無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

○エヴァ関連

量産型のフィギュア買ったったwww

大好きな量産機(ウナゲリオン)の復刻完全版。Amazonで買った。

Una01

Una02

Una04

思ったよりもショボかった(WWW
値段相応かなとは思う。ただ正直なところ、買って損した。ゴミを増やしただけ(WWW
マニュアルの類がついてないので、どう扱えばよいかさっぱりわからない。
関節のパーツも、ゆるかったり、固かったり、個体ごとのあたりはずれがありますな。
※ちなみに、上の写真の羽根の付け方は間違っています(立たせるための対処)。

リボルテックヤマグチ No.118 エヴァンゲリオン量産機 (完全版) リボルテックヤマグチ No.118 エヴァンゲリオン量産機 (完全版)

海洋堂  2012-05-15
売り上げランキング : 91

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 新映像キタ━(゚∀゚)━!

予想通り金曜ロードショーのラストに来ましたね。
宇宙空間らしきところで弐号機を操縦するアスカですか……。
2012年秋公開って、1年以上先じゃん(W)
個人的にはTVシリーズに比べたら謎も少ないので、シナリオはそれなりにまとめられるのではないかと思います。
ところで、さすがに津波のシーンはカットされていましたね。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]

キングレコード  2010-05-26
売り上げランキング : 146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2ちゃんの鯖落ちまくりなのは、さすがエヴァといったところか。
日テレのデータ放送のシンクロ率ワロス。

[最近見たアニメ]『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』感想

世間ではかなり評価が高い作品。ようやく見ました。
TV版(オジリナル)から変わった部分が多くて、驚きました。
きっと「ザ・ビースト」とか新デザインのエヴァや使徒が評価されたんでしょうね。

私は、「序」よりは楽しめたけど、それほど良いとは思いませんでした。
使徒戦は、使徒も綺麗だし、派手(でグロい)のはいいんだけど、派手すぎて何やってるのかわかりづらい。

ロンギヌスの槍や捕食シーンの大安売りには残念。

ストーリーもなんだか。展開が早過ぎるし(唐突感あり)、謎の出し方もあまりうまくない(新たな謎多すぎ)。正直、ストーリー的な面白さは皆無だった。

この新劇場版ではじめてエヴァを見た人は、まったく面白くは感じなかったでしょうね。意味がわからなさすぎると思います。
あくまでも、オリジナルを見ていることが前提でしょう(オリジナルと違う部分が多いため(オリジナルの知識がありすぎると)、使徒やエヴァのナンバリングがゴチャになりますね)。

やはりテレビシリーズというのが、一番エヴァに最適なフォーマットだったんだなあ、と改めて思いました。
※劇場で、「Q」の予告を流したというのは評価できる。「Q」では、カヲル君、マーク6、8号機あたりがポイントとなるんでしょうが、ストーリー自体はきっと暗くなるだけでしょうね。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版】 [Blu-ray]

キングレコード  2010-05-26
売り上げランキング : 214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おすすめアニメ 『ふしぎの海のナディア』(再び)

以前おすすめアニメとして、『ふしぎの海のナディア』を紹介しました。
大きな作品だけに関連商品もたくさんあるのですが、その極めつけともいうべきなのが『ふしぎの海のナディア バラエティビデオ』(VHS、LD)です。

スタッフ&キャスト(声優)が登場しているもので、インタビュー、アフレコ風景、挿入歌などが収録されています。まだにヲタ向けですね。

正直、このビデオを見るまでは、「庵野、ハア?」という感じでした。
(よほどのことが無い限り、テレビアニメの監督の名前などチェックしません)。

しかし、このビデオは庵野が主役といっていいような内容。
(当時から)アニメ業界で注目されている人なんだな、と思いました。
そして、エヴァが生まれるわけですが……。

ナディアファン、エヴァファンなら、見てみると面白いかも知れません。
ただし、入手困難です。視聴するには、ヤフオクで入手するか、レンタルビデオ店をチェックするかないでしょう。

以下、『ふしぎの海のナディア バラエティビデオ』より数シーン引用紹介。

↓「魂」について語る庵野監督(若いね)
Nad01

↓「レッツ・ゴー・ジャン君」を手旗信号風の痛い振り付きで歌う日高のり子。
Nad02

↓「はじめての恋」を歌う二人。ファミレスで歌詞を考えたそうです。
Nad03

↓キャラデザの貞本さん。真面目な感じ。この人が綾波レイの生みの親である。Nad04

↓関連商品。

ふしぎの海のナディア ミュージック・ビデオ [DVD]
ふしぎの海のナディア ミュージック・ビデオ [DVD]
おすすめ平均
stars映像と音楽のシンクロ率が高い。
stars曲と選択シーンのシンクロは、エヴァー同様に完璧
starsナディアならではの企画DVD

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金曜ロードショー「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 TV版」を見た

劇場に行くこともなく、DVDを買うこともなく、結局今回の金曜ロードショーで見た。
やたらとCMが多かったけど、金曜ロードショーで十分だったな。
いい評判を聞いてたけど、私的にはいまひとつ。
終盤の、ラミエル~ヤシマ作戦、は良かったけどね。

設定を若干変えての新構成とはいえ、テレビシリーズを見てない人にはつらいだろうね。
テレビシリーズには、情報が詰め込まれていたからなあ。
シーン構成もわかりにくい気がする。元々、わけがわからない作品だけども。
なんだか、視聴率結構悪そうな気がする。途中で見るのをやめた人も多いのでは。
全体的に画面が暗かったし、グロも多かった。エヴァの評判が落ちなければよいが。

日テレ深夜の再放送を見ている人。今はつらいかもしれないが、
13話「使徒、侵入」、14話「ゼーレ、魂の座」(ゼーレへの報告書形態にした総集編)から、引き込まれるので、我慢して見続けてほしい。

ところで、本作品はリメイク的なものだけど、スタlッフは下っ端でもモチベーション高いだろうね。やりがいのある仕事だと思う。
それに比べて、スクエニの社員やその下請け業者のスタッフはどうだろう。
彼らは、FFやドラクエを作りたいと希望していたはずなのに、実際は劣化リメイクやそれらの名を冠した劣化ショボゲーを作らされてる。
彼らのモチベーションはどうなんだろう?ドラクエ9発売間近ということもあり、そんなことをふと思った。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD] 三石琴乃, 林原めぐみ, 摩砂雪;鶴巻和哉

おすすめ平均
stars画質が向上しているので作品には満足
stars監督はエヴァのパイロット…
stars楽しかったよ、エヴァンゲリオン新劇場版。
stars序公開より数年たちましたし、、、
starsこれぞ完全保存版だぁ〜!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※追記。
視聴率は12.7%だったそうですね。わざわざニュースサイトに出ていた。思ったよりも健闘したというべきですかね。

ヱヴァDVDの画質が悪いらしい

AV Watchの記事によると、『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 特装版』のDVD版の画質がひどいらしい。

買おうかと思ってたのに……。

DVDの制作会社はどこなのでしょうかねえ?

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080428/buyd247.htm
(AV Watch  2008年4月28日)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 三石琴乃 林原めぐみ 立木文彦

おすすめ平均
stars個人的には星5つですが・・・。
starsこれを超えるアニメが今後出るのか?新解釈のエヴァ降臨
stars勝って良かったです
stars家で見られる喜び
stars最高ですね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Bnr_eva_d01_01

いよいよ『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』公開ですけど…

今日9月1日から、『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』が公開されるわけですが、これどうなんでしょう? 盛り上がっているんでしょうか(W

CMも放送されていますが、なんかもうどうでもいいやという気分になっています。

再映画化発表になった時は、なんだかんだいって見に行くんだろうな、と思ってたんですけど、結局見に行かないような気がしてきました。そういう人多いんじゃないかなあ。

あ、ちなみに↓の MTVの「エヴァンゲリオン」特集ページで、自分でエヴァの4コマ漫画を作成できるブログパーツが配信されてます。

http://www.mtvjapan.com/cinema/feature/evangelion/

私も作ってココに貼り付けようかと思ったんですけど、面倒&メアド登録が嫌でやめました。

なお、人が作った4コマ漫画も見ることができます。どれもつまらないですが。

という感じで、またまた否定的な記事を書いてしまいましたが、最後に宇多田のPVでも貼り付けておきます。

『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』の予告編第2弾配信!

『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』の予告編第2弾配信されてます。

やはりシンちゃんがカッコ良すぎる&使途がグロいのが目につきますね。
映像を見る限り、ヤシマ作戦までを描いてるっぽうですね。

ただ、イマイチ引きつけるものがないですね。劇場に見に行こう!という気にさせるものがちょっと足りない。
私的には宇多田の歌がどうも……という感じだし。

それにしても、「企業側が公式にネットでバンバン映像を公開する」なんて、時代が変わりましたな。

■『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』公式サイト リンク↓
Bnr_eva_a02_01_2 

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」予告編公開

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007年9月1日より公開)の予告編ムービーが公式サイトで公開されてますね。

描き直された映像(たとえば、第三新東京市は、大量のクレーンなどを描いたことでディテールに対するこだわりが感じられます。あと、使徒の質感とかも変わりましたね。ラミエルが綺麗すぎです。結構CGを使ってるのかなあ)と、宇多田ヒカルが唄う「Fly Me To The Moon」が、なんとなく「新しさ」というものを感じさせます。なんとなくですが(W

けど宇多田ってどうなんですかねえ…… ヲタ的には『ときメモ3』の主題歌が決まった時のような心境か。それとはちょっと違うか(W
この劇場版の予告編公開にあわせて、宇多田ヒカルの公式サイト「HIKKI'S WEB SITE」で主題歌「Beautiful World」の視聴も可能になっています。
さきほど、「新しさ」と書きはしましたが、エヴァも宇多田も「過去のモノ」という感じがするのので、「新しさと古さが一体化した不可解な印象」を感じたというのが正確なところです。
……またまた、意味不明となってきましたが……

どうでもいいが、「クロックワークス配給」というのは、意外な展開です(W

庵野の声明ってなんじゃ(W

「新世紀エヴァンゲリオン」改め、「新世紀ヱヴァンゲリヲン」ですか。

なんだか、17日に映画館で「緊急声明」なるものが放映されるらしいですが、何を言ってるんでしょうか(W

ところで、YouTubeに「実写版エヴァンゲリオン予告」というのがUPされていますが、これは人物などが実写(白人俳優)で、あとはCGというものですね。
ビミョウですね(W

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー