無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

パソコン・インターネット

Amazonで3DSが予約再開してましたね

2月17日、木曜日の話ですけど……。
3ds
気づいたんで、速攻で記事をアップしようと思ったのだが……
ココログの不具合でログインできず。記事をアップできませんでした。
Coco
本当に障害が多いよね(特に、ログインできない系)。
ハードの不具合なんだろうけど、結局は人的ミスだよね。
月1ペースで、ログインできなくなるって、異常だわ(W
ちなみに、3DSは予約しませんでした。

Twitterの画面の見方がさっぱりわからない

(全然、読書が進まないので、雑談でも)

今更、書くことでもないのだが、Twitterの画面の見方がさっぱりわからない(W
使い方ではなくて、単に閲覧する場合ね。
有名人のTwitterとかたまに見るけど、誰の発言なのかがさっぱりわからんのです。
主の発言なのか?フォロワーの発言なのか?

この手のものは比較的強いつもりなのだけども、ホントだめだわ(W
解説しているWebサイトとかもあるけど、独自の用語が多くて読む気すらおきない(W

あ、そうそう、急に話が変わるけど、
先ほど、牛丼チェーンの「○き家」で、牛丼弁当を買ったの。
が、あまりにも変な匂いと味がしたので、1口食べて捨てた。
炊飯器の匂いなのか、何か薬品が混ざったのか?
キッチンハイターというか、塩素っぽい味。
もう二度と行きません。
バイトの人数が少ないくせに、食券を導入していないので、待ち時間が長くてイライラ。
煮詰まった牛丼の具を乗っけられ、、まずい&辛くて食べられなくてイライラ。
なんてことが以前からありましたが、今日のは論外。
こんなネタをTwitterにでも書くか(W

「牛丼」の謎―吉野家・松屋・すき屋のトリビア満載!!
「牛丼」の謎―吉野家・松屋・すき屋のトリビア満載!! 知的発見!探検隊

イーストプレス 2010-10
売り上げランキング : 171134


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近ブルーハーツばかり聴いてます

ここ最近、YouTubeなどで、ブルーハーツ(THE BLUE HEARTS)の歌をよく聴いてます(映像を見てます)。
以下に、代表的な曲を挙げますが、いずれも歌詞はメッセージ性が強いですね。だけど、押し付けがましくないというか、いやらしくないバランス感覚。そして、音楽自体との調和は、見事ですね。
ところで、Wikiを見て初めて知ったんですが、解散の原因は新興宗教だったんですね。
う~む。

マーシーがかっこ良く見えます。

All Aboutがリンク切れだらけな件について

リクルート系の情報サイト「All About(オールアバウト)」。
たまに見てます。

ガイドがまともなものは、そこそこのコンテンツとなっていると思います。
ただ、非常にリンク切れが多い。
テーマについては、ガイドの記事は存在せず、リンクだけという場合もあります。
それを更新(リンク確認)もせずほったらかしにしているので、リンク切れだらけなのです。

こういうことをしていると、サイトの価値が下がるだけだと思うのだが。

PS3 Media Server

PS3でゲームをすることを諦めました(W

で、何か使い道はないかと調べたら「PS3 Media Server」なるソフトがありました。
これは、PCをメディアサーバ化し、PS3で再生させるというソフトです
複雑な設定なしの簡単さがマル。
動画再生は、PS3のXMB(クロスメディアバー) で操作できます。
PCに保存した動画データの賢い使い方です。
ただ、これを使うと、動画の入ったハードディスクの寿命を縮めることになるかも知れません。環境によるかと思いますが、私の場合は、ハードディスクが凄い音を発しました。要注意です。
※LAN環境が必要です

■PS3 Media Server
http://ps3mediaserver.blogspot.com/

PS3 Media Serverのインストールウィザードは適当に「Next」を押し続けるだけです。
インストール後、PS3 Media Serverを起動。PS3本体も起動します。
しばらくすると、PS3 Media ServerでPS3が認識されます。
あとは、PS3で動画を再生させるだけ。
認識されない場合は、ファイアウォールやセキュリティソフトの設定を見直すこと。

Ps3_media_server_2

ところで、11月11日にリニューアル配信が始まった『週刊トロ・ステーション』をインストールしてみた。なのだが、画面切り替え時にロードが延々と続き、トロが同じ挙動を繰り返す(ループ)といった状態になってしまった。PS3の電源を切ることもできず、コンセントを抜く羽目に。
もしかしてバグ?

西武鉄道MADが凄い!

個人が、アニメや実写の素材を組み合わせたお馬鹿なムービー、いわゆる「MAD」ムービーは多数ありますが、最近見たMADの中でも特に凄いと思ったのが、「西部警察(PARTⅢ)」のOPを「西武鉄道」の映像素材で再現した作品です。

作者の方は鉄道マニアの方のようですが、発想といい作品の完成度といい、本当に素晴らしいと思います。
元ネタとの再現度、シンクロ率が半端ではありません。
きちんと元ネタのイメージに会う素材をひっぱり出してきてるんですよね。
※元ネタの役者の衣装(の色)に、紹介される西武鉄道の車両のカラーリングが似ているのも凄い。
どうしても元ネタに合う素材がない部分は、アイデアで補完しています(終盤の「車掌さん」には爆笑必至です)。

私は、鉄道のことはほとんどわかりません。また、西武鉄道も数回しか利用したことがありません。リアルタイムで西武警察を見ていた30代以上で、鉄道に詳しい人、あるいは日ごろ西武鉄道を利用している人ならより楽しめると思います。

↓元ネタとの比較版。西部警察のOPもなかなか凄いですよね。

↓ちなみに、この作品にインスパイアされ作成された作品も多数あります(あ、元々はエースコンバットのMADが発端のようです)。

最近、ニュースのクオリティがものすごく下がってません?

特にニュースサイトね。
「Yahoo!」なんかのトップには、提携しているニュースサイトの記事のトピックが表示されてます。
そんなリンクを辿って見てみると、芸能人のブログとか2ちゃんねるの話題を適当にまとめたような記事の多いこと多いこと。中にはブログの感想文みたいなものも。
こんなのでよく商売成り立つな、と思えるほど。
個人サイトじゃあるまいし。
「Yahoo!」も提携先の選択は、慎重にしたほうがよいかと思いますよ。

ブログ管理ソフトを使おうかなと考え中

ここ最近は、ココログの長時間メンテ、また「ただいま込み合っています」とかでログインできないということはかなり減ってきた。なので、このままココログを使い続けるつもりだ(乗り換え作業は面倒だし。他のブログツールにもいろいろ問題あり)。

そんなブログ記事だが、後から読み返すと日本語が変だったり、誤字脱字に気づくことも多い。しかし、ブログの記事修正って、ものすごく面倒。特にココログは。

ということで、「ブログ管理ソフト」を使おうかなと考えてます。
ブログ管理ソフトというのは、記事のオフライン作成・修正ができるもの。データのインポート、エクスポートもできるため、バックアップ用途にも大変便利。ホームページ作成ソフトのようなもんだね。

とりあえず、代表的なソフトであるジャストシステムの「xfy Blog Editor(無料)」を試してみた。ただ、大量の記事データを取り込もうとすると、「応答なし」になっちゃう。
また、ココログは、記事データのナンバリング(ID)が8桁の数字になるため、わけがわからなくなる。ビミョウなところだな。

■ジャストシステム「xfy Blog Editor(無料)」
  http://www.justsystems.com/jp/products/xfy_blog/download.html

もっと便利に、簡単にブログ作り自由自在―xfy Blog Editorフル活用
もっと便利に、簡単にブログ作り自由自在―xfy Blog Editorフル活用 ジャムハウス

おすすめ平均
starsこれは本当に便利な本ですよ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自動トラックバックツールの功罪

特定の<キーワード>が入ったブログ記事に、自動でトラックバックを送信するという「自動トラックバックツール」と呼ばれるソフトがある。
ブログのアクセスを伸ばすのに、非常に便利である。
しかしながら、一般的なブログユーザーではなく、業者やアフィリエイトサイトの運営者によって使われることが多い。

当ブログでは、「本」「ゲーム」「映画」などを扱っている。
なので、作品などに関する記事からのトラックバックは大歓迎だ。
だが、実際は、記事中の出てくる<キーワード>に対して、自動トラックバックされたものがほとんどだ。
その<キーワード>というのが作品名や著者名なら良いのだが、実際はそうではない。
ブログ運営者なら、なんでこんなサイトからトラックバックが来てるの? この記事と何の関係があるんだろう?なんてことが経験あるはずだ。

こういったトラックバックは、ほとんどが業者の仕事である。
また、本ブログでは、迷惑コメントを避けるために、コメントの書き込みの手間がかかるものにしている。
しかし、それでも(業者による)コメントは増えるばかり。バイトがやってるんだろう。

いい加減業者にはうんざり。
ということで、しばらく前から、すべてのコメントとトラックバックを禁止設定してます。

コメントやトラバをくれようとした方、ごめんなさいね。

ウィキペディアについて考える①

今回は、Wikipediaに関する雑談です。

何かわからないことがあれば、Google検索。いまや常識ですね。
そんなGoogleの検索結果の上位(たいてい1位か2位)に表示されるのが、Wikipediaによるそのキーワードの解説ページなんですね。

今更Wikiの凄さについてあれこれと駄文を連ねても仕方がないので、そのあたりは省略。

先日、病気関係で、調べごとをしました。
で、まあいろいろ見ていたのですが、Wiki内のリンクを辿っているうちに、「性器」といったものが含まれるページに来たんですね。
まあ、ここで中学生的な好奇心とスケベ心から、思わずそのリンクを辿って「女性器」という項目を表示させました。

すると、ビックリ!
いかにも医学書的なイラストと(これはよしとして)、局部のアップのモロな写真が掲載されてるんですよね。
Wiki02_2
※加工処理しています。

Googleで「女性器」を検索すると、Wikiのこのページがトップに表示されます。
それを示す隠語などを検索しても、同ページに容易にたどりつけるでしょう。
Wiki01_2

百科事典という性質を考えると、写真掲載は当然なのかも知れません。
しかし、これだけ簡単に、また確実にアクセスできる場所に、局部のモロ画像が置いてあるのは、少し複雑ですね。
しかも、どこかで拾ってきたエロ画像っぽいですし。
ちなみに、男性の方は写真は掲載されていません。また「肛門」の項目も、「女性の肛門」として写真が掲載されています。他にも性愛に関するキーワードで検索すると、過激な資料を多数閲覧することができます。
こうなると、ファミリーフィルターとかほとんど意味なしでしょう。
百科事典としての敷居が低いからなあ。


まあ、エロサイトなども簡単にアクセスできるし、今さら隠すほどのことでないとは思います。そもそも隠すようなものではないのかもしれません。


ただ、これに気づいた人は削除要請を出そうと考えたり、また(wiki執筆者なら)削除すべきか悩む人もいるのではないでしょうか?

このあたり、判断が難しい事例ですね。

ちなみに、
「この項目には性的な表現や記述が含まれます。ウィキペディアは未成年者を保護するための検閲をしていません。閲覧はご自身の責任で行ってください。免責事項もお読みください。」
といった注意書きが書かれています。

なお、アメリカ版など、他の言語の状況も調べてみましたが、日本以上にはっきり掲載されているものがありますね。「猥褻物」に対する扱いが違いますから、当然かも知れません。
Wiki03

※加工処理しています。

以上、中学生レベルの雑談でした。
Wikiについてはいろいろ思うことがあるので、別の機会にまた掲載します。

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー