無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

(や行)山崎豊子

映画『沈まぬ太陽』感想

2011年2月に日テレ系で放送されたものを録画視聴。

絶対読んで損なし
山崎豊子『沈まぬ太陽』

として紹介した小説作品の映画である。

というわけだが、ひどかった。原作レイプだなこりゃ。

映像化不可能と言われていたらしいが、その通りだった。少なくても映画向きではなかった。
3時間を超える超大作となってはいたが(テレビ放送枠は4時間)、正直3時間では無理。
エッセンスだけを一生懸命まとめたんだろうが、映画として駄作としか思えない。
別につまらなくはないし、役者も頑張ってると思う。しかし、演出と脚本はひどい。

原作通りの時系列で構成せず、回想形式をとったというのはまあ良しとしよう。
最初に123便の事故を持ってきたというのは、サプライズだった。
なんだけど、全然まとまりがないじゃん!アフリカのシーンは全然生きてないし。ほとんど無意味。
(オープニング部分は、3つの時間が同時に流れており、原作を知らない人には理解できないだろう)

原作では、主人公の恩地はいやいや組合の委員長を引き受けたのだが、そういったエピソードが触れられていないため、単なる痛い人だった。
原作でも分かりづらい後半部分は、短時間に人物が出過ぎでとてもわかりにくい。

とにかく、
何がいいたかったの?何がやりたかったの?
かが不明。単に名作小説を映像化しただけのひどい仕事。
※原作自体も、このあたり微妙なものがあるが、圧倒的な筆力がそういった問題を払拭している。

これで日本アカデミー賞受賞って、出来レースにもほどがある(W
(そもそも権威もないし、自作自演みたいなもんだろ)

評価できたのは、松雪泰子は顔が崩れ、いい感じの熟女の魅力が出てたのと、小島聖がエロかった点のみ。以上。

沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD] 沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]

東宝  2010-05-28
売り上げランキング : 3283

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絶対読んで損なし
山崎豊子『沈まぬ太陽』

とにかく山崎豊子は凄い、と思う。

元新聞社社員だけに、徹底した取材主義をとった作法によってつむぎだされる物語はどれも圧巻である。

作品は多数あるが、基本的に社会派系の作品を得意とする。

山崎豊子の作品で最も有名なものは、やはり『白い巨塔』だろう。
『白い巨塔』も偉大過ぎる作品であるが、このブログでは『沈まぬ太陽』を紹介する。

文庫で全5巻からなる『沈まぬ太陽』は、日本航空をモデルとした航空会社の物語だ。腐敗した会社・政界の実情と「あの大事故」が徹底的に描かれている。

1巻・2巻では、労使間の紛争が中心だ。組合活動に対して、嫌がらせ人事としてアフリカの各国への転任を命じられた主人公恩地の物語である。
そして、3巻の御巣鷹山篇では、あの123便の事故が起こる(10代や20代前半の人にはわからないかな)。事故の凄惨さ、被害者の人生について、遺族に苦しみ、そして遺族係となった恩地たち航空会社社員たちの描写に、私はかなりショックを受けた。
そして4巻・5巻は、航空会社の腐敗が政界にまで絡んでいるさまを描いている。

圧倒的な取材力による精細な描写。そしてそれを長編の小説としてまとめているその筆力には圧巻である。

とにかく『白い巨塔』と並ぶ傑作といえよう。必読である。

※私はこの小説を読んだあと、「日本航空の123便事故」の悲惨さについて、改めて考えさせられることとなった。
昨年、事故から20年ということで、ドラマや特集番組などが放送されていたが、その番組で墜落現場にいた方が、「今でも、土を掘り返すと、ご遺骨や飛行機の部品が出てくるんですよ」と言ってたよ。元ライブドアのホリエモンが拘置所で本書を読み、御巣鷹山に登ったというニュースも記憶に新しいね。

※123便のボイスレコーダーを使用した、同機が事故を起こすまでの軌跡を描いたFLASHムービーがある。なんとなく不謹慎な感もあるので、アドレスなどは紹介しないが、あれも辛いです。

※あとこの作品、映画化されるらしいですね。2008年夏公開だってさ。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) 沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)
山崎 豊子

新潮社 2001-11
売り上げランキング : 2754
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※なお、被害者の遺体検死を行った人物が書いたという『墜落遺体』という作品がある。「ジュースの差し入れひとつ」にも、いろいろあるんだなあと。いろいろ考え方が変わるので、一読してほしい。

墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便 墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便
飯塚 訓

講談社 2001-04
売り上げランキング : 3642
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー