、鏡の中に移りこんだ、もう一つの鏡の中の世界を見ているようだった。なんだか、フェリーニの映画『8 1/2』を思い出した。

まあ、わざと複雑かつぼやけた風ににしているんでしょうけど。

小ネタや全体の雰囲気作りはいいんだけどね。なお、未読であるが同じく恩田作品の『チョコレートコスモス』に登場したキャラが本作でも出ているらしい。

※以下は、本作の構成についての私のメモ書きです(クリック拡大してください)。もっときちんとまとめようかと思ったけど、面倒なんで適当です。見づらくてすいません。いろいろ間違っているかもしれませんけど。なお、もろネタバレなので未読の人は注意。ネタバレといっても、意味不明ですけどね。作品自体に論理的に整然性がないので。
単に私の理解力不足なだけかも知れませんが。

Nakaniwa2_2   

中庭の出来事 中庭の出来事
恩田 陸

新潮社 2006-11-29
売り上げランキング : 11796
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓こちらも演劇をテーマとしている。神谷が登場するらしい。

チョコレートコスモス チョコレートコスモス
恩田 陸

毎日新聞社 2006-03-15
売り上げランキング : 10734
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓『ユージニア』最高!フェリーニ最高!という人は、『中庭の出来事』を楽しめるかもしれない。日本語字幕版のパケ写がなかったので、海外版のパケ写。

8 1/2 (Single Disc Edition) 8 1/2 (Single Disc Edition)
M a r c e l l o M a s t r o i a n n i 㠀 C l a u d i a C a r d i n a l e 㠀 A n o u k A i m à e 㠀 S a n d r a M i l o 㠀 F e d e r i c o F e l l i n i

Image Entertainment 2002-10-08
Sales Rank : 10677
Average Review

See details at Amazon
by G-Tools

恩田陸『ロミオとロミオは永遠に』

今まで恩田陸作品を多数読んできました。どれもいいんだけど、自分にはちょっと相性が合わないのかなあと、いうのが多かったです。

そんな思いを持ちながら、本作を読んだのですが、これはなかなか良かった。

一見ラノベ風なSFだけど全然違う。

20世紀(高度成長期~1980年代中心)から現在に至る日本の様々な問題点を風刺すると同時に、20世紀への郷愁(サブカルチャーとして提示)を、メインプロットとなる厳格な管理社会からの脱出・冒険活劇を通じて描いている。

つい、一気読みしてしまいました。

私的には、劇中で悪とされるタダノのセリフや管理社会の有り様にも、なんとなく共感する部分もあった。

あと、下巻 42ページ13行目の文章が良かったです。引用します。
「愛」を口にする奴は、しょせん自分のことしか愛していないのだ。「愛」という言葉を振りかざすことで、相手の口を封じてしまうのだ。そして、彼らの言う「愛」とは、他人を所有し、管理し、服従させることでしかない。

ちなみに、難を言えば、もう少し詳細な舞台設定の説明が欲しかった。
・「日本人だけが地球に残っている」というのは、下巻の後半に初めて出てくるような…(見落としかなあ?)
・「大東京学園」の卒業総代以外の進路について(多少書いてあるけど)
・新入生を寮に案内する立場の人たちはどう決まるのか。アキラたちの担当が、なぜいつもカゴシマなのか?

まあ、どうでもいいことですが、世界観がよく出来ているだけに、細かい部分が気になってくるんだよなあ~。

ロミオとロミオは永遠に〈上〉 ロミオとロミオは永遠に〈上〉
恩田 陸

早川書房 2006-07
売り上げランキング : 2199
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ロミオとロミオは永遠に〈下〉 ロミオとロミオは永遠に〈下〉
恩田 陸

早川書房 2006-07
売り上げランキング : 2198
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読んでる途中、↓を思い出してしまった。著者あとがきを見ると、やはりこの映画について触れてある。

大脱走 大脱走
ポール・ブリックヒル ジョン・スタージェス スティーブ・マックイーン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-06-17
売り上げランキング : 12980
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

恩田陸『ユージニア』

最近、JRの駅構内・社内でやたらと目にする恩田陸の映画『夜のピクニック』の広告。
ブログではすっ飛ばしたけど、先日読み終えたばかりです。それに引き続き同氏の『ユージニア』を読んだ。
仕事とブログの作りなおしなどで、バタバタしていたたこともあり読むのに時間がかかってしまった。
最初読み始めたとき、思わず『Q&A』を思い出してしまった。というのも、ある事件をいろんな人間の告白(インタビュー)形式で綴られているからである。ああ、これは『Q&A』『愚行録』『藪の中』などのパターンだろうと。
で、もしラストうやむやパターンだったら、イヤだなあ~とか思いながら読み進めた。

だが、ある程度読み進めると、通常の小説的パートがあったり、新聞記事だけのパートがあったり、なかなか凝っている。
多数ある告白(インタビュー)パートでは、その人物の内面描写的なものが多く、頭の切り替えがやや面倒。まあ小説に深みを出すためだから仕方ないかもしれないが。(これも読むのに時間がかかる理由)

以下、ややネタバレ気味。
さまざまな断片が、ある程度きちっと嵌りこみ、一応の答えを提示する。
しかしその方法論が、ラスト前の章で、●●が事実関係を語っておわりかよ、なんと陳腐な!と思わせる。まあ、その後に続く最終章で一応の意外性的なものが提示されるけど、それも読者にそう感じさせるための(前提となる)事実関係の描写がぼやけているというか、その他の内容に埋没してしまい存在感が薄いため、いまいち効果的ではない。(わかりづらい?)
そして、いくつか謎が残る(読者に解釈を任せるということなのか、単にこういう作風なのかわからん)。

う~ん。
恩田陸作品もかなり読んできたが、だいたいこんなものが多い。(読み終えてから、ページをパラパラめくってみてみると、あ、なるほど、ここの描写はこういうことか、という発見とかもあるけどね)

恩田作品はどれも記憶に残りづらいんだよなあ。読んだ直後は極度のもやもやがあるけどね。
そういう意味では、『夜のピクニック』は、良かったかも。
どれも、そこそこ面白いし、いい作家だと思うけど、私には合わないのかも知れない。
過度の期待をして読むと、ガッカリする可能性があるので要注意。

恩田陸は、ミステリ風要素を取り込んだ作風に小説家としては、よいと思うけどね。
(ミステリーとして、曖昧さを多様するのは、賛否両論あるでしょう)

ちなみにこの作品、構成も凝っていますが、カバーとか本文の文字組とか、やたらとブックデザイン凝ってますね。

ユージニア ユージニア
恩田 陸

角川書店 2005-02-03
売り上げランキング : 93734
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー